勉強熱心なあなたへ…

コピーライター:寺本隆裕

From:寺本隆裕

こんにちは!

最近、

「電車の中でレスポンスpodcast聞いてたら、
ダン・ケネディが登場して思わず吹き出してしまい、
周りの人に変に思われたじゃないですか!!」

というクレームを頻繁にもらう寺本です。

・・・さて。

「書く」ことが仕事のはずなのに、
ここしばらくはしゃべる仕事が多くなってきました。

書く。
しゃべる。

人からは、よくそんなに喋ることありますね、とか、
書くことありますね、なんて言われます。

しゃべりすぎて頭のなかがスッカスカ。
乾いた雑巾を絞るような。。。

そんなイメージがあるのでしょう。

でも実際はそんなことはなく、、、

アウトプットすればするほど、
アウトプットの質が高まってくるのがわかります。

(特に、質問された時の答えの質が変わります)

アウトプットすればするほど、
インプットが増えてくるのがわかります。

(アウトプットするには、自ずとインプットが必要だからです)

アウトプットすることを前提にインプットすると、
自分の中への染み込み具合が違います。

(集中力や注意力が違います)

 

自分のビジネスの価値観や考え方について。
新しいマーケティング・プロモーションについて。
ビジネスモデルについて。

じっくり考えて完璧に思えていても、
実際に「書く」という作業をすれば、

あれ?ここって、矛盾してない?

とか、

あれ?ここ詰め切れてないな、、、

なんてことに気が付きます。

 

本を読んでセミナーに参加して、
「いい話聞いたなー!」

と思っても、
実際に人に教えるという作業をすれば、

全然理解ができていないことに気づきます。

 

あなたのコピーのクォリティを高めるヒント。それは、、、

いいものを「書く」ために最もいい方法は「書く」ことである。

 

最近、勉強ばっかりしてるなー、
と思っているあなた。

書きましょう。

 

コピーライター:寺本隆裕

PS
ケネディのビ3つ目のビデオは今日、公開です!

詳しくはこちらをクリック


Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>