リサーチの落とし穴(要注意…)

FROM:寺本隆裕 ダイレクト出版
大阪の自宅より、、、

ある有名なコピーライターが言った。

「あなたのコピーは既に書かれている」

この意味はとても深い。
深いのでじっくり説明しましょう。以下をよく読んでくださいね。

コピーを書くものとして、
きっとあなたはリサーチの重要性のことは知っているでしょう。

そして「あなたのコピーは既に書かれている」というのは、
リサーチの原則について言われた言葉なのです。

コピーライティングには大きく3つのステップがあります。

一つ目が、リサーチ
素材集めのステップ。

2つ目が、ライティング。
書く、というステップ。

3つ目に、エディット。
編集して仕上げるというステップ。

2のライティングは、
書く、という行為ではあるものの、
実際は1で集めた素材をつなぎあわせて組み立てていくというニュアンスです。

2の段階で、「うーん、何を書こうかなぁ」と考えるのではなくて、
何を書くかは1のリサーチの段階で集めておく。

そしてその集めたものをどのようにどんな順番で配置していくのか?
という段取りを決めたあと、

実際にそれを配置していくのが2の書く、という作業です。

つまりそれほどリサーチというのは重要だというわけです。

(ちなみに、優秀なダイレクトレスポンスの会社では、
「リサーチャー」とよばれるリサーチ専門の人のチームがありますす。)

しかしこのリサーチには
実は大きな落とし穴があります。

それは、「想像で素材を集めてしまう」ということ。

例えば、見込み客の感じているフラストレーションは?というリサーチ項目について、

「うーーん、どんなのがあるかなー。」

と、考えてしまうということです。

そこに、大きな落とし穴があります。

なぜなら「リサーチ」というのは、日本語に直すと、「調査」のことであり、
「イメージ」(想像)ではないからです。

例えばどこかの現場を工事するような場合の「調査」であるならば、
実際に現地へ行って、計測して数字を測って…
といったようなことをしますよね?

間違っても、オフィスにいたまま写真だけ眺めて、

うーん、このへんの地盤はこれくらいの固さかなぁ、
ここはこれくらいの長さっぽい、、、

などと想像することはしないはず。

現地に行ってデータを集める。つまり、事実が何かを調べるはずです。

コピーライティングのリサーチも同じこと。

見込み客のリサーチとは、
見込み客のことを調査するということです。

リサーチとは、

「想像する」のではなく
「事実」を調べて集めること

なのです。

例えば、お客さんがどんなフラストレーションを抱えているのかは、
既にネットの掲示板や雑誌の投稿、記事、などに書かれています。

あるいは実際のお客さんの発言、言葉遣いなどに現れています。

リサーチではその事実を集めていくのです。

あなたの頭の中で想像したものをリサーチの「素材」にするのではありません。

『あなたのコピーは既に書かれている』

のです。


ダイレクト出版

PS
リサーチの15のステップはこちら。

http://www.theresponsecopy.jp/15step/


Facebookにコメント

  1. リフォーム店のWEB担当伊藤 さん: 2012年03月09日 11:00

    うわ、グさっと突き刺さってきました。痛感します。
    DM出して反応が無ないパターンは、まさに寺本さんがおっしゃる通りでした。

    僕の場合は、スワイプファイルやコピーのテクニックを得ると、
    「よし、これ使ってライティングしたら、うまくいくかも!」とリサーチよりも先に 【 妄 想 】し始めてしまう・・・。

    もし、「リサーチしたその内容、どこの、だれが言ってたの?」と問い詰められたら・・・
    僕は全く答えられないでしょう。いや~、リサーチって本当に重要なんですね。「事実」を調べて集める、しっかりと受け止めました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>