生き残るための7つの方法

From:寺本隆裕
大阪のスタバより、、、

今、「投資」マーケットのセールスレターを書いています。

なんだかんだで、このセールスレターで主張することは結局、

「これを買えば儲かりますよ!」

ってことですから、今最も注意しているのは、
いかにしてその主張を「信じて」もらうか。ということ。

ついで、見込み客がそれを「買う」と決断できるだけの情報を、
いかにシンプルに、わかりやすく、ベネフィットと信ぴょう性をもって伝えられるか。

ということです。

少し前なら、

「FX投資で主婦が片手間で毎月147万円稼いだ方法!」

なんて下手くそなヘッドラインで、
たまたま上手くいったような「ノウハウ」をまとめたpdfファイルを、
適当な銀行口座のキャプチャを貼り付けて煽れば、
そこそこ売ることもできたでしょう。

でももう、そんな時代ではありません。

ダン・ケネディスパイ・ダンケネディ・コピー2011年2月号で、
こんなコメントを書いています。

======================================================

厳しい時代に突入しています。

昔に比べ、結果を出せるコピーを作るためにより大きな苦労が必要です。
決してコピーをぞんざいに作って、世に出していてはいけません。

私でも、同じようなコピーを作るのに、
4年前に比べ2倍の時間をかけています。

当時と比べセールスの環境はずっと厳しく、
顧客の反応は鈍くなって、私のペースも落ちました。

いい状況ではありませんが、これが現実です。

======================================================

日本でもこれから、今まで以上に「厳しい時代」になってくるでしょう。

では、我々コピーを書くものとして、
今後どうしていけばいいのでしょうか?

このことについて、ダン・ケネディは以前から、
我々にいくつかの警告とアドバイスをしてくれています。

それらを7つにまとめたので、紹介しておきましょう。

『生き残るための7つの方法』

1.ビッグ・アイディア(not Big Promise)
2.ドライバー
3.証拠
4.メッセージとマーケットの一致
5.リストとのコミュニケーション
6.ダイレクトメール
7.************

です。

次回から、それぞれの内容について深く話していきます。
7つ目が何かは、もうしばらくしたらお話します。

 

 

ゼロから12週間で売れるセールスレターを書く…

これから12週間で売れるセールスレターを書かなければいけないとしたら、あなたはどうしますか?

これがダイレクト出版の新人コピーライターも最優先で取り組むプログラムです。

http://www.theresponsecopy.jp/copywriting_program/

 

Facebookにコメント

  1. 藤倉 さん: 2012年09月07日 13:06

    7つ目が、とても気になります^^。7つ目が配信されるのを心待ちにしながら、メルマガ待ってまーす♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>