海苔がもらえます。(?)

From:寺本隆裕
大阪行きの新幹線より、、、

海苔をもらいました。

12週間コピーライティング実践プログラムに参加してくれた、
佐賀の水崎さんから、

『このプログラムを受けて、
自分の人生の進むべき方向が固まりました。』

ということで、
お礼にと、ダンボールいっぱいの美味しい海苔を送ってきてくれたのです。

(水崎さん、ありがとうございます。
みんなで美味しくいただきました)

ありがたいことに、
お客さんからこういうお礼の手紙や贈り物をちょくちょく頂きます。

頂いたお手紙はファイリングして、
みんなでいつも見ているのですが、

こういう出来事があったり、セミナーなどでお客さんと話すと、
「売ること」というのは「いい事」なんだと本当に思います。

昨日も東京の【ザ・レスポンス】ビジネススクール・マーケティングコース
参加してきましたが、参加者の方はみんな、僕に感謝の言葉をかけてくれます。

「売りたくてウズウズしてきますね!」

「これまでの知識がきれいに整理されたので、
やるべきことが明確になりました」

「これをやっていけばいいんだと思えるようになったので、
なんかすごく安心しました」

などなど、、、

はっきり言って、
基礎コースだけでも定価は50万円の設定ですから、
「値段」は一見、高いように感じます。

でも、費用対効果を計算してみると、
その価値がわかります。

ここで学んだ知識は一生、少なくとも5年は使えるでしょう。

もし仮に5年ですべて使えなくなったとしましょう
(そんなことはありえませんけど。計算のために。)。

そうすると1ヶ月あたり8,300円程度。
という計算になります。

『マーケティング』を学んで、
1ヶ月に8,300円以上稼げない、なんてことは絶対にありえません。

その10倍100倍はおろか、
1000倍以上のリターンがあったとしても、
まったく不思議ではありません。

そう考えれば、参加費の50万円なんてのはタダみたいなもんです。

コピーライターとして、
モノを売る者として、

もし『その商品はお客さんの人生の質を上げる』、
と確信できるのであれば、、、

あなたにはそれを売る責任があります。

躊躇することは、
単なる怠慢に過ぎません。

売るという行為そのものが、価値提供なのです。

 

 

あなたは従業員には言えないが、密かに…

「自分の会社の将来は大丈夫だろうか…」「来年はどうなっているんだろうか…」と不安に思うことはありませんか?

これらの不安を消滅させる方法があります。もちろん完全にとはいいません。
でも、これを試した多くの人が「将来の売上への不安がなくなった…」と言っています…

http://www.theresponse.jp/gold/

 

Facebookにコメント

  1. If time is money you’ve made me a walethier woman.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>