夢を描くスキル、3つのヒント

From:寺本隆裕 ダイレクト出版
大阪の自宅より、、、

コピーライティングとは、夢を描くスキルです。

見込み客がそれを読んだ時、

「あー、俺もこうなりたいなー」
「こんなのが理想だよなー」

と思ってもらう技術のことです。

これを理解できれば、
あなたのコピーの成約率は劇的にアップします。

今日はその秘密のポイントをいくつかお話ししましょう…

*商品を売らない。

コピーで表面的に売っているのは「商品」や「サービス」かもしれません。
でも、実際に売っているのは見込み客の夢であり、「結果」です。

この商品こんなにいいですよ!
お得ですよ!
今なら無料!

もちろん、文章としてはそういうものが盛り込まれるでしょう。しかし、、、

商品やサービスというのは、
見込み客が得たい結果を得たり夢を実現するための「手段」でしかないのです。

(図解)

現状 →→→→→→→→→→→→→ 得たい結果・夢

現状 →→→→(商品)→→→→→ 得たい結果・夢

だから、

この「商品は」何だ、ということだけでなく、
この商品を買うことで「あなたは」どうなる、

というのを描くことが重要なのです。

*「結果」「夢」は鮮明にイメージさせること。

その商品を買うと自分はどうなるのか?
どんな感情の変化が得られるのか?

鮮明にイメージさせればさせるほど、コピーは強くなります。

特に、そのイメージが、見込み客にとってかゆいところに手が届くような、
ピンポイントなものであればあるほど有効です。

一般的な漠然とした「結果」「夢」を示しても、
「あー、こういう系の商品ってよくあるよね」と思われるだけ。

「そうそう!それそれ!いやー、この人わかってるわー!」

という反応が得られるようにしましょう。

そのためには、ターゲットの絞り込みが重要です。
ターゲットを絞り込むと、自動的にコピーは具体的になります。

ちょっとしたエピソードやストーリーを入れたり、
会話調の表現を入れることはかなり有効なテクニックです。

*それを、信じられるように描くこと。

たとえすごく魅力的な夢を描いたとしても

「自分には無理だ」
「大げさ」「うそ臭い」

と思われてしまうと意味がありません。

100%信じられるそこそこの約束は、
100%信じられないデカイ約束よりも、
10倍の説得力があります。

信じられる範囲に約束をトーンダウンしましょう。

****

「あなたの夢は何ですか?」

と聞かれて、具体的に答えられる人は滅多にいません。

コピーを学んでいるような一般よりも意識の高いグループであっても、
明確に夢を聞かれて答えられる人は多くありません。

だからこそ、僕らは見込み客に変わって
彼らの理想の状態・夢を「言語化」してあげなければいけないのです。

だって、僕らはコピーライター。
言葉で、人の夢を叶えるプロだから。


ダイレクト出版

 

会社を辞めたいけど、どうしたらいいかわからないあなたへ

最近、あなたは起業することについて考え始めたのでしょう。
でも、起業さえできればどんなビジネスでもいいわけではありませんよね。
あなたが大企業ではなく、小さく起業して、年収1000万円や自由なライフスタイルを手に入れたいなら、、、

https://www.theresponse.jp/nishida/older.php

 

Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>