6倍大成功したプロモーションの秘訣

FROM:寺本隆裕

最近、あるキャンペーンをリリースしました。
そのキャンペーンは、今のところかなりのヒット。

たくさんの新規客を集める事に成功しています。

一方、数ヶ月前にも別のキャンペーンをリリースしましたが、
そのキャンペーンは、大きく失敗。

その後リカバリーを行ったけど、それでも、
「下の上」くらいのキャンペーンにしかなりませんでした。

これら2つのキャンペーンを比較してみると、
成功した方は、失敗した方のほぼ6倍の成約率。

これらのキャンペーンに広告をかけるなら、
同じ広告費で「ヒット」は「ダメ」の6倍の新規顧客を獲得できる計算です。

しかし、
両方のキャンペーンをリリースするのにかかった労力は、ほぼ同じ。

コピーを「書く」時間も、
そのコピーを元にウェブデザイナーがデザインを作るのも、
そのキャンペーンの申込者の対応のためにオペレーションを整えるのも、

ほぼ同じ。

違うものは何でしょう??

それは、そのキャンペーンに書いてある「文字=コピー」であり、
コピーが伝えるキャンペーン全体のアイディア。

片方のアイディアは人を引きつけ、
片方のアイディアは人を引きつけなかったのです。

「それがコピーライティングのパワーだ!」

と、言ってしまえばそれまでなのですが、
今日はそれを少し掘り下げてみましょう。

効果を生むコピー
効果を生まないコピー

時間管理の2つの考え方

時間管理の考え方には、2通りあります。

1つは、効率重視の時間管理。

つまり、限られた時間の中で、いかにたくさんの仕事を行うか。
という考え方です。

やる事リストを作る。
何日の何時から何時まで、何をやる。

といったような考え方です。

コピーで言えば、
1時間でヘッドラインを書いて、1時間でリードを書いて、
1時間でブレットを書いて、、、、

というような管理ですね。

もう一つは、効果重視の時間管理。

つまり、限られた時間の中で、
「何をするか」という考え方です。

これはプロジェクトの目標であったり個人目標であったり、
色々ですが、その目標達成のためには、

何が重要で、何が重要でないのか?
何を優先すべきで何を優先すべきでないのか?

それを見極めてやるべき事を決める。
というものです。

コピーで言えば、

優れたプロモーションが作れるよう
スキルアップのための勉強をする、

とか、

大ヒットするアイディアを発見するために、
お客さんと頻繁に会う機会を作る、

とか、

疲労状態ではなく、
心身ともに健康な状態でコピーが書けるよう、
コンディションを保つようにする、

とか。

こういったものは、効果を上げるための時間の使い方です。

最初に言った大ヒットプロモーションは、
お客さんとの会話に時間をかけることによって、
生まれたアイディアが元になっています。

(逆に、失敗した方は完全に自分達中心のアイディアでした。。。)

一生懸命働く事は大事な事かもしれません。

しかし、、、

結果を出す事はもっと重要なことですよね。

100時間働いて、ダメプロモーションを4つ作ることと、
30時間働いて、ダメプロモーションの
6倍の大ヒットプロモーションを1つ作ること。

「結果を出す」観点で言えば、どっちが優れているでしょうか。

さて、あなたは今日、何をする?

例えばヘッドラインやオープニング部分といった、
コピー全体の1%にも満たない文章が、
そのコピー成功の50%以上を左右する要素だとするなら、、、

効果を求めるコピーライターとして、
あなたが今日、優先してやるべきことは、、、何でしょう?

PS
僕の大好きな本「7つの週間」。

この2本目のDVDでは、
2つの時間管理法『効果を求める時間管理と、効率を求める時間管理』の秘訣が学べます。

http://123direct.info/tracking/af/287173/vyJJZf0a-S5niK8xv/

PPS
【ザ・レスポンス】の商品カタログβ版がリリースされました。

http://www.theresponse.jp/catalog/


Facebookにコメント

  1. 限られた時間の中で、最高の結果・効果を出すためには何をするべきかを常に考える習慣をつけることは大事ですね。
    コピーライティング初心者の自分は、優れたコピーライターになるために今何をするべきかを常に考えていきたいと思います。
    記事を見て学んだことをこのコメントに書いていくことも今自分がやるべき大事なトレーニングの一つだと思っています。

  2. 菅原尚範 さん: 2011年06月20日 11:42

    効果を生むコピー

    あらためて、環境に影響されますね・・・

    真似できる存在がいるかどうかが

    現在を創っているのかなぁ。。。

    はじめに言葉ありき

    ”今”を動かせるチカラをもっている

    日本人ってみんな可能性があったりして。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>