1分間セールスレター診断

コピーライター:寺本隆裕

From:寺本隆裕

今日は手短に、
あなたのセールスレターの改善点を
1分間で見つける方法をシェアしよう。

とても簡単な方法なので、
「な~んや」と軽く見てしまうかもしれないけど、、、

でも、僕が最近見ているクライアントのセールスレターの99%が、
この簡単なミスをしてしまっている。

だからきっと、
あなたもこの部分を改善すれば、、、

確実にコンバージョンを上げることができる。

それはなにかというと、、、

「普段そんな言葉使う?」

というチェック。

もし、セールスレターで、
見込み客が普段使わないような言葉を作っていたり、、、

ライターが「作った」言葉を使っていたり、、、

話し言葉で使わないような言葉を使っていれば、、、

見込み客はセールスレターから目を話すか、
あるいは心が少しずつ離れてしまう。
(自分事、という共感度が薄くなってしまう)

どうしてもセールスレターは、
「文章を書く」という気持ちで書くことになるから、

無意識に普段使わないような言い方をしてしまいがち。

でもセールスレターはセールストークだから、
「読む」というよりも「聞く」感覚なのだ。

だから、
聞いて違和感のあるような言い回しは、
読んで違和感がある。

違和感があると、見込み客の心は少しずつ離れてしまう。

結果、成約率が下がるのだ。

レターを書いたら、

「普段そんな言葉使う?」

というチェックをしてみよう。

言葉に出して、読んでみよう。

詰まるところ、
読みにくいところ、
違和感のあるところ、、、

そこがあなたの修正ポイント。

特に、

ヘッドラインを見なおしてみよう!

僕の統計上、そこにはめっちゃ高い確率で、
違和感のある言葉や表現が含まれている!

声に出して読んでみよう。

お客さんを前にして、そんな言い方する??
普段、そんな言葉使う??

コピーライター:寺本隆裕

私の思っていた「売れるコピー」は、
実は「売れないコピー」だったと気づいた…

コースが始まってすぐに、私の思っていた売れるコピーは『売れないコピー』で、自分に対しての思いは、
ド素人でもこれを学べばなんとかなる。に変わりました。

長いようで短かった12週間。ありがとうございました!
一生のスキルと確信しております。

これは実際に体験したお客さまの声です。
このお客さまが参加したプログラムはコチラ

12週間コピーライティング


Facebookにコメント

  1. 田中博康 さん: 2013年09月09日 08:51

    やってしまいますよね…
    この前、レビューしていただいたやつも、同じこと言われてました。

  2. 健@I Love Direct! さん: 2013年09月09日 06:46

    よっしゃ、チェックしてみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>