2014年の儲け話

東京行きの新幹線より、、、コピーライター:寺本隆裕

From:寺本隆裕

 
セールスライティングのことを、
儲け話の一種だと思っている人は少なくありません。

何を隠そう、僕自身も最初はそう思っていました。

 
ネットで見かける、
なんちゃらを売って**万円、
なんちゃら式アフィリエイトで**万円、
ネットビジネスでなんちゃら万円、、、

 
そんなのと同じで、
コピーライティングの教材を買えば、お金が儲かる。

そんなふうに思っていたのです。

 
実際今でも僕らのところには、

コピーをやったら稼げるようになるんですか?
このコピーの教材を買ったら本当に儲かるんですか?

みたいな問い合わせが来ます。

 
金融機関に勤めるガチガチのサラリーマンの家庭に育ち、
普通に大学を出て普通に就職した僕は、
ビジネスのビの字もまるでわかっていませんでした。

 
転職、独立。

そんな情報を探していた時に、
「ネットビジネス」で儲ける、みたいな情報を手にしました。

 
そのなかで、やっぱセールスライティングやらないとダメっしょ、
というような話があって興味を持ったのがきっかけでした。

だからそのときはアフィリエイトをやれば儲かる、
みたいなのと同じような感覚で、
このライティング教材をやれば儲かる、と思っていたのです。

 
が、、、

 
実際はそれは間違いでした。

 
そして間違いだと気づいてから、
目の前が晴れ、気持ちが一気に楽になりました。

セールスライティングとは、「キャリア」なのです。

よくある儲け話というのは、
今、この商品をここにこうやって売れば儲かるぜ!

というような話。

 
だから、ノウハウとかハウツーは、
そういう短期的な結果を謳います。

 
しかし、セールスライティングとは、

儲け話ではなくキャリアである。
職業の選択である。

と気づいてから、
自分のやるべきことがわかるようになりました。

 
キャリアとは例えば、

薬剤師とか、医者とか、
僕が以前やっていたシステムエンジニアとか、、、

 
そういうものと同じもの。

 
薬剤師になるには、
薬科大学を出て国家試験に通り、そこから病院や薬局などに就職し
キャリアを磨いていかなければいけません。

医者の場合も、医学部を出て研修医になって、、、と、
キャリアを磨いていかなければいけません。

 
システムエンジニアの場合も、

プログラミングなどのソフト面の技術、
ネットワークやハードウェアの技術、
プロジェクト管理の技術など、

いろんな勉強をして、キャリアを磨いていかなければいけません。

 
そしてキャリアを磨き、
自分が組織や顧客(クライアントや患者など)にもたらす
付加価値を高めていくことで、収入が増えていく。

 
セールスライティングも、

勉強して実践して、失敗して、、、
だんだんヒット率が上がり、出来る仕事の種類も増えてくる。

経験値が上がり自分の中でのデータベースが貯まり、
付加価値が高まることにより収入が上がる。

ほかのキャリアと一緒です。

 
ただ、

・期待される収入が高いことやスキル習得が比較的容易なこと。
・雇われるか雇われないか。どんな業種、商品を選ぶか。
 などの選択肢が広いこと。
・いつ、どこで仕事をするかが自由なこと。
・一度の仕事が継続した収入をもたらすこと。
・大きくレバレッジが利くこと。

 
など、
ほかと比べて、特に収入面でのメリットが多いという感じでしょうか。

 
もちろん、収入なんて人生におけるイチ側面に過ぎないし、
事実、収入が高い人と尊敬できる人は全然違うと思います。

 
いくら収入が高くても、こいつ、低俗やな、と思う人はたくさんいるし、

一方で、年齢も収入も関係なく、
素晴らしい仕事をしていて尊敬できる人もたくさんいます。

 
収入自慢しかすることのない人よりも、
お客さんのために一生懸命勉強して仕事をしている見習い美容師のほうが、
よっぽどかっこ良くて尊敬できます。

 
ちょっと話がそれたけど、、、

もしあなたがセールスライティングを学んでいるなら、
それはキャリアの選択であるということを意識してください。

 
自分の3年後、5年後、10年後の姿を想像して、
今の行動を決めてください。

 
もし3年間、このキャリアを磨き続けることが嫌だなと感じるなら、
あなたは向いてないからやめたほうがいいでしょう。

ほかの道はいくらでもあります。

 
僕は、6年くらい前でしょうか。
このキャリアに進むと決めたときが、
思えば人生のターニングポイントだったのでしょう。

年収600万円以上のシステムエンジニアのキャリアを捨てて、
キャリアチェンジしました。

もちろん、一時劇的に収入は減ったけど、
そのときその決断をした昔の自分に、激烈に感謝しています。

 
セールスライティングはライバルも少なくて弱いので、
数ヶ月という短い期間である程度のことを身につけることができます。

例えば、テンプレ習得コースとかに参加すれば、
2日間である程度書けるようにはなります。

しかし何度も言うように、これはキャリアだから、
そこで生み出せる付加価値は、所詮数カ月分だということです。

 
それをもっと磨けばもっと光るし、
きっと収入も伸びる。

一方、磨かなければ汚れていく。

 
それだけのこと。

 
セールスライティングは儲け話ではありません。
セールスライティングは「ノウハウ」ではありません。
コピーライター:寺本隆裕

PS
2013年も残り45日ほど。
来年から新しいキャリアをスタートしたいなら、そろそろ真剣に考える時期では?

セールスライターとしての道に進みたいあなたに、
2つの方法を紹介します。

1つは教材やセミナーで学ぶ方法。
で、もしまだこの「12週間」をやってないなら、早くやった方がいいでしょう。

詳しくはコチラをクリック

キャリアチェンジに成功した先輩たちの実績がたくさんあるし、
何よりあと2~3ヶ月で値上げになるから。

ウェブデザイナーとかの基礎スキルを学ぶのでも、
50万60万の費用がかかります。

それと比べて安すぎるという、単純な理由です。

 

もう1つは、僕らと一緒にやるという方法。
僕らは常に優秀な人材を求めています。

キャリアを磨くなら、最高の環境だと思いますよ♪

ダイレクト出版 採用サイトはコチラ

受かるヒント:
よくある間違い。「勉強させてください」はNG。
ほんとによくあるんですけど、よく考えてみてください。
雇う側からしてみたら「勉強したいなら、教材やセミナーなどがあるから、
そっちでお願い」と思いますよね??

貢献できることをアピールするのと、実際に貢献すること。
これがポイントです☆


Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>