そのビジネス、必ず成功しますか?

コピーライター:寺本隆裕

From:寺本隆裕

あなたに警告があります。

が、、、
時間がないのであまり内容を
整理して書くことができません。

本当はレポートにまとめて伝えたい‥‥
それくらい重要な内容なのですが、
今日はスピード重視です。

事実の羅列のような形に
なるかもしれませんが、
「読みやすさ」よりも「内容」に
注目して読んでください。

 
きっとあなたは勉強熱心で、
【ザ・レスポンス】やレスポンスコピー
をはじめ、インターネット上にある
いわゆる「儲かる方法」を
学んでいることでしょう。

・コピーライティング!
・短期間で一気に
 大きく儲けるプロモーション!
・最新のノウハウ!

これらの中には、面白いものもあれば
有効なものもあるでしょう。
あなたのビジネスが一気に
急成長するようなものもあるでしょう。

ただし、、、
そのノウハウで「結果が出れば」。。。

 
このメルマガを読んでいる
あなたはきっと、

「片手間でお金儲け」
「楽して稼ぐ」
「中途半端な副業で小銭稼ぎ」

というようなものには
興味がないでしょう。

きっと、きちんとお客さんに
価値を提供することや、
「ビジネス」としてお金を得る
ということに価値観を持って
いるのではないでしょうか?

 
であるならば、、、
あなたがやっているのが
「ビジネス」であるならば、
重要なポイントは「継続すること」。
継続して収益を生むこと、
ですよね。

 
今年1000万円儲かったけど、
来年はどうなるかわからない。

とか、、、

今月は300万円の収入があったけど、
来月何しようか。。。

といったものでは、
精神的にも経済的にも
とても不安定な状況です。

常に「新しい儲け話」が必要になるため
頭の中は混乱し、ノウハウコレクターに
ならざるを得なくなってしまいます。

 
では、どうすればいいのか?

 
2つの処方箋を紹介しましょう。

 
・長期的視野で考える。

つまり、明日いくら稼ぐか、ではなく、
半年後、来年、○年後にお金を稼げる
「能力」や「資産」を作ることを
大切にしてください。

 
一番重要な資産は、
「顧客」「顧客リスト」です。

顧客や顧客リストに
価値を提供することで、
長期的な関係を築いてください。

いい商品を届ける、
いい体験を届ける、
いいコンテンツを届ける、、、

そうすることにより、
顧客との人間関係を深めてください。
あなたにお金を払ってくれるのは
結局のところ、あなたの商品でも、
あなたのスキルでもなく、
あなたの商品やサービスを買ってくれる
顧客なのですから・・・

 
そして一番重要な能力は、
「売る力」です。

セールスやコピーライティング、
ダイレクトマーケティングの
スキルを磨いてください。

一朝一夕で身に付くものでは
ありませんし、実践して、
失敗を体験しなければ
「スキル」にはなりません。

 
しかし、だからこそ。。。
簡単に身に付くものでないからこそ、
この能力やスキルには価値があるのです。

ただしもちろん、
短期的なキャッシュも必要ですから、
バランスを考えましょう。

 
・失敗することを必ず考慮に入れる。

「ビジネス」には失敗はつきもので、
必ず成功するとは限りません。

あの世界的に有名なコピーライター
「テッド・ニコラス」でさえ、
書いたセールスレターの成功率は
30%程度だ、と言っています。
つまり10回に7回は失敗するのです。

 
あなたのアイディア、企画、
コピー、キャンペーンが、、、
全て成功してうまくいくということは
ありえません。

よく、「このノウハウをやっても
稼げませんでした」といって、
文句を言っている人がいますが、
これは当たり前のことです。

そもそもノウハウが
どうしようもない場合は別にして
(そういうのもたくさんありますが)、
たとえ一生懸命準備して、
できうることを全てやったとしても、、
失敗するときは失敗するのです。

特に、そのノウハウや手法に
はじめて取り組むような場合は。

 
だから、、、

「一つのプロモーションが、
 会社の命運を分ける!」

「この成否が
 自分の人生を左右する!」

「このプロジェクトに
 かけてるんです!」

 
そんなことは
絶対にやっちゃいけません。

 
失敗するのが当然だと考えてください。

そして失敗したときの
「痛み」が少なくなるよう、
小さいテストを繰り返しましょう。
バックアッププランを用意しましょう。
「テスト」からのフィードバックを
生かし、次の成功率を高められる
ような仕組みを持ちましょう。

 
コピーライター:寺本隆裕

 
PS
コピーならこの方法を使って
まずは素早く1つのセールスレターを
書いてテストしてみましょう。

詳しくはコチラをクリック


Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>