あなたの仕事、やる意味ある?

コピーライター:寺本隆裕

From:寺本隆裕

前職で、
システムエンジニアをしていました。

システムエンジニアの仕事とは、
ご存知の通り、
お客さんの業務が効率よく回るような、
コンピュータ・システムを提供すること。
コンピュータ・システムそのものが、
お客さんの商品やサービスであることも
よくあります。

僕が担当していた業務は、
クレジットカード関連の会社の
システム開発。

システムがトラブると
クレジットカードが使えなくなるので
大損害。

例えばネットショップなんかで
カード決済ができなくなってしまったら
売上は大打撃ですし、カードユーザの
信頼も下がってしまいます。

というわけで、SEの仕事は、
ミスが許されない仕事でした。
(というか、多くの仕事は
ミスが許されないと思いますが・・・)

ちなみにその中で僕の仕事は?
というと、
クレジットカード会社の人と話して、
どんなシステムにするのか?
ということを検討して、
システムの仕様を決める事。

そしてそれを、プログラムを作る人
(プログラマー)に回して、
彼らが仕様通りに仕上げるよう、
管理すること。でした。

SEという職種の中でも、
プログラムを組んでいる人もいたり、
システムを管理している人もいますが、
僕の場合はこういった、
お客さんとの仕様検討と、
プロジェクト管理がメインの仕事でした。

基本的に
パソコンを使って仕事をするけど、
使うソフトは、
メールとエクセルとワード。
あとはインターネットブラウザで動く
プロジェクト管理ソフト。

一般の人がイメージしている
いわゆるSEのイメージのように、
ホストコンピュータにアクセスしたり、
プログラミングのソフトを使うことは
ほとんどありません。

多くのSEと同じように、
日々の仕事は相当ハードでした。

お客さんから
新しい仕様の話がやってくる・・・
プログラマが
納期通りに仕上げてこない・・・
ハードウェアのトラブル・・・
他プロジェクトの遅れで
影響を受ける・・・

など、日々イレギュラー対応との戦い。
夜の11時から
お客さんの会社に行って打ち合わせ。
始発で帰って風呂に入って少し寝て、
また9時に出勤、
なんてこともありました。

遅れているところはどうする?

こういった仕事であれば、
当然「遅れているところを
どうやって取り戻す?」というところに
焦点が当たります。

どうやって遅れをリカバリするか?
遅れているところに、順調に行っている
ところから人員を移すか?

など、うまくいってないものを
うまくいかせるために、
パワーを割きます。

こういうタイプの仕事は
良くあると思います。

受験で言うところの
「弱点克服」みたいなもの。

数学が入試に必要で数学が苦手なら、
得意な英語の勉強時間を減らして、
数学の時間に充てます。
(ちなみに僕は高校3年の頃、
世界史が超苦手でした。
というか、理系に進もうと思っていて
世界史は受験には不要だったので、
完全に無視していました。
(テストの点数は、のび太並み)
その時の担任の先生は
世界史の先生でしたが・・・)

ですが、こと、マーケティングについては、

この考え方は全く逆です。

もしかしたら、
今あなたがやろうとしている
キャンペーン。企画。仕事は、
やっちゃいけないかもしれないので、
ぜひここから、
少し注意して読んでください・・・

やっちゃいけない仕事

==================

やっちゃいけない仕事 サンプル 1:

商品が10個ある。
売れ筋商品が2つある。
残り8つはなかなか売れない。
何とかしてこの8つを、
売れ筋商品並みに売れるようにしたい。

→「弱点克服」の考えで、
売れてないものを何とか売ろうと
するのですが、これはよくある間違い。

売れているものには売れてる理由。
売れてないものにも売れてない理由
があります。

売れてるものをもっと売るのに
時間とお金と労力をかけるべきです。
売れてないモノを売るより、
費用対効果、労力対効果は
何倍もあるでしょう。

==================

やっちゃいけない仕事 サンプル 2:

新商品を出した。ヒットした。
よし!この勢いで、
次の新商品も作ってヒットさせよう!

→ ブブーッ!

これもだめ。ヒットしたなら、
それをもっともっと、売りましょう。

その商品をもっと売るために、
新しいメディア(ネット、DM、
チラシ、など)を使ったり、
新しいキャンペーンを作ったり。
あるいはジョイントベンチャーを
やったり広告費を増やしたりして、
売れてるものをもっともっと
売るべきです。

==================

やっちゃいけない仕事 サンプル 3:

ある商品を作った。
売れなかったが開発にお金が
かかったので、元が取れるまで
その商品を前面に押し出した。

→ 考えてみましょう。

例えば1ヶ月間、
その商品を押し出して
やっと100個売れたとします。

それで何とか元が取れたとしても、
実はその1か月間、とてももったいない
時間の使いかたをしている可能性が
あります。

例えばその1か月間で、別の、
普通に売れてる既存の商品を
プロモーションしていれば、
同じ期間でもっと売上を
あげられたかもしれません。

「投資した⇒だめだった」

というのは、よく、よくあることです。

そこでありがちな間違いが、
その投資したもので
元を取ろうとする考え方。

商品Aに投資した分は、
なんとか商品Aで元を回収しよう。

ではなく、
商品Aの投資損失分は、
売れてる既存商品Bや、
次に作る新しい商品で回収しよう、
ということを考えた方が、
時間効率がいいのです。
(サンプル1参照)

==================

やっちゃいけない仕事 サンプル 4:

商品Aと商品Bと商品Cを売るために、
新しくサイトを作りたい。
同じようなデザインでいけるので、
商品Aを作ったらそれをコピーして、
商品B、Cのサイトを作った。

→ 「コピー」していいのは、
それがうまくいっている場合だけ。
うまく行っていない。あるいは、
うまく行くかどうかわからない
サイトをコピーしても、
ダメサイトが増えるだけです。

正しい順番は、

商品Aを売るサイトを作る

サイトのコピーをテストしたり
デザインをテストしたりして、
このサイトを、徹底的に最適化する

アクセスを増やしてもっと儲ける

更に改善を加える

アクセスを増やしてもっともっと儲ける

アフィリエイトやほかの広告媒体など、
改善したサイトにレバレッジをかける

もっとレバレッジをかける

もっともっとレバレッジをかける
または、このサイトとプロセスを
コピーして、商品Bのサイトと
プロセスを作ってテスト

場合によってBを
バックエンド販売してもいいと思うし、
別の商品を作ってもいいと思います。

が、ポイントは、
コピーする前に最適化せよ、
ということです。

==================

「やらないこと」を決めることは、

マーケターにとってとても重要な「仕事」。

以下のフローが、
ガイドラインになるかも。

色んなアイディアを試すこと
(小さくテスト!素早くテスト!)

うまくいくものを見つけること
(うまくいかないものは切り捨てる!)

それを、最大にまで伸ばすこと
(うまくいっているものに
  フォーカス!)

それを、コピーすること
(うまくいったもののコピー
 =うまくいく可能性大!)

コピーライター:寺本隆裕

PS
2008年に僕が
英語をむっちゃ苦労して読んだ
思い入れのある本。監訳しました。

ウェブ・セールスコピーの法則


Facebookにコメント

  1. 砂川 さん: 2014年04月22日 05:58

    寺本さん
    こんにちは!

    コピーライターの砂川です。

    まさに最近の僕にピッタリな記事
    でした。

    最近は、一つのリードジェネレーション
    に固執してしまいそうになっていた僕。

    一つのオファーに頼ってしてしまいそうに
    なっていた僕。

    そんな僕にはとても良い
    ガイドラインでした。

    ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>