あなたはこんなセールスレターを「2時間で書けますか?」

FROM:寺本隆裕

僕の名前は寺本隆裕。
広告やセールスレターなどの、コピーを書く仕事をしています。

僕は最近、素早く、いいコピーを書く簡単な方法を見つけました。誰にでもスグにできる、とても簡単な方法です。

例えば僕は、あなたが今読んでいるこのコピーを2時間で書きました。

朝の10:20から書き出し、途中、合計20分の休憩をはさんで12:40にはライティングが終了していました。その後、昼食を食べて軽く昼寝をして、午後3時から全体の編集とフォントの調整などの最後の仕上げを行い、夕方の5:30に完成しました。もしあなたがセールスレターを書いたことがあるとしたら、このスピードがとても早いということに気付くでしょう。

例えば僕の知り合いの社長さんは、たったA4一枚分のセールスレターを書くのに丸1週間かかっています。3か月前からコピーの勉強をしている知り合いのコピーライターでも、ウェブページ1画面分のコピーを書くのに丸2日はかかっています。彼らが特別遅いわけではありません。標準的なスピードだと思います。

でも僕はこのコピーをもっと素早く仕上げることができました。

他の人よりも多少文字のタイピングが早いというのも、文章を書く事になれているというのもあるでしょうが、このスピードの秘密はそんなことではありません。

そしてうまくいけば、このコピーはリリースから1週間以内に数百万円レベルの売上をもたらしてくれることになります。そしてそうなれば、今後このコピーは何カ月も使い続けられ、毎日何人もの新規客を集め、毎日何万円もの売上をもたらしてくれることになります。

もちろん、うまくいかないかもしれません。

でもその場合でも仕切り直しは簡単です。コピーは短時間で作り直せるのですから、また作り直して再チャレンジするだけです。素早く仕上げれば、短い時間で何度も素早くテストができます。そうやって何度かやり直すうちにコピーに磨きがかかり、毎日新規客と売上をもたらしてくれるものに成長させることができるのです。

あなたはこんな経験ないでしょうか?

あなたは今まで、コピーを書こうとして、真っ白な画面や真っ白な紙を前に手が止まってしまったことはありませんか?あるいは途中で書くことに詰まって、そこから何十分も「スランプ」状態から抜け出せなかったことはありませんか?

「よし、今日はセールスレターを書くために集中するぞ!」と思っていつもの仕事場から離れ、気合を入れて喫茶店やそのほかの場所に行ったとしても、結局全然手が進まず、仕上げることができずそのまま終了してしまったことは?

もしくは・・・

腕や肩を痛めながら、苦労してセールスレターを書きあげたとしても、実際に出してみたところ反応はほとんどなく、がっかりしたことはありませんか?広告に出した場合なら、その費用対効果を計算してうんざりしたことは?

もしインターネットを使ってビジネスをしているなら、あまりの反応の悪さに「メールかサーバーの不具合じゃないのか?」と疑ったり、注文受け付けのメールアドレスの受信箱を数分おきにチェックして(F5などの更新ボタンを押して)、入ってこない注文にためいきをついたことはありませんか?

ダイレクトメールやチラシなどのオフラインの媒体なら、「本当に届いているのか?」「どこかで誰かが配らずに捨ててるんじゃないか」と不安になったことはありませんか?

もしあなたにこんな経験があるのだとしたら、あなたは僕と同じタイプの人です。なぜなら、ここで挙げたことは、全部僕が経験したことのあることだからです。

僕も今まで、色んなコピーライティングのテクニックを学んできました。

  • セールスレターの型
  • スワイプファイル
  • 特徴とベネフィットの違い
  • 反応の高い言葉、フレーズ

などなど、たくさんのことを学んできました。でも、この「悩み」はこのような「知識」や「テクニック」を増やすことでは解決しませんでした。

むしろ変なことばかり覚えてしまい、「驚異の!」「ありえない!」「真の!」などの小手先の部分ばかりに注意が行き、結局素人っぽい胡散臭い、ダサい、そして売れないコピーしか書くことができなかったのです。しかもムダに時間とエネルギーがかかるのです・・・

でもこの秘密を知ってから、僕の「書く」スピードは格段に速くなり、そして嬉しいことに、書いたコピーの反応もとてもいいものになりました。

素早く、いいコピーを書く方法とは?

