激安マッサージ店って儲かるの?

コピーライター:寺本隆裕

From:寺本隆裕

僕がたまに行く
大阪市内のマッサージ店は、
雰囲気のいい感じ。

1時間、だいたい8,000円
くらいのところだ。

ほんのりとアロマの香りのする
落ち着いた店内は薄暗く、
スタッフは全員若い女性。
全てが個室で区切られている。

個室に通されると、
洋服がシワにならないようにと
白い、アイロンのパリっとかかった
着替えを用意してくれている。

終わったらハーブティーと
オシボリのサービスがある。

いつも満足して店を出る。

しかしモノは試しにと、先日、
地元の激安マッサージに行った。

そこは60分2,980円と
かなり安い。

車に乗っているとよく同じデザインの
同じ値段の店を見かけるので、
FCか何かなんだろう。

僕の地元は田舎なので
あまり雰囲気のいい
マッサージ屋はない。

だから、もしこのマッサージが
いい感じならとても助かる。

緊張しながら店に入ると
目に入ったのは、
広い部屋に仕切りがなく
簡易的なパイプベッドが
8つ並んでるだけの、
殺風景なものだった。

やっちまった!とすぐに思ったが、
店を出るわけにはいかず、
そのまま靴を脱いだ。

受け付けてくれたのは
小太りで色白の若いお兄ちゃん。
着替えますか?
に、はい、と答えると、
その部屋の隅に
簡易的なカーテンで仕切られただけの
「更衣室」に誘導され、
適当なジャージを渡される。

これ、着といてくださいと。。。

マッサージが始まっても
店内は明るく落ち着かない。

明るいだけじゃなく、
周りには地元の2〜3人の
オジサンやオバサンたちが
マッサージを受けていて、
「ウッ!」「あ〜〜〜」という
うめき声が時折聞こえる。

ウデがいいのかはよくわからない。

マッサージそのものは
うまかったのかもしれない。
実際、多少は体もほぐれた気がするし、
他のお客たちはみな、
リピーターのようだった。

でも、、、
僕はもう二度と行くまいと思った。
2倍以上の値段のする、
市内のマッサージ店が恋しくなった。

さて、あなたはどっちのビジネスを
目指すべきだろうか?

付加価値勝負のビジネスか?
安さ勝負のビジネスか?

もしかすると、
この激安マッサージ店は、
多店舗展開で「薄利多売」で
儲かるのかもしれない。

でも、、、「多売」するためには、
当然たくさんの人数を
集客しなければいけない。

それに、
「安さ」を売りにするのであれば、
利益を出すために原価を削りに削り、
効率化を図らなければいけない。

たくさんの売上が必要だから、
多くのお客をさばくために
たくさんの人手もかかる。

一方、値段が高くなると、
その分取れる利益も増える。
だから人手も
比較的少なくてすむし、
お客さんの質も良くなる傾向がある。

お客一人ひとりに
時間と手間とお金もかけられる。

ただし、値段が高い分、
集客には工夫が必要だ。

安いマッサージ店なら
安さをウリにできるかもしれない。
そして「安さ」は
数字で表されるから簡単だ。

でも、安さで売らないなら、
その価値を売らなければいけない。
形のないものの価値を
伝えなければいけない。

そのためには、
マーケティングと
セールスライティングの
スキルが必要だ。

さて、あなたは
どっちのビジネスを
目指すべきだろうか?

価値を上げよ。
価格を上げよ。
そして、
マーケティングでその価値を伝えよ。

by ダン・ケネディ

 
コピーライター:寺本隆裕

 
PS
具体的な方法はこれ。

詳しくはコチラをクリック

PPS
しかもその激安マッサージ店は、帰り際に次回使える500円割引券をくれた。ほんとに儲かるのだろうか、、、?


Facebookにコメント

  1. あほくさい さん: 2016年09月07日 23:56

    本当に頭良い人が書いている文なの?って思っちゃう。
    こんなんで仕事できるって良いよね。

  2. 山本 さん: 2014年01月24日 17:52

    おそらく、本当に儲かるのはフランチャイザーだと思う…

  3. 青柳容子 さん: 2014年01月24日 11:18

    激安店の方に勤務しています。あまり寺本さんのメルマガはとても影響力があるので、こんなにはっきりと「よくない」印象を書かれてしまうととても悲しいです。

  4. 私は女性ですが、エステで全く同じ体験をしました。
    うっかり寝てしまいそうな心地よい空間でリラックス出来るのが楽しみで行っていた店から、
    ちょっと出来心で安価な店へ行ったのです。
    寺本さんと全く同じで、個室ではなく、蛍光灯がまぶしい部屋に簡易ベッドが並んでいて
    入った瞬間本当に後悔しました。
    その経験を自分の仕事にあてはめたことはありませんでしたので
    今日は改めて考えてみたいとおもいます。

  5. 咲かない埼玉 さん: 2014年01月24日 08:22

    個人的には暗い院内は不安。
    全員若い女というのも。
    私はマッサージの先生の腕が同じなら激安に行きます。
    マッサージを受ける時はこちらも全身の神経を研ぎ澄まします。
    コピーライティング的・マーケティング的には高い方のマッサージ院なんだろうけど。
    貧乏性かなw

  6. 白井敬二 さん: 2014年01月24日 05:53

    こういうどっち付かず(本当ははっきりしていますが)の印象を与えるコピーは私の好みではないですね。「高い価値を高く売りましょう。そのためにマーケティングとコピーライティングスキルが必要です」と直球でいいじゃないですか・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>