コピーは書くな

From:小川忠洋
大阪のスタバより、、

たった今、セールスレターを一つ仕上げ終わった所。このセールスレターは、ネクストリーダーサミット2010の集客のためのレターで、スパイ・ダンケネディ・コピーを購読している人やその他のメンバーシップに参加しているメンバーに送られる特別なレター。

90分でしあげた。

なんでこんな話をするかというと、理由は簡単。このセールスレター書き出したのが10時くらいで終わったのが11時半くらい。正味、90分で終わった。はっはっは!すげぇーだろ?と自慢するために書いているわけではない。

ぶっちゃけ90分でセールスレターをゼロから仕上げるなんて事は、まあ無理な話。しかし、なんでそんな事ができたか?というと、何だと思う???ヒントは、あれだよ。あれ、このメルマガでも何度も言っているス○○○を使ったんだ。分かった?

そう。スワイプファイル。既に効果が出たセールスレターから、いろいろ拝借して、作った訳。今回、スワイプにさせてもらったのは、この世界では超有名なウォールストリートジャーナルのセールスレター。もし、あなたがコピーライティングに関して少しでもかじっているなら、(ま、このメルマガを読んでいる時点でだいぶ学んでいるとは思うが)このレターを知らない事はないだろう。

このセールスレターのコンセプトは、、、

全く同じような成績の二人の男が25年前に大学を卒業する。そして、25年後の同窓会で再会。今でも、二人は同じような感じだった。同じ会社で働いていた。しかし、たった一つだけ違いがあった。それは、一人は、その会社のマネージャー、一人はその会社の社長。その違いは何なのか?違いはウォールストリートジャーナルを読んでいた。

という話。これがとてもいい感じにフィットしたので、今回は、このスワイプを参考にセールスレターを書かせてもらった。なので、時間は大幅に短縮する事ができた。これがなかったら、自分でアイディア考えて、自分でストーリーを考えてってやらなきゃいけないから、とっても大変。1週間かかっても終わるかどうか分からない。

理想のセールスレターは書けない

だいたい、僕がセールスレターをゼロから書くときは2週間くらいはかかる。しかし、毎回、毎回、こんなに時間をかける余裕はない。何故なら、大抵のケースで、プロジェクトにはデッドラインがあるからだ。デッドラインのゆるいプロジェクトだったら、セールスレターに時間をかけて、かなりいいものを作る事もできるが、現実はそうじゃない。

現実は限られた時間の中で仕上げないといけない。だから、僕らはスワイプファイルを使う。スワイプファイルを使って、他の人がやった仕事の成果を合法的にもらう事にする。

コピーライティングに関するイメージを変えたら?

我々、コピーライターはどうしても、「いいものを書こう」「いいものを作ろう」という気持ちが強い。なんてったってコピーライターだから、いいものを書かなきゃいけない。しかし、ここで一つ、コピーライティングに関するイメージを変えてみてはどうだろう?

実際、我々は小説を書いたり、糸井重里のようなコピーを書いたりする人ではない。我々は、「売るために」コピーを書く、「セールス・コピーライター」だ。だから、できるだけいいものを作ろうとか、できるだけいい文章を書こうというよりも、「売る」という事にフォーカスした方がいいと思わないか?

うちでも新しい人にコピーを書かせると、そいつは大抵、自分の作品を作る気分に浸ってしまう。『スワイプの真似すればいいから、』と言ってスワイプファイルを渡しても自分の頭で、”クリエティヴ”に考えようとする。そんな時は、ウチの9階のオフィスから、ちょっとゆるめのロープでバンジージャンプをさせてやろうか、と思ってしまう。

我々は、セールス・コピーライターなのだ。

この文章で大切なのは、コピーライターの方ではなく、”セールス”の方だ。売るんだ!それが仕事だ。いいコピーを書いて、「うーーん、秀逸だ!」などと読者や評論家をうならせる事が仕事ではない。我々の仕事は商品をできるだけ多くの人に売る事。それだけだ。

もし、あなたがいいコピーが書けない、、、と悩んでいるようなら、そんなもんで悩む必要はない。売れれば勝ちだ。売れれば稚拙な文章でもいい。売れれば、漢字が間違っていても、文法が間違っていてもいい。営業マンがセールストークで文法間違ったからと言って怒る上司がいるだろうか?

セールス。これが我々の仕事だ。

-小川忠洋

PS:
これを読んだ上で、もしあなたがまだ『億万長者のセールス戦略』を読むのをためらっているなら、、、、僕が9階からバンジーしたい気分だ。
http://www.directbook.jp/bos/read/


Facebookにコメント

  1. お世話になります。

    最近、コピーの仕事が増えてきたのですが、
    プロモーションの都合で、1日~3日で仕上げなければいけないなど短納期のものもあり、この考えが非常に腑に落ちます。

    ちなみに、ダイレクト出版さんのレターを全て印刷して、
    スワイプファイルとしていつも使わせてもらっています。

    おかげで、短期でレターが作成できるようになりました。

    ありがとうございます。

  2. 笠明廣 さん: 2010年11月19日 11:26

    コピ-を書くときついつい次の仕事に繋がるように、
    いい文章を書きたいといろいろ考え、肩に力が入る。
    小川社長が離されるように、人が感心するような文章より、
    いかに商品を売るか、売れるか?と言うコピ-を書き、
    結果がすべてであると言うこと。
    そのためにはいろんな有名人のコピ-も参考に、
    大変勉強になります。

  3. 宮崎辰也 さん: 2010年11月19日 10:31

    時々、仕事の本来の目的を忘れることってあります。
    それは、良いサンプルがあるのにそれを参考にしないで
    オリジナルでしようとすること。

    若いうちって特にその傾向が強いのかなって思います。
    経験を積んでくると、時間も限られた中で成果を求められるので
    「マネした方が早いやん。」
    ってことに気づくのです。

    大事なのは、最終的な効果なんであって、
    きれいにやろうとか、実はそんなに重要じゃない。

    マネした後で、なぜそれが良いかを考えれば
    良いんじゃないかなって思うようになりました。

  4. 富田 さん: 2010年11月19日 08:12

    お世話になります
    あっと思いました
    そうなんですね
    とりあえず売れればいいんですね
    でも、その後の
    アフターフォローは
    ちゃんとしなきゃいけないと思う
    売りっぱなしじゃいけない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>