寺本のコピー失敗例

コピーライター:寺本隆裕

From:寺本隆裕

今日はあなたが一番聞きたい話をしようと思います。
僕の失敗例です。

通常、コピーは成功することよりも失敗することのほうが多いもの。
特に最初の頃はほとんどが失敗で、一方、成功も小さい成果なのが普通でしょう。

僕もこれまでコピーでたくさん失敗してきました。
その僕の豊富なネタの中から、あなたに失敗例をひとつ、シェアしましょう。

失敗した例:

何年か前、インフルエンザで寝込んだことがありました。

最悪なことに、その月はクライアントから委託されたプロジェクトで、新商品をリリースしなければいけません。
で、セールスレターの締め切りが迫っている。でも、まだ1文字も書いていない。。。

その絶妙なタイミングで、インフルエンザにかかってしまいました。

頭はボーっとするし、熱もある。寒気もする、、、
そんな中、エネルギーを大量に必要とするセールスレターのライティングをしなければいけません。

でもやらなあかんもんはやらなあかん。

ベッドの上で、(正しくは、仕事部屋に隔離されてたので、床に敷いたマットレスの上の布団の上で)意識もうろうとしながらのライティング。
リサーチする気力も体力もないため、そこそこのリサーチで集めた材料を元に、なんとか納期までに間に合わす。
そして残りの作業は任せたで、と、、、ホッと一息ついて、メンバーに渡す。

で、結果は?

・・・惨敗。大失敗。

当然です。

そんな状態で書いたコピーで劇的な成果が欲しいなんて厚かましい!

激務の隙間にコピーライティング。
眠い目こすってコピーライティング。
体調悪いのにコピーライティング。

練習段階ならまだしも、仕事としてやるならNGです。
頭の中を、ライティングだけに集中できない状態で、ライティングをしてはいけません。

ほかの仕事が忙しいなら、それをまずは先にがんばって片付けて、
あるいは、無理やりコピーだけに専念できる時間を確保して、、、
ライティングをやりましょう。

教訓:
集中できない状態で、コピーは書くな。

コピーライター:寺本隆裕

PS
このクライアント向けのコピー、結局、体調が戻ってすぐ、やり直しました。
アイディアから全部、大幅変更です。

結果、なんとかそこそこのプロモーションになり、クライアントにはギリギリ迷惑をかけずに済みました。やれやれ・・・

PPS
体調を整えることはもちろん大事です。
が、それ以前にセールスライティングの基礎が身に付いていないと意味がありません。

それならこれ。

詳しくはコチラをクリック


Facebookにコメント

  1. 弟子うら さん: 2013年12月21日 06:33

    すみません、、まさに今の自分です。
    言い訳せずに集中できる時間管理をやります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>