年末の使い方、来年のための…

コピーライター:山田光彦

From:山田光彦

今日で、メルマガを書くのも今年、最後になりました。
なので、

「今日は今年の振り返りをしよう」

と思って、今年やったことリストを書き出していたら、来年の大まかな目標・方針が、意外にも決まってしまいました。

この目標設定法。結構使える方法だと思うので、

「来年、好スタートを切って
今年を超える成果を出したい!」

あなたがそう思っているなら、このメルマガを読んでみて、気に入ったら、使ってみてください。

 

今年やったことをリストアップしていると…

今年もいろいろなことがありました。
たとえば、、、

  • ・1通のセールスレターで約2000万円の売上になったり、、、
  • ・レスポンス・コピーのメルマガを書くようになったり、、、
  • ・クローズドのセミナーですが、ブレットライティングのセミナー講師をやったり、、、(セミナー講師をして「よかったです!」と感想をもらうとセールスレターがヒットしたのとは違ううれしさがありました)

といったうまくいったこともあれば、、、、

もっと仕事がうまくいくようにするためにはどうすればいいんだろう??? と思って、

  • ・新しい分野の勉強をはじめたけど、まったく成果が出なかったり、、、
  • ・今やっている仕事の分析をやり過ぎてしまったり、、、

というような、全然、うまくいかなかったものや、反省点がたくさんでてきたのです。
 

成果が出ていることを「もっとやる」
成果が出ていないことを「やめる」
それでOK?

 
あなたもきっと2割・8割の法則というのをご存知だと思うのですが、

(「2割の営業マンが8割の売上をもたらす」とか、
「2割の行動が8割の成果をもたらす」とか、
「2割の顧客が8割の利益をもたらす」とか
 言われている法則です。)

自分にとって、どれが成果をもたらす2割の行動で、どれが成果の出ない8割の行動なのか?
今年、やったことをリストアップするとこれがはっきりとわかったのです。

 
そうなれば、、、
成果が出ていることをもっとやって、
成果が出ていないことをやめればOK、、、

かと思いきや、そうはいきませんでした。
実際、成果が出ていない仕事をやめようと思っても、簡単にはやめられないからです。

成果が出ていない仕事であっても、それなりに、やる意味のある仕事ばかりですよね。
(もしやる意味がない仕事なら、 すぐやめるのがオススメです(笑))

 
そこで、オススメなのが、

今年やってみて、
成果が出たベスト3を選んで、
その行動を来年は倍にする。

と決めるという方法です。

もちろん、倍がムリなら、1.5倍でもいいのですが、成果が出た行動を増やすところがポイントです。
(何倍にするかは、目標から逆算してみてください)

今年やって成果が出たベスト3の行動を増やすわけですから、これを実践すれば、成果が出る確率がとても高いですよね。
自分が実際にやってみて、効果実証済みなわけですから。

 
この目標設定法。気に入ってくれたら、使ってみてください。
今年やったことをリストアップだけでも、きっと意外なことが1つか2つは見つかると思いますよ。

ー山田光彦

PS.
ちなみに僕が来年、増やす行動は

・セールスレターを書く
・プロモーションを作る
・メルマガを書く

といったコピーライティングの項目ばかりになりました。
(それぐらいすぐ気づけよ。というツッコミはなしで)

PPS
あなたが増やす行動にコピーライティングの項目があるというなら
これは基礎からコピーの本質を学べるのでオススメですよ。

詳しくはコチラをクリック


Facebookにコメント

  1. 健@I Love Direct! さん: 2013年12月28日 07:27

    今年取り組んだことで、成果がでたことのTOP3のひとつは、毎日25分スワイプファイルを手書きで書き写したことでした。何があっても休まなかったことで、コピーライティングに対するセルフイメージも高まり、自信を持つことができるようになりました。さらに、コンバージョンも取れるようになりました!

    なので早速、今朝からスワイプファイルを書き写す時間を、2倍にしました^^。

  2. カーネギー さん: 2013年12月26日 11:30

    すごくよいヒントが得られました。私もこれから来年の目標を固めようと思っていましたので参考にさせていただますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>