あいつさえ、いなくなれば…

From:寺本隆裕
大阪のスタバより

僕の知人の話。

彼には、同僚に嫌いな人がいて、
その人を辞めさせようと毎日そればっかり考えています。

「その人についてこんなにもたくさんの人が不満に思ってますよ!」
というのを集めて上司に報告したり、

会議でその人の仕事のミスを執拗に責めて、
「できない奴」のレッテルを貼って追いだそうとしています。

「あいつさえ、いなくなれば…」

知り合いから聞いた、とある社長の話。

彼は、特定のライバル業者の文句ばかり言っているそうです。

「あそこの動きは腹が立つ!目立ちすぎだ!」

「あれ、ウチの真似じゃないか?!」

「あいつさえ、いなくなれば…」

この二人のように、
もしあなたに「敵」がいるなら要注意。

あなたは自分で自分を苦しめているかもしれません。

なぜなら、

「敵」について考えること。
「敵」をどうやったらやっつけられるかを考えること。

「この敵さえいなくなれば、もっと楽しくなるのに!!!」
「あいつさえいなければ、こんなに幸せなのに!!」

と考えることは、

最もいなくなってほしい「敵」のことで頭をいっぱいにしているということだからです。
(「夢にまで出てくる」のはこのせいです。)

本当は、楽しくて幸せな毎日を過ごしたい、
楽しいことで頭をいっぱいにしたい、と思っているにもかかわらず、

そのことを考えてワクワクする代わりに
最も考えたくない「敵」のことを考えてイライラしているということだからです。

ちなみにダン・ケネディは、自分の広告コピーが敵(=ライバル)に「盗作」されることについて、
彼の集大成プログラム「レネゲイド・ミリオネア・システム」のなかでこう言っています。

「そんな奴らに対処している時間がもったいない。
そんな時間があるなら、もっと儲けることに使う。」

「敵」は腹の立つ存在かもしれません。
追い出したい気持ちもやっつけてしまいたい気持ちも、
わからないでもありません。

でもそればかりを考えて不幸な毎日を過ごすことって、
めっちゃもったいないことだと思いません?

敵を自分の頭の中から追い出す最も簡単な方法は、

「どうやって「敵」をやっつけるかを考えるのではなく、
「敵」について考えないようにすること」です。

あなたの頭の中は「敵」によって「支配されている」のではありません。
「あなた自身」が自ら敵で頭の中をいっぱいにしているのです。

あなたが何について考えるかは、あなたが決められるのです。

 


無料プレゼントキャンペーン中】ダン・ケネディの新刊本
小さな会社のための「集客」成功事例大全

ダン・ケネディから直接、ダイレクト・レスポンス・マーケティングを学ぶことができる「Nobsマーケティングレター」を新規お試し会員様へ限定無料プレゼントキャンペーン中。

http://www.theresponse.jp/gold/book/

 

Facebookにコメント

  1. ベンジャミン さん: 2013年05月28日 17:48

    悪感情はいいアイディアをつぶし、自分に返ってくると考え、嫌いな人のことは頭から除外したいものですが、実際にやるのが難しいときは、一番いいのはサンドバッグをぶったたく
    ことです。たたける状況や設備がない人は水泳やランニングなど体を動かしてきつい時に
    憎たらしいやつを思い出し、やり終えたら楽しいことを考えるのがお奨めです。

  2. 競合にパクられたら、「勝ったな」って思っちゃいますね(笑)

    ぶっちゃけ、目の前の仕事以外にフォーカスしても、なーんも得しないですよねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>