商品に自信がなくてもコピーで売れる?

FROM:寺本隆裕 ダイレクト出版
大阪の自宅より、、、

習慣にしていることがあります。
それは、お金を払う時に「ありがとう」と言うこと。

タクシーから降りるとき、「ありがとう。助かりました。」

定食屋に行ってお金を払うとき、「ありがとう。ごちそうさまでした。」

ユニクロのレジで靴下の代金を払うとき、「ありがとう。指先部分が破けてて恥ずかしかったんです。」

そして実は、この「お金を払う時に感謝すること」に、
いいコピーを書くための大きなヒントがあるのです。

一般的にはなぜか、

お金を払うほうが上で、
お金を受け取る方が下、

というような感覚があります。

でもこの感覚、あなたが「消費者」なら問題ないですが、
コピーライターにとっては問題です。

なぜなら、いいコピーを書くためには、

『お客さんが自分の商品を買えば、
支払う金額以上のリターンが得られるはずだ』

ということを信じで、120%の自信をもつことが必須条件だからです。

お客さんがこれを手にしたら、
絶対に人生の質がアップする!

この商品がこの値段だったらめちゃめちゃ安いでしょ!

という確信がなければ、

どんなテクニックを使っても、
いくらコピーの書き方を学んでも、

売れるコピーを書くことは出来ません。

なぜなら、あなたの書くコピーは、
あなたの信じる商品価値を超えることはないからです。

大事なのでもう一度言いますね。

あなたの書くコピーは、
あなたの信じる商品価値を超えることはありません。

だから僕は、自分がお金を払う時に「ありがとう」と言って、
払う金額以上のメリットを与えてもらったことについて
きちんと感謝することを習慣にしているというわけです。

もしあなたが、

「んーー、俺の商品、競合に比べるとちょっと劣るんだよなー。」

と思っているなら、
コピーを練る前に商品を改良する必要があります。

単に、商品改良の努力を避けているなら、それをやる必要があります。

あるいは同じ商品でも、

・誰に(ターゲット)
・どのように(コンセプト)

売れば、最も魅力的になるのか?

という風に、その商品への「光の当て方」を変える必要があります。

例えば、とある学習塾。

そこはなかなかいい講師が集まらず、
生徒は大手に流れて行ってしまうという状況でした。

そこでその塾を、
「偏差値30~40くらいの生徒が偏差値50の平均レベルになれる塾」、
として売りだしたのです。

その結果、優秀な生徒ばかりが集まる「大手」で
ついていけない生徒たちの囲い込みに成功しました。

「難関校に進学する」というようなターゲットに向けていれば、
とうぜん競合に比べて商品の質は劣るし、競争力も弱いでしょう。

しかし、、、
ターゲットを変えて光の当て方を変えることで、
魅力ある商品に生まれ変わらせることに成功したのです。

平均以下、の学生にとって、
この学習塾に入ることは価値のあることですよね?

いいコピーを書くためには、
いい商品が必要です。

いいコンセプトが必要です。

誰に、何を売るのか?

そこがスタートです。

あなたの書くコピーは、
あなたの信じる商品価値を超えることはありません。

どうすれば、商品に対して120%の自信を持てるのか?
それを考えてみましょう。


ダイレクト出版

 

会社を辞めたいけど、どうしたらいいかわからないあなたへ

最近、あなたは起業することについて考え始めたのでしょう。
でも、起業さえできればどんなビジネスでもいいわけではありませんよね。
あなたが大企業ではなく、小さく起業して、年収1000万円や自由なライフスタイルを手に入れたいなら、、、

https://www.theresponse.jp/nishida/older.php

 

Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です