渡邊健太郎とベビーカー?

From:寺本隆裕 ダイレクト出版
大阪のスタバより、、、

先日、ネット通販実践会の渡邊健太郎さんと
「ベビーカー」の話になった。

ネットショップの話をしていたとき、健太郎さんが

「ベビーカー売ってるところで、
めちゃくちゃ儲かってるところ知ってますよ」

・・・と言っていたのがきっかけです。

健太郎さんも僕も、子どもがいるので、そこから、
どんなベビーカーを買ったことがあるか、
みたいな会話になったのですが、、、

健太郎「何種類か買いましたよ。デカいのも。」

寺本「あ、あの海外製のやつですね。」

健太郎「そうそう、座る場所が地面から高いから、風通しが良くて蒸れないってやつです」

寺本「頑丈なんですよね?しかも。」

健太郎「なんか向こうのCMで、軽自動車がぶつかっても赤ちゃんが守られる、
みたいな動画もやってましたよ。」

寺本「タイヤとかもオフロード仕様のやつですか?」

健太郎「そうです。でもタイヤもデカいので、狭い日本だと小回り利かなくて大変ですよ。」

寺本「あー、使いにくいですよねぇ。」

健太郎「そう。で結局、小さいベビーカー買って、そればっかり使ってましたよ。」

てな感じ。

さてさて、この何気ない会話の中に、
コピーライティングのヒントがあるのですが、
あなたは気づいたでしょうか?



分からない?

では質問です。

なぜ、渡邊健太郎は、
使いにくい、高いベビーカーを買ったのだと思いますか?

もちろん、

子どもを守りたいから、とか、
子どもを熱中症にさせたくないから、

といったようなものもあるでしょう。

しかしその根底には、もっと違った、強い強い欲求があるのです。

感情を刺激して購入を決断させる、その強い心理トリガーの正体とは、、、





「セルフイメージ」

その正体とは、
自己啓発でよく言われるる、「セルフイメージ」だったのです。

セルフイメージとは、
自分自身に対する「意見」のこと。

例えば、

自分は社交的な人間だ、と思えばそれがセルフイメージ。
自分は内向的な人間だ、と思えばそれがセルフイメージ。

自分は初心者だ、と思えばそれがセルフイメージ。
自分はプロだ、と思えばそれがセルフイメージ。

これがなぜ、強い心理トリガーになるかというと、
人間は、セルフイメージを強化するために購入を決断するからです。

大事なことなのでもう一度言いましょう。

「人は、セルフイメージを強化するために、
購入を決断する。」

ベビーカーを買うときのセルフイメージはどんなものかというと、
自分は親である。父親である。というもの。

もっと言えば、

自分は「いい」父親である

というものです。

だから、

できるだけ子どもが快適にできるよう、
暑くない、高い位置にシートがあるものがいい。

とか、

軽自動車がぶつかることはないと思うけど、
できれば安全性に優れたものがいい。

といって、安物ではなく品質のいいものを選ぶという行動は、

「自分は子ども思いのいい父親であるという
セルフイメージを強化したい」

という欲求に基づいた行動なのです。

他にも例えば、

母の日に母にプレゼントを贈るのは、
「自分はいい息子(娘)である」というセルフイメージを強化します。

奥さんの誕生日にイベントを企画するのは、
「自分はいい夫である」というセルフイメージを強化します。

マーケティングやコピーライティングの教材を買うことは、
「自分は優れたマーケッター・コピーライターだ」というセルフイメージを強化します。
(優れたマーケッター・コピーライターなら、自己投資を惜しむなんて行動は、
セルフイメージに反する行動です)

自分は重要人物だというセルフイメージを強化するために、
高級車を買ったり。

ちなみに僕は、コピーライターだ、マーケッターだ、
考えることが自分の仕事でありミッションだ。と決意した瞬間に、
スパっとタバコをやめることができました。

考える=脳を使う ことが最も重要な仕事である以上、
脳に悪いとわかっている行動を続けることはセルフイメージに反することだからです。

恐るべし、セルフイメージのちから。

あなたも実際に思い当たる経験があるんじゃないでしょうか?

人の行動をコントロールする「セルフイメージ」のちから。

さてあなたは、どう使う?


ダイレクト出版

PS
もしあなたが、自分はコピーライターだ。
というセルフイメージを持っているなら、このメンバーは超おすすめ。

http://www.theresponse.jp/dankennedy/spycopy/

今月号では、今日の話を応用したテクニック「挑発」が詳しく解説されています。

初級コピーライターを脱出したい方は、必ず学んでおくべき内容です。
(30分ほどの解説音声も、会員サイトからダウンロードできます)

今日お試しを申し込めば、この号のニュースレターが届きます。

http://www.theresponse.jp/dankennedy/spycopy/


Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>