それはとても簡単です。

それは、最初の一文字を書く前に、「何を書くか」を決めておくことです。

書くことが浮かんでこない。または、書いたコピーの反応が悪い最大の理由。それは、そのコピー全体で何を書くべきかを決めていないことです。

結局のところ、有名なコピーやうまくいっているコピーをまねて自分のコピーを書いても、それだけではうまくいきません。なぜなら、そのコピーがうまくいったのは、そのコピーの「書き方」がよかったのではなく、書いてある「内容」が、読み手の感情を刺激したからです。

そして、読み手であるマーケットの状況、お客さんの頭の中は、常に変化しています。「当時」うまくいったものが、「今も」うまくいく可能性は低いです。だから、その「型」をまねる前に、読み手の気持ちを「リサーチ」して、彼らに向かって何を書くかを決めておかなければ意味がないのです。

「リサーチが大事」これはコピーを少し勉強したことがあれば、誰でも知っていること。何も新しいことではありません。だからといって、まだがっかりしないでくださいね。今日話す秘密はこれではありません。

本題はここからです。

僕がこのコピーのリサーチにかかった時間は、たったの2時間30分だったのです。たったそれだけの時間で、読み手のリサーチを完了させることができました。つまり合計すると、コピーを書こうと決めてからコピーが仕上がるまで、リサーチ+ライティング+編集のトータルで7時間しかかかっていないことになります。

早いですか?

そう、この短時間でリサーチする方法こそが、秘密なのです。

少し前の僕は、「リサーチは重要だから時間をかけてやるべき」ということは知っていたものの、実際に何をリサーチするべきなのかは、よく分かっていませんでした。そして最悪なことに「時間をかけるべき」というところだけは正直にやっていたため、非効率でムダなリサーチ(もどき)を長時間やることになり、結果としてそれは単なる時間の浪費になっていたのです。

2時間半で効果的にリサーチする秘密

その秘密は、シンプルな15個の質問リストに隠されていました。

15の質問は、私たちが主催した、参加費70万円の年間プログラムである、マスターマインド・コーチングの中で公開されたものです。プレゼンテーターのリードに従って15の質問に答えるだけで、コピーに含まれるべき言葉。コピーで伝えるべき重要なポイント。すなわち、「コピーで何を言うか」を洗い出せるというのが、この秘密の質問なのです。

ラッキーなことに、このコーチングの内容は全てDVDに記録されていました。なので僕はこの「15の質問」部分のDVDをパソコンに入れてヘッドホンをつけ、紙とペンを用意して、DVDのとおりに質問に答えました。するとDVDが終了した2時間半後、僕の手元には、A4用紙15枚分の「書くべきこと」が大量に洗い出されていたのです。

書くべきことが明確になれば、次のステップは、それをうまくプレゼンするための「ストーリーボード」を作ることです。

ストーリーボードとは、コピーの全体の流れを示したフロー図のことで、書くべきことをセールスレター上の「どの順番で書くか」、というのを整理するテクニックです。まずヘッドラインがあってオープニングがあって、、、、という全体の流れです。

DVDの2時間程度経過したあたりから紹介されているストーリーボードの書き方の通りにやることで、これも簡単に作ることができました。

つまりこれで、
「何を書くべきか」
「どういう順番で書くべきか」

という整理ができたのです。その整理ができればあとは簡単。集中できる場所に行って、書くだけです。書くことが思い浮かばない、または、書いたコピーがうまくいかない原因のもっとも大きいものは、書く前のこういった整理ができていないということなのです。

実際僕はたった2時間30分で、「書く」前の準備をすることができました。その結果、書き始めてから2時間でセールスレターを書きあげることができたのです。それが、素早くいいコピーを書く秘密。名付けて15ステップ・コピーライティングです。

コピーを書く時間が短くなれば、その分たくさんの商品を売ることができます。また、そのコピーがうまくいかなくても、スグに仕切り直して再チャレンジすることができます。

この「秘密の質問」を、今回新しく3枚のDVDにパッケージングしました。もしあなたが、素早く楽に、そして効果の高いコピーを書きたいなら、この「70万円のコーチングで教えた、15ステップ・コピーライティング」は、とても使えるリソースになるはずです。



