人を動かすモチベーションの力

ジョン・カールトン

From:ジョン・カールトン

モチベーションに関する
興味深い話があります。

調査によると、新年の抱負として
禁煙や減量の「計画」というのは、
失敗することが保証されたような
ものだということです。

やめる、減量するために
唯一確実な方法は、
健康上の危機を迎えることです。

私自身それを経験しました。

ハリウッドの名優
ハンフリー・ボガートに憧れ、
10年間タバコを吸っていた私は、
タバコを口にくわえていると
スマートに見えるという妄想を
抱いていました。

やめたのは、
重度の気管支炎であやうく肺炎に
なりかけてからです。

2年間というもの、
病気になってはやめて、
また吸い始めて、また病気になって、
そして2回目でついに完全にやめました
30年以上も前のことです。

今でも時折無性にタバコを
吸いたくなります。
ライティングの休憩時間に
身体をニコチンで満たすこと以外に
喜びの代わりになるものは
ありません。
本当に代わりはないのです。

とはいえ、私は吸いません。

どうも、悪習慣や理想的とは言えない
体重から脱しようと必死な人ほど、
見事に失敗するようです。

大勢の友人たちが
催眠術やカウンセリング、
それに数多くの技(タバコを
取り出すのが面倒になるように箱を
輪ゴムで巻くなど)を試したことを
知っています。

強制的な鍛錬を伴ったり、
いっぺんにやめたりするような方法は
あまりうまくいきません。

アトキンスダイエットのような
気の狂ったようなダイエット法を
試した友人たちは、
その主旨に耐えられないほど退屈
しながらも熱心に続けていましたが、
ある日突然ギブアップしました。

私は人生の変化について
何十年も研究してきました。
たった一夜で人生を劇的に
変えることができるという、
いい見本が私です。

それも、必要なものは
ほんの少しのツールだけです。

それは、
山積みされた自己啓発本
(「思考は現実化する」など)や、
自分がたどりたい道を見据えて、
失敗というオプションを認めない
「決死の」覚悟です。

それでも、変化を目の当たりにした
友人たちでさえ、それが
自分にも応用できることを拒否します。
私が彼らの愚痴をさえぎり、
具体的な手段をすすめた途端、
その問題について話すのをやめるのです。

彼らは本当の意味で、
まだ変わる準備ができていないのです。
ただ惨めな気分に浸りたいだけで、
選択肢があることを
思い出させようとすると、
腹を立てます。

友人は、誕生日に
頭をガツンと殴られるような
経験をしました。

突如として、もう若くて可能性に満ちた
青年ではないと気が付いたのです。

「成長する」(彼の言い方によれば)
機会が減る一方の、中年です。
人生でやりたいことをするか、
人生に「待ったをかけ」、
単調でつまらない仕事を
習慣として続けるか。

彼は落ち込んでいました。
よくないことです。
どうすればいいのでしょうか。

人生で、本当に望むものを一度も
追い求めていないという事実を
単に受け入れるのです。

恥ずかしいことでしょうが、
考えられない選択というわけでは
ありません。

念のため言っておきますと、
友人は私に助言を求めません。
私がなんと言うか、
彼は知っているからです:

少しの間ブラブラしたら、
新たな目的とモチベーションを持って
人生に飛び込むのです。
欲しいものを追い求めましょう。
人生には「やり直し」スイッチが
あるとか、時間が過ぎた後でも
別のチャンスがあるとか、
そんなふりをするのはやめましょう。

もしあなたが生活を変えるのを避けたり
あるいは変化が煩わしかったりすれば、
それが原因で、
幸せでないまま死ぬだろうと
分かっているでしょう。

あの小説を書かなかったとか、
インドに旅行しなかったとか、
タトゥーを入れなかったとか、
それが何であれ、
そのせいだと思うでしょう。

先回りして落ち込むのはやめて、
今すぐ変わりませんか?

私は真剣です。当然でしょう?

あなたの“生態”は
あなた自身にかかっています。

強烈なモチベーションがなければ、
人は変われないため、
計画が全て失敗する可能性が
大きいのです。

もう一度言いますと、
難しいルールではありません。

健康上の危機や精神的な衰弱に
見舞われなくても、
本当に変わる人は大勢います。
彼らは運が良いというわけでも
ありません。ゾンビのように歩き回り、
運命が干渉してくるのをただ待つのを
止めただけです。

人生は一度きりです。
与えられた時間内であなたがすることは、
完全にあなた次第です。

今あなたがやっていることは、
過去のあなたの選択の結果です。
多くは取り消しができませんが、
それがどうしたというのです?

現在、人々は子供と一緒に旅行します。
小説家は本業をこなしながら
素晴らしい作品を書きます。
家族像の変化がライフスタイルも変え、
みな郊外を出て行きました。

無一文で教養に欠ける人々が
情報化時代をうまく利用して、
裕福で情報を持つようになりました。

他の道を追ったからといって、
すぐにあなたが望んだ、
たくさんの幸せな時間と夢のような
生活がやってくるわけではありません。

しかし、
最初のステップを踏まなければ、
探しているものが見つからないのは
確かです。

本当に、
つまるところは
モチベーションなのです。

お元気で。

ジョン・カールトン

PS
今の仕事だとあなたはどんなことで
モチベーションが上がりますか?
もし新しい何かをさがしているなら、、、

詳しくはコチラをクリック


解説:

何を成し遂げるにも、
どうしてもそれを成し遂げるんだ、
という決死の覚悟、
強いモチベーションが最も必要です。

なぜなら、ほとんどの場合、
あなたはあなたが欲しい物を
手にするために(あるいは
悪習感を断ち切るために)、
今、何をすべきか
わかっているはずだからです。

マーケティングが
いつまでたってもうまくならないのは、
セールスコピーを書いてないから
かもしれません。

勉強ばかりしているから
かもしれません。
実際に実行して、失敗して、
恥をかいていないからかもしれません。

あるいは、、、

マーケティングよりも、
飲み会や遊び、
「ぐっすり寝てスッキリ起きること」を
優先しているからかもしれません。

あなたはなぜ、
それを成し遂げなければ
いけないのでしょうか?
その理由は何でしょうか?

寺本隆裕


Facebookにコメント

  1. 決死の覚悟。
    ありますっやりますっ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>