答えが見つからないときは?

From:寺本隆裕

大阪のスタバより、、、

先日、なにげなく教育テレビを見ていたら、
とある小学校の先生の授業風景が映っていました。

その人は理科の先生。
生徒に質問を投げかけています。

先生:『この薬品とこの薬品を混ぜ合わせたら、どうなると思う?』

生徒A:『*****という風になると思います!』
生徒B:『そうじゃなくて、△△△△△だと思います!』
生徒C:『○○○○○になるんじゃないでしょうか?』

生徒の意見はバラバラ。
先生は生徒にさらに質問を投げかけます。

先生:『本当にそう思う?自信ある?』

生徒:(首を横に振る。)NOのサイン。

そして、先生からの最後の質問。

先生:『自信ないよね。そんなときは、どうすればいいんだっけ?』

この質問に、生徒全員が声を揃えて同じことを答えました。
その答えは恐らく、この質問に対する最高の答えでしょう。

生徒達が声を揃えて答えたもの。それは、、

『実験する!』

でした。

「教科書を調べる。」でも「誰かに聞く。」でもなく、
「実験する。」なのです。

これは、マーケッターとしてのとても重要な考え方と共通します。

きっとあなたは日頃、色んな事を勉強していますよね。
人から聞く話もあるし、本から学ぶ事もある。

おいしそうな新しいビジネスの話(儲け話)も、
次から次へと入ってきます。

そうして色んなアイディアに触れるたびに、

改善されそうだ!
上手くいきそうだ!
儲かりそうだ!

という気持ちになるでしょう。

でも、実際にそれをやってみる=実験してみるまでは、

本当に改善されるのか?
本当に上手くいくのか?
本当に儲かるのか?

は、絶対にわかりません。

僕のまわりにも、
ずっと儲かるビジネスを探し続けている人がいます。

彼とは何ヶ月かに1回会って話す機会があるのですが、
毎回こんな「進捗状況」を教えてくれます。

10ヶ月前:
「いやー。まだどのビジネスで行こうか迷ってるんですよ。」

7ヶ月前:
「今ね、ちょっとまた別の新しい話が来てて、そっち勉強中なんです。」

4ヶ月前:
「大体の方向性は決まったんですけどね。
今そこから具体的に業種を絞り込んでるとこなんです。」

1ヶ月前:
「今、業種絞り込みのためにリサーチしてるとこなんですけどねー。
それやってると、別のアイディアが浮かんできてて、
そっちの方が儲かりそうな気がしてきてるんですよ。」

・・・こんな感じ。
知識だけは増えているけど、何も結果が出ていない状態です。

『motion beats meditation』

これは、自称世界一のコピーライター、
故ゲイリー・ハルバートの言葉。

日本語だと、
「行動は妄想に勝る」
というニュアンスでしょうか。

改善され「そう。」
上手くいき「そう。」
儲かり「そう。」

「~そう。」が頭に浮かんだとき、あなたはどうする?

妄想を膨らませる?
それとも素早く「実験」する?

PS
どのビジネスで行こうか。
どのアイディアで行こうか。

迷ったときは、過去に上手くいった事例を真似るのが最も成功の可能性が高い。
というのには、あなたも同意してくれるんじゃないでしょうか?

もし、マーケティングの成功事例を知りたいなら。
しかもマーケティングの天才「ジョー・シュガーマン」の事例を知りたいなら、、、

ここから彼の38個もの事例を見る事ができます。
しかも、、、無料です。
http://123direct.info/tracking/af/251250/JQ6VGew2-qLwTrtNn/

コピーライターとして、これを請求しない理由は、、、何かある???


Facebookにコメント

  1. のだゆみ さん: 2011年08月05日 21:55

    今回のお話を読んで
    「下手の考え休むに似たり」
    という格言を思い出しました。
    これは碁や将棋で下手な人がいくら考えても良い手はでないという
    長考者をからかった言葉だという話です。

    とりあえず前に進んでみる
    失敗したら、その原因を探して別の手を打つですね

  2. chika さん: 2011年08月05日 10:51

    寺本さんからのメールは毎日読んでいて楽しいです。

    実体験に基づいて分かり易くおっしゃってくださるので、分かっている事ではあるけれども改めて「あ-そうだ」と思わされます。

    今回の行動に起こすという事ですが、その前の段階で行動に起こしたくても起こしたくなるようなアイディアがない場合、どうすればいいのでしょうか。

    現在そういった状態です。
    私の情報収集不足でしょうか。アンテナを張るところが間違っていますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>