あ”あ”あ”っ、、、集中できん!


『困る寺本』

From:寺本隆裕 ダイレクト出版
大阪のスタバより(午後)、、、

あ”あ”あ”あ”あ”っっっ、、、
集中できん!

今は午後3時。
セールスレターを書いている。

でも、筆が進まない、、、
ご覧の通り、写真を撮ったりしてしまいます。

セールスレターの締切までまだ時間があるというのもあってか、なかなか集中できません。

耳にイヤホンをいれてるのは、北岡さんが作った「聞くだけで集中力の高まる音」を聞くため。「音」に詳しい人に作ってもらったそうで、いつも活用させてもらってるんですが、、、今日は効果なし。無駄にMacBookAirの電池を消耗するのみ。

なぜ今日はこんなに集中力がないのでしょう?

というのも、ダンケネディのオフィスと通訳を入れたスカイプミーティングが朝8時からあったのですが(時差の関係で向こうの時間は夜の6時)、普段、朝一でミーティングを入れることはありません。普段朝一番は一日の計画を立てることから始まり、最初に大事なライティングの仕事をします。(ケネディのところとのミーティングも、滅多にあるもんではありません。)

しかもこの日は、ヤニク・シルバーとのミーティングも10時からの予定でした(これもめったにないミーティングです)。ですが連絡違い・勘違いが重なり、結局10時20分頃になっても始まらず、やむなく再度日程調整が必要に・・・。

そんなこんなでペースが狂ってしまい、何となくミーティングが終わった後もそのままだらだらと、メールの処理やら雑務をしてしまいました。そして移動したり昼食をとったりなんだかんだで結局この時間になり、今からコピーを書こうと思ったけど、集中できないという状況になってしまったのです。。。

教訓:
コピーを書くという仕事は、脳をかなりフルで使うために集中力とエネルギーのいる仕事です。そのためライティングは、最もエネルギーの残量の多い午前中にやるのがベストです。

もしあなたが、

いつまでもセールスレターが仕上がらない、とか、
書いてみたけどなかなかいいものにならない、とか、
書かないといけないのはわかってるけど、なかなか着手できない、

と思っているなら、ぜひ朝一番から取りかかってみてください。

高い集中力で仕事ができるので、いい成果物を作れるはず。

「仕事を片付けて時間ができたらやろう」
とか
「夕方、落ち着いてからやろう」

と思うのは危険です。

なぜならセールスレターは「セールスマンシップ・イン・プリント」。
つまり営業マンの営業トークを、文章に表したもの。

エネルギーのない状態で書いたセールスレターというのは、元気のない営業マンと同じです。ぜひセールスレターを書くときは、最高のコンディションで臨んでください。


ダイレクト出版

PS
優れたセールスレターのサンプルが欲しいなら、、、
これ、今日がデッドライン。

2月10日(金)24時までにクリック!

PPS
・・・というわけで、弱々しい元気のないアウトプットを作ってしまわないよう、今日はあきらめて、明日朝からがんばることにします。


Facebookにコメント

  1. ジロー さん: 2012年02月10日 10:55

    ちなみに音楽は脳の働きを阻害しますので、
    別のことをする際は聞かない方がいいです。

    クラシックは集中力を高めるなどと言われたりしますが、
    実際、音に脳が反応してしまうので集中力は落ちます。

    何かを聞くとすれば、「自然音」が一番です。

    というのも、「自然音」は脳に影響をおよぼさず(どこも反応しない)
    かつ、外部の音を遮断できるからです。

    音が脳の機能を高めるといったことはないので
    ライティングの際は音楽を聞くのはやめた方がいいと思います。

  2. 海賊王を狙う1人 さん: 2012年02月10日 10:43

    脳のエネルギーがある時に、というのは
    すごくよく分かります。

    変な流れができてしまうと、1日の中で切り替えるのって、
    すごく難しいですよね。

  3. 寺本さん、可愛いv

  4. 上ケン さん: 2012年02月10日 06:30

    寺本さんにそんな一面があったのが、
    めちゃ以外でした( ̄ー ̄)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>