多分これ↓、最も使われてないコピーのテク。

コピーライター:寺本隆裕

From:寺本隆裕

最近、ダン・ケネディ
「究極のセールスレター」
を読み返してたら、
こんな記述がありました。

ジョー・シュガーマンの本にも
載ってるし、きっと、
ちょっとコピーを勉強したことの
ある人だったら、
みんな知ってるような
「基礎的な」テクニック。

でも多分これ、

そういった
「基礎的」と言われていて、
使うのにそれほど練習も必要ない
テクニックの中では、

最も使われてないものの
一つじゃないか、と思います。

コピーの信頼性を一気にアップさせ、
同時に成約率もアップさせられる
方法です。

ではその本の一部をシェアしましょう。

↓↓↓

====

「不利な点を認めると
「信頼」につながる」

どんな商品・サービス・オファーにも
ぱっとしないところはある。

完璧なものなどないし、
そんなことは誰にでもわかっている。

オファーの不利な点を認めて
正直に言ってしまうと、
手紙を読んだ人はたいてい
「信頼できる」と評価してくれるのだ。

これは
「不利を認めるコピー」とも言う。

次の例を見てみよう。
こじんまりとしたイタリアンレストランが
住宅地域に送ったセールスレターの例だ。

**
もしイタリア料理を
食べに出かけるなら、
ウェイターはタキシードを着て
腕には白いナプキン、
読めないような言葉だらけのメニュー、
高価なワインを
銀製のワインクーラーで、
というようなところがお望みでしたら、
当レストランは場違いです。

でも、もしお望みが、
本物のしっかりした自家製パスタ、
イタリア人のマンマが新鮮な野菜や
スパイスから作る風味たっぷりのソース、
白いテーブルクロスの代わりに
赤と白のチェックのナイロン製クロス
でよろしければ、
当店はきっと気に入って頂けます。

ワインは赤と白の2種類だけですが、
お食事には無料で
無制限にサービスしていますので、
お好きなだけ飲んで頂けます。
**

このレストランのオーナーは、
競争上の不利な点を逆手に取り、
手堅く「茶目っ気のある」話に変えて
うまく売り込んでいる。

====

by ダン・ケネディ

さてどうでしょうか?

あなたのコピーは、
いいことばっかり言ってませんか?

100%本当に、自信を持って
約束しきれないようなことも、
コピーだから、文章だからという理由で
言い切ってしまっていませんか?

明らかにスグバレる、
あるいは見込み客が
絶対に気にしていそうな欠点を、
隠そうとしていませんか?

ダン・ケネディはこれを、
部屋の中にいる大きな象
と呼んでいます。
まず「それ」をなんとかしないと、
落ち着いてセールスを受ける気に
ならないのです)

見なおしてみましょう。

セールスの基本は、
正直で誠実であることです。

言葉巧みなテクニックで、
相手を言いくるめることでは
ありません。

コピーライター:寺本隆裕

ゼロから12週間で売れるセールスレターを書く…

これから12週間で売れるセールスレターを書かなければいけないとしたら、あなたはどうしますか?

これがダイレクト出版の新人コピーライターも最優先で取り組むプログラムです。

12週間コピーライティングプログラム


Facebookにコメント

  1. I’m so glad I found my soluoitn online.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>