注意!頭のいいあなたへ…(東大卒でも陥るワナ)

コピーライター:寺本隆裕

From:寺本隆裕

頭のいい人は特に、
この症状に陥りがち。

あれ?
頭のいい人って自分のことかな?

と思ったなら、
きっとあなたのことです(笑)

勉強熱心、研究熱心、仕事熱心、、、

通常ポジティブな意味で
使われるこの言葉ですが、
時にそれが、ビジネスにおいて
致命的な損失を引き起こすことが
あります。

 
「アナリシス・パラリシス」

 
例えば
セールスライティングのリサーチ

12週間コピーで
話している手順に沿って、
アマゾンを調べた。
関連本も5冊読んだ。
見込み客にもインタビューした。

でも、まだ足りてない情報が
あるかもしれないと、
ネットサーフィンを続けたり、
別のセミナーに行って
参加者の声をひろおうとした、

なんてことはないでしょうか??

 
あるいは。

新規キャンペーンを
リリースするときに、
過去のあらゆるデータを集めてきて
テーブルの上に並べ、

過去こうだったから
今回はこうすればいいんじゃないか?
いや、もしかすると
こっちのほうがいいかもしれない。

ちょっとまてよ、もっといい方法が
あるかもしれないから、
関連のセミナーとか
教材はないだろうか?

と、思ったことはないでしょうか?

 
セールスライティングの
クライアントの取り方について。
セミナーに行って人にあって、
「コピーライター」と書いた
名刺を交換する。
人に紹介してもらう。
とりあえず無料で書かせてもらう。

なるほど。
でもこれ以外にも
まだ方法があるのかもしれない。

で、もしかすると
ソッチの方がもっと楽で、
いいクライアントが取れる
かもしれない。

と、自宅でパソコンを前に
情報を探したことはないでしょうか?

 
もっとスキルアップ
してからじゃないと
コピーは不安だ、と、
とにかく自分の知らない
知識の隙間を埋めるため、
次々に勉強をする。

本、教材、
ネットで拾える無料の情報、、、

そして、
あれ?この本にはこう書いてる
けど、こっちにはこう書いてる。

どっちを信じればいいんだろう。

と、迷ったことはないでしょうか?

 
もしあなたに
こういう経験があるなら、
それは、

「アナリシス・パラリシス」

という症状です。

 
アナリシス・パラリシスは
分析麻痺という意味で、
分析にはまって前に進めない
状況のことを言います。

色々と考えすぎて、

「何が正解なんだろう・・・」
と心配になるあまり、
また、失敗しちゃいけない
という責任感のあまり、

いつまでも前に進めない
状態のことを言うわけです。

 
でも、

 
実際、
問題解決系の教科書を読むと、
ある一定の情報量を超えると、

その問題の「解決策」にたどりつく
確率が、逆に下がってしまう、
と言われています。

ある程度までの情報を
集めることは役に立つけど、
それを超えると逆効果になる
というわけですね。

 
特に、マーケティングや
セールスライティングなんていうのは、
答えのない世界。

書いたコピーを
実際に市場に出してみて、
売れれば正解だし、
売れなければ失敗なのです。

コピーを作るのにかかった時間や
分析した量は関係ありません。
売れるか、売れないか、
ただそれだけです。

クライアントが取れるかどうかも、
相手あっての話なので、
こっちのノウハウよりも、
相手がその気になるかどうか、
だけです。

 
僕らはビジネスで
やっているわけですし、
時間は無限にあるわけでは
ありません。

 
分析中毒家は自滅する。

 
ビジネスにおける最大の損失とは、
時間を損することです。

 
ある程度の情報が集まれば、
とにかく素早く、そして
リスクが最小になるようテストして、
素早くフィードバックを得ましょう。

 
コピーライター:寺本隆裕

 
PS
不安なら、とりあえず2時間半で、
このレベルの分析をしましょう。

詳しくはコチラをクリック


Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>