最初のクライアント

コピーライター 砂川様

僕が初めてコピーを書かせてもらったのは、とある整体院でした。

それは、ある日、たまたま僕が立ち寄ったスーパーでの出来事です。

 

レジで会計を済ませ、食材を買い物袋に入れていると、目の前のスーパー専用の掲示板に、一枚の整体院のチラシが置いてありました。

僕は、12週間コピーライティング実践プログラムで、ある程度の知識は得ていたので、そのチラシを見て、

「ここはこうした方が良い」

「ここはああした方が良い」

と自分勝手にチラシのコピーを評価していました。

 

そして、その1週間後。

また同じスーパーに立ち寄ると、今度は、そのチラシがカスタマイズされていました。

と言っても、整体コースの料金表をホッチキスで添付してあるだけだったのですが・・・。
それを見て僕はこう考えました。

「チラシを出すという事は、お客さんを集めたいということに違いない。そして、カスタマイズしているということは、それだけチラシ作成に力を入れているのではないだろうか?」

しかし、そこに置いてあったチラシは
明らかに反応がなさそうなチラシでした。
据え置きしてありましたが、数も全然減っていません。

 

「僕に何かできることはないか?」

そう考え、そのチラシに書いてある住所に手書きでお手紙を書きました。

「あなたのチラシ書かせて下さい」と。

 

すると、3日後、
その整体院から僕の携帯に電話があり、

「本当に書いてくれるんですか?」
と、かなり疑り深い感じで質問されました。

 

そこで契約の話まではいかず、「ちょっと考えさせて下さい」となり、電話はいったん終了。

 

1週間くらい経っても返事がないので、

「まだ疑っているんだろうな。無理もないよな。いきなりチラシ書かせてくれなんて怪しさ丸出しだもんな」

と思い、今度はその整体院のチラシを「ここをこうするともっと良いと思いますよ」と、レビューし、それをレポートにしてその整体院に郵送しました。

 

すると、すぐさま反応が来て、
「書いてほしいんですけど、料金はおいくらですか?」
と聞かれ、その後契約に至りました。

 

地元のスーパーは掲示板があって、地域のイベント情報などのポスターなどが張ってあります。

その他、整体やカイロ、ヨガ教室などのチラシも張ってあります。

チラシを張ってあるということは、集客したいという想いがあるからだと思います。

集客したい店舗経営者とコピーを書きたいコピーライター。
マッチングする確率は高いと思います。

 

後で聞いた話ですが、その整体院にも、飛び込み営業のセールスマンや電話営業で、
「広告出しませんか?」
みたいな営業があったそうです。

そういうセールスマンは全て追い返しだそうですが、
僕みたいに「手紙を送ってくる人は初めてだった」と言われました。

それが意外だったそうです。
長々とスイマセン。
最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

【寺本からのコメント】

砂川さん、ありがとうございます!
なるほどとてもユニークな方法ですね。

特に僕が好きなのは、
先方にレポートを送ったところ。

これがいいのには2つの理由があります。

1つ目は単純に、フォローアップしたこと。

見込み客にきちんとフォローアップを
かけた行為そのものが、スバラシイ!

 

2つ目は価値提供。

レポートを送って役立つ情報を提供することで、
単なる「セールス」ではなくなっているところです。

今回は先に価値を提供することによって、
売り物である「コピーライティングサービス」の
価値を正しく伝えることに成功しました。

 

結果、競合との比較がなくなり、
相応の対価を払ってもらえるようになります。

「料金はおいくらですか?」というやり取りで、
単なる「買ってください」「無料でいいので試してください」という、
お願いセールス、安売りとは違った風になっているのがわかるでしょう。

砂川さん、
価値ある情報のシェア、ありがとう!!

0を1にするところが一番大変なところ。
そこを見事、クリアしましたね!

今後1を10に、100に、
広げていって、またシェアしてくれると嬉しいです♪

PS.
砂川さんがシェアしてくれた話にもあった
12週間コピーライティング実践プログラムはこちらです。

http://www.theresponsecopy.jp/copywriting_program/


Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>