リストが欲しい?

From:寺本隆裕

明日から東京でリストブランディングのセミナーなので、
今日はその準備の追い込み中。

今は、今回追加になった内容で、
「リストの作り方」についての、
コンテンツの最終の詰めをやっているところ。

やはり、「どうやってリストを集めるの?」
というところは、みんな悩むところのようで、

このテーマも元々予定になかったのですが、
要望が多かったので、今回から追加することにしたのです。

(前回参加者には、その部分だけあとでビデオでお届けします)

実際、リストがあまり集まらない、だとか、
無料でやってるんだけどなかなか増えなくて、、、

とか、
あるいは、
リストが少ないからあまりメルマガを書くモチベーションにならない、、、

と、言っている人は少なくありません。

確かに、リストをどうやって獲得するか、
というのはDRMでの永遠のテーマだと思うし、
重要なテーマでもあるでしょう。

でも一方で、
ある程度のレベルまでいくには、
特にそんなに苦労は必要ないんじゃないか?と思うのです。

というのも、、、

特に、このレスポンスコピーの読者のあなたには、
「コピー」という強い武器があるからです。

インターネットでリストを集める、
これを式にすると、こんなシンプルな形になります。

ページの成約率 × アクセス数 = リスト数

つまり、リストを増やすには、
リストを取るページの成約率を上げるか、
アクセス数を増やすか、
その両方か、

ということになるわけです。

が、我々コピーライターは、
このうちのページの成約率を上げる専門家なわけですから、、、

あとはアクセスを流すだけ、ということになります。

そしてここでも、我々コピーライターにはメリットがあります。
それは、「アクセスを買う事ができる」ということです。

なぜなら、一度リストに入ってくれた人に、
商品を売るためのセールスレターを送れば、
そこからあとで利益を生み出すことができるからです。

しかも、何度でも。

ということは、

あとでお金を回収することができるとわかっているわけですから、
最初のリスト獲得、この場合だとアクセスにお金をかけることができる、
というわけです。

高い成約率のページ × 買ってきた大量のアクセス = 大量のリスト

そして、

大量のリスト × 高い成約率のセールスレター = 大量の顧客リスト or 売上・利益

というわけですね。

高い成約率が出せれば、
先にリストに投資することで大きなリターンを得ることができる。

でも、
成約率が低ければ、何も始まらない。
ゼロに何をかけてもゼロ。

コピーが重要というのは、そういうワケなのです…

 

 

 

ゼロから12週間で売れるセールスレターを書く…

これから12週間で売れるセールスレターを書かなければいけないとしたら、あなたはどうしますか?

これがダイレクト出版の新人コピーライターも最優先で取り組むプログラムです。

http://www.theresponsecopy.jp/copywriting_program/

 

Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>