DVDをプレイヤーに入れて再生ボタンを押す。あなたは紙とペンを用意して、そのDVDで言われている質問に答える。たったそれだけで、2時間30分後、コピーで書くべき素材が出来上がります。もう書くことがなくて手が止まることはありません。そして何より、この質問で洗いだした素材は、読み手である見込み客の頭の中を覗き込むための15個の質問から出たもの。これを使ったコピーは、高い確率でうまくいくでしょう。

このDVDは、ノウハウを学ぶものではありません

これはよくある「コピーライティングの教材」ではないので、「ノウハウ」を学ぶようなものではありません。

これは、稼ぐためのものです。稼ぐために必要な「仕事」を2時間半で仕上げるためのものです。中にはコピーライティングやダイレクトレスポンスのノウハウも紹介されていますが、このDVDが他と違う最大のメリットは、その中にあるノウハウではなく、あなたの大事な仕事を2時間半でひとつ、とてもいいアウトプットとともに片づけられるということです。

学習時間不要

これは、忙しいあなたの時間の中から、DVDを見る時間をわざわざ別にねん出する必要のあるものではありません。

紙とペンを用意し、パソコンにDVDを入れて再生ボタンを押す。

それだけで、DVDを見終わったときには手元に大量の「素材」が出来上がっています。DVDを見ながら必死にメモを取り、そしてそれから自分のビジネスに活かせるアイディアはないか・・・と考える必要があるようなものではありません。

簡単&シンプル

使い方はとても簡単でシンプルです。DVDを再生したら、あとはプレゼンテーターの質問に答えるだけです。この70万円のプログラムに参加していたのは、20代から60代の様々な業種のメンバーでした(中心は40〜50代です)が、全員が素晴らしい「素材」を作ることができました。

一時停止ボタンを押すなど、途中でDVDの操作をする必要もありません。それぞれの質問の後には質問に答える時間をとってあるので、DVDは流しっぱなしでOKです。その間は、リラックスできるBGMが流れたり、プレゼンターから書き方に関するアドバイスが流れるので、あなたがDVDを操作するのは再生ボタンを押す時だけです。あとは集中して、作業をすることができます。

もう、コピーを書くときに手が止まることはありません

それどころか、書きたくてウズウズしてくるでしょう。特に4つ目の質問に答えたあたりで、コピーのアイディアがどんどん湧いて出てくるはずです。このDVDで得られることはそのほかにも・・・

  • 売れる商品アイディアの見つけ方・・・実際僕はこの質問に答えているとき、新しい商品アイディアを3つも思いつきました。もしあなたが「次の商品が思いつかない・・」と思うのであれば、この4つ目の質問に答えてください。
  • ベネフィットを強烈にして、コピーにインパクトを与える3つの要素
  • 驚異の!ありえない!究極の!こんな言葉はもう使わないでください。ホントの「パワーワード」はこういうものではありません。セールスレターに入れると反応の上がる「パワーワード」が見つかるオススメ本(ヒント:エコに関する本)。
  • 「スワイプファイル」の本当の使い方
  • 商品を開発するときの落とし穴(注意!これをやってしまうと、あなたの会社の信頼度が下がる危険があります)
  • ダイレクトレスポンスビジネス成功のシンプルな2ステップ(うまくいかないビジネスは、この大事な2ステップを無視して、商品を作ったり、広告を無駄に売ったり、従業員の教育をしたりと別のところにエネルギーを使ってしまっています。もしあなたが毎日の売上に困っているなら、、、この2ステップを見直す必要があるかもしれません)

など。

きっとあなたにも気に入ってもらえるでしょう。

なぜ、これを公開するのか?

もしそんなにすごいものなら、公開せずに独り占めしておけばいいじゃないか。そう思うかもしれません。

でも公開する理由は2つあります。

どちらも単純な理由です。

一つは、僕らは優秀なコピーライターやビジネスパートナーを求めているからです。もしあなたがこのリソースでうまいコピーを素早くたくさん書けるようになれば、僕らのコピーをあなたに書いてもらいたいと思っているからです。僕らが最近社内でコピーライターをトレーニングするときでも、この15ステップを使っています。

もう一つは、この「秘密」であなたが結果を出せば、あなたは僕らのことを好きになって、ずっと商品を買い続けてくれる、いいお客さんになってくれると思っているからです。

リスクはありません

このDVDがあなたにも使えるのか?僕はそう信じています。少なくともこのページをここまで読んでいるあなたなら、きっとこのDVDの価値を引き出せる人だと思っています。

