菅直人、勝利とあなたの関係

From:小川忠洋
大阪のスタバより、、

代表戦が終わった。ご存知のように、民主党の代表戦で、現役首相の菅直人さんが勝利した。ここ数週間というものの、TVのニュースはこの代表戦の話でもちきりだった。どのチャンネルかけてもこのニュースを見ない日はない。そんな日々が続いた。

 僕自身は、どっちを支持してるわけでもない。だから、何で今さら代表戦なんかやってんだ?さっさと仕事してくれればいいのに・・・それで法人税下げて消費税上げればいいのに・・・と思いながらこの政局を眺めていた。

しかし、この代表戦、
実は我々の仕事に深く関係している。

 もちろん、法人税や消費税が変わったとしたら、それはそれは深く関係するだろう。しかし、これらの事は、きっとこの代表戦がなかったとしても、同じように進んでいくような気がする。我々、コピーライターの仕事にもっと深く関わってるのは・・・

このニュースそのもの

 そう。このニュースそのものだ。考えてもみてほしい、ここ数週間というものの、管さんVS小沢さんの代表戦の事を知らない国民はほとんどいなかった。誰もがこの代表戦のことを知っていたし、注目もしていた。

 広告を書く人間として、この「注目」というのは最も貴重で最も得難いものである事を理解しておかなければならない。となると、すでに注目があるニュースと言うのは、とても使いやすいリソースでもあるのだ。

『広告とは印刷された営業マンだ』

 と、昔々ジョン・ケネディがこう言ってから広告の歴史は変わったと言われている。しかし、彼が広告の定義をこうする前には、広告は何だと思われていたのか?彼の時代に、最も広告で成功していた男は、”広告とは、ニュースだ。商品やサービスに関するニュース”だと言っていた。

 コピーライティングを学んでいくと、商品やサービスのベネフィットの事ばかり考えてしまいがちだ。しかし、彼が言うようにニュースそのものもとても大切な要素になる。そして、ニュースは、広告で最も難しい仕事、つまり見込み客の注意を引く、という仕事をたやすく達成してくれる。

菅直人VS小沢一郎

 もしあなたが、先週くらいまでに、このニュースを自分の広告に使ったら、あなたの広告が成功する確率は格段に上がったことだろう。我々のような、広告やセールスレターを書くコピーライターは、こういう大衆が今どこに注目しているのか?という事に常に意識を配らなければならない。

 最後に、彼の言葉を紹介しよう・・・

『まず、ニュース性だ。広告を読んでもらうために、タイトル。最初のラインはニュースのように見えるよう努力する。』

『ニュース自体は、広告の主題と自然にマッチしなければいけない。』

byジョンEケネディ(広告の歴史を変えた男)

 じゃあ、あなたのセールスレター、広告にはどんなニュースが使えるだろうか?

-小川忠洋

PS:
『社長のための時間の使い方』ヘッドラインのテストは、そろそろスタートする。今は別のテストをやっているのでそれが終わり次第スタート。誰が勝つか、楽しみに♪


Facebookにコメント

  1. 富田 さん: 2010年09月20日 10:42

    自分もアフィリエイトを始めたばかりで
    セールスレター キャッチコピーなどどうやっていいのかわからず
    ppc広告をみたり、メルマガ等や本などで勉強中です
    新聞など注意して読んでます
    今日の話ではとても参考なります

  2. 小川さん
    いつもいつも有益な情報をありがとうございます。

    「海パン姿の起業家が最低”年収を7倍にした秘密」

    こんな本がニュースに出たら、事件になりそうですね。
    いや、事故かな??^^;

  3. 笠明廣 さん: 2010年09月17日 11:46

    菅か小沢か?と言えば
    そう皆さんお分かりのように民主党代表選
    これからは消費税引き上げ、雇用、景気対策、マニフェスト見直し、
    煙草の値上げ、消費者の給与は上がらない、国民は悲鳴を上げ、
    国民は今後の政局運営に多大な関心と期待を持っております。
    政権交代による生活一新を?

  4. 森川 さん: 2010年09月17日 09:09

    とある不動産のトップ営業マンがこんな事言ってました。

    営業マンはちょっとしたニュースを自分の商品に関連付ける能力が必要だと。

    きっとトップマーケッターだったらこの代表選挙
    に関連をしたニュースレターを書けるんですよね。

    ネタはどこにでもあると言うことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>