共通の愚かさ

ジョン・カールトン

From:ジョン・カールトン

ずっと以前、
私は人生の単純なルールを学びました。

 
群衆が焦って
右方向に逃げて行くとき・・・
私はそうしないで左に向かっている人を
真剣に観察します。

 
どんな文化の「一般的な知恵」も
大抵間違っている、ということを
明らかにするために、そんなに長く
歴史を研究する必要はありません。

「誰もが」何かを信じ始めたときに
私達は簡単に騙されてしまうような
深く滑りやすい何かが
私達の本性にあります。

 
エンロンは倒産する
ほんの数カ月前まで
「未来の会社」として
各主要経済出版物の表紙で
特集されました。

人々は本当に愚かな
(そして完全に役に立たない)
Webのコンセプトに
狂っていた一方で、
インターネット関連企業のバブルが
必然的な破裂に向かって
膨張していました。

そして、最近一部の人達が
不動産横領で荒稼ぎをする一方で・・・

自分の稼ぎと同じかそれ以上の
多重ローンの返済を遅らせている人が
少なからずいることは
ご存知のことと思います。

 
理論上では彼らは
経済的な天才のように見えます。

願わくば次のローンの支払日が来る前に
値段の高すぎるスペックの不動産物件を
誰かに買わせる事が出来さえすれば
良いのです・・・。

魔女狩りに油を注ぐ事も
同じメンタリティです。

 
私達の爬虫類脳
(怒りや恐怖のもととなる部分)
の中にある何かがあらゆるものや
あらゆる人に関する最悪なことを
信じたい気持ちにさせるのです。

一部の人々は、朝、
恐怖によってのみ目覚めます。
「みんな」が同じ不安を
共有している場合は特にそうなります。

 
日刊新聞の差し迫った死は
一つの実例です。

新聞社のオーナーを含めた誰もが
Webが日刊新聞の概念を覆すと
信じています。すぐに。

しかし、実際の数値を
よく調べてみれば、
決してそのようなことが
起こることはないとわかります。

現在では2つの新聞社がある街は
もはやありませんが、一方で
依然として各街に一社はあります。

そして夕刊はほとんど消滅しましたが、
一方、朝刊の定期購読は
実際少し増えました。
(オンラインの読者層を加えて、
その数はグラつき始めています。)

 
もっと重要な事は・・・
新聞社経営の実体経済は
巨大な収益性を維持する、
ということです。

ウォール・ストリートを刺激する方法で
収益を生むということではありません。
トレーダーは遅く、重い足取りの、
魅力のない牛を嫌います。

 
これに関して、先週
ザ・ニューヨーカーに投稿された
James Surowieckiの記事が
素晴らしかったです。

 
新聞は変化し、
おそらく最新の国内外のニュースを
報道することでWebと張り合う試みを
やめるだろう・・・

 
しかし、ローカルニュースの
一次情報源であり続けるだろう。
もちろん案内広告の第一選択でも
ありつづけるでしょう。

私はセミナーから
戻ってきたばかりなのですが、
聴衆の賢い人達が何かを売るために
ダイレクトメールを使用する知恵
について、質問を受けた時に
このことに触れます。

 
御存知の通り・・・最近では
「ダイレクトメールを
 読んでいる人はいない」
のです。

 
結局のところ・・・
私は現在新しいクライアントに
ダイレクトメールの使い方を
教えることにいまいち気が
進まないのです。

それがもはや機能しないから
という理由ではありませんが。

いやむしろ、
それがとてもよく機能するからです。

そしてたくさんの競合する
ジャンクメールが減り始めるのは
かなり素晴らしいです。

良い (悪くない) ダイレクトメール
の力をよく知るマーケターの
数が減るほど・・・
それだけ本当のことを知っている
私達にとって有利になります。

 
私はWebのことを愛しているし、
Webを使ってたくさんの収入を
得てきました。

お金を得るチャンスはまだあり、
メールを通じて招待客リストを育てたり
ぶんどったりする素晴らしい世界に
深く深くはまっていくことを
すっかり楽しんでいます。

しかし手に持って開けることのできる
ダイレクトメールには常にある種の
メリットがあり続けます。

どれだけ「仮想的な」世界
(Web)が手に入ったとしても、
「現実」世界の感覚や実体のある
素材(ダイレクトメール)は
決してなくなりません。

 
現在、群衆は気違いじみた方向に
急いで向かっています。
まるで崖に向かって狩りをする
レミングのようです。

そして私は反対方向に放浪するという
相対的な静寂を多少楽しんでいます。

それでは

 
ジョン・カールトン

 
PS
この無料プレゼントの中にも
効果的なダイレクトメールの作り方が
公開されていますが…

詳細はこちら


Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>