でも、今回これをたったの9,800円(税抜)で試せるようにしました。

1通のコピーがヒットすれば、数百万〜数千万、多ければ数億円の売上をもたらします。そこそこ普通のコピーであっても、数十万〜数百万円くらいの売上にはなるでしょう。(イメージがわかなければ、DVDの2枚目の最初の部分の話を聞いてみてください。)もちろん、これは何十回でも何百回でも使えます。

例えば10回使えば一回当たり980円、100回使えば一回当たりたったの98円です。

更に、最初の30日間は無料で
試してみる事ができます。

今日、送料手数料として980円(税込)だけ負担してください。それだけであなたは、この15ステップ・コピーライティングを完全に試す事ができます。


まずは30日間、無料で試してください。もし内容に100%満足しなければ、30日以内に弊社カスタマーサポートまで知らせてください。そうすれば、商品代金は課金しません。あなたが100%満足した場合に限り、クレジットカードに代金がチャージされるということですし、その後も無条件返金保証期間がプラス60日間あるので、リスクはありません。

カスタマーサポートの連絡先:
1.メールでの連絡:http://d-publishing-cs.jp(24時間受付)
2.FAXでの連絡:06-6268-0851(24時間受付)
3.電話での連絡:06-6268-0850(平日10時〜17時受付)
※メールはまれに届かない場合があります。2営業日以内に返信がない場合は、FAXかお電話でお知らせ下さい。

このDVDを見れば、必ず絶対に売れるコピーが出来上がると約束することはできません。でも、うまくいく「確率」をアップさせられるということは約束できます。コピーの書き直し、やり直しは相当しんどいです。もしうまく行かなければ精神的にも肉体的にも、経済的にもつらいでしょう。。。

そこが、このDVDの存在理由です。

このDVDで効率よくリサーチをすれば、ライティングのスピードも、成功の確率も、同時にアップさせることができます。それがこのような値段で手に入るのです。相当安い投資だと思いませんか?



15ステップ・コピーライティング
ガイドブック

あなたがもっと素早く売れるコピーを書くために。そしてそのコピーを元にダイレクト・レスポンスのビジネスを作れるように、ガイドブックもプレゼントします。この中には、、、

  • 素早くコピーを書きあげる10のコツ
  • リサーチ・ワークシート
  • スワイプファイルの本当の使い方
  • リサーチした「素材」を効果的にコピーで使う方法
  • 1つのセールスレターを中心にでっかいビジネスを作るための、2ステップ・ダイレクトレスポンス・ビジネス構築法

が含まれています。

 

以前の僕のように、多くの人は非効率な「リサーチ」に時間をかけていることにも気付いていません。

例えばこのDVDで公開されている15の質問に対する答えが、「リサーチ」した結果の中にないなら・・・そのリサーチにどれだけ時間をかけたとしても、それはリサーチの本来の目的が達成されていない可能性が高いです。

もちろんこのDVDに頼らなくても、あなたが独自のリサーチ法で素早く、いいコピーが書けるのならそれでも構いません。これは100%全ての人のために役立つものではないからです。

でも、もしあなたが、

  • コピーを書くのに手が止まるなら・・・
  • コピーライティングに時間がかかりすぎるなら・・・
  • 頑張って書いたコピーが売れないなら・・・

ぜひこのアイディアを試してみてください。

コピーを書く時間が短くなれば、その分たくさんの商品を売ることができます。また、そのコピーがうまくいかなくても、スグに仕切り直して再チャレンジすることができます。DVDを試すことのリスクはありません。今すぐ以下のボタンから、この新しい方法を試してみてください。




PS
スピードはお金を引き寄せます。
コピーライティングに時間がかかっている、というだけで、稼げるはずのお金を逃しているかもしれません。

100万円売ろうと1カ月かけて気合を入れて書いたコピーでも、1ヶ月後、1円も売れないかもしれません。コピーが成功するかどうかは、実際のところ、書いて、出してみなければわからないのです。それなら、次々と新しいコピーをリリースできる方が、成功の確率が高いに決まっていますし、それをしていくうちにどんどんコピーの技術も上達していくのです。。。