「収入のことを気にしていては、いい仕事なんかできない」

コピーライター:寺本隆裕

From:寺本隆裕

昨日の夜、久しぶりに、
コンサルタントコンサルタント
北岡さんと食事に行きました。

北岡さんに会うのは2ヶ月ぶり。

2月に一緒に石川に行ったきりです。

 
ちなみに石川では、
飲食店コンサルタント
ハワードジョイマンさん主催で、
7人で、全メニューが時価の
海鮮のお店に行きました。

魚、エビ、貝、カニ、、、

全部がめちゃめちゃうまくて、
今まで食べた海鮮の中で
最高だったのですが、、、

お腹いっぱい食べてお会計を見ると、
なんと24万円。
7人で行ったので、
ひとり3.5万円ほどのお会計です。

その場のノリで、誰が支払うか
じゃんけんで決めようということになり
人生でベスト5くらいの気合の入った
じゃんけん大会となりました。

僕はなんとか勝てて、
タダ飯になりましたが(笑)

 
で、昨日、
北岡さんとこんな話になりました。

 
寺本
「最近、旅行行きまくってますよね」

北岡
「そうなんですよ。
台湾に行って、帰ってきたと思ったら、
次は北海道でしたからね。」

寺本
「東京にも
ちょくちょく行ってますよね。」

北岡
「そうですね。」

寺本
「仕事ですか?遊びですか?」

北岡
「最近はどっちかというと
遊びのほうが多いですね」

寺本
「そんな気がしました(笑)
最近は、そういった
ライフスタイル重視な感じを
押してるんですか?(笑)」

北岡
「いや、ちょっと違うんです。」

 
そう行って北岡さんは、

「選択できる」という価値観
について話してくれました。

 
つまり、

もっと働いてもっと稼いだり、
ビジネスを「成長」させたりするのも、

そうでなく、
遊びやライフスタイルを重視するのも、
自分の選択でできるようになる、
ということを押しているんだ、

ということです。

 
「働かなければいけないから働く」

のではなく、

「働いてもいいし
 働かなくてもいいが、働く。」

「働いてもいいし
 働かなくてもいいから、働かない。」

 
「今は働くが、来月は働かない。」

 
そういった選択ができる
ということが大事だ、ということを
伝えているのだということです。

 
これについては、
僕もだいたい同じような
考えをしています。

つまり、、、

自分の人生を
自分の思うとおりに生きるとか、、、
閉塞感ではなく、
自由な感覚を持つとか、、、

そういうことというのは、
自分がどれくらいの選択肢を
持っているか、ということで決まる
ということです。

 
たとえば、

一つの会社でしか
あなたが価値提供できないなら、
あなたはその会社で働く以外に
選択肢がないということになります。

あなたが一つの商品しか
売ることができないなら、
あなたはその商品を売る以外に
選択肢がないということになります。

 
でも、

どこに行っても重宝されるスキル。
どんな商品でも売るスキル。
どこにいてもクライアントに
価値提供できるスキル。

そういうものを持っていれば、
選択肢の幅が広がり、
仕事の依頼を「断る」ことが
できるようになります。

それが、自由につながります。

 
そして、そういった選択ができる人、
つまり、

働きたいから働くんだ、

という人こそ、
いい仕事ができるんじゃないか、
と思っています。

 
マーケティング。
セールスライティング。

 
このスキルがあれば、
選択肢は大きく広がります。

そこをしっかり固めて、
収入の心配をしなくてよくなれば、
自分の本来やりたい仕事に、
120%没頭することができるわけです。

 
さてあなたは今、
どんな選択肢を持っていますか?

 
クロネコヤマトの
小倉昌男さんが言っていました。

「収入のことを気にしていては、
いい仕事なんかできない」

と。。。

コピーライター:寺本隆裕

 
PS
今日の価値観に共感できた?
それならこれでスキルを磨いていきましょう。

詳しくはコチラをクリック


Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>