5分ください…

From:寺本隆裕
大阪のスタバより、、、

今日話すことはとてもシンプルで基本的なことです。
その上短いので、5分ほどで読めるでしょう。

でもこの5分であなたが知ることは、

売りにくい世の中でも「売らなきゃいけない」我々にとって、
とても重要な内容です。

実際この3つを今までよりももっと気を付けるだけで、
あなたのコピーは見違えるほど良くなることをお約束します。

何かというと
「信頼性」
「証拠」
の話です。

基本的なことなのですが、
多くのコピーには、この要素が抜けています。
あるいは軽視されまくっています。

もちろん、ベネフィットを約束することも重要なことです。
ヘッドラインで注意を引くことも重要です。

しかし、、、
それを「信じてもらえなければ」、
購入には至らず、全く意味が無いのです。

鉄則:
全てのコピーは「信頼性を持って」プレゼンされる必要がある。

具体的には、
コピーで見込み客に超えてもらわなければいけない、
信頼性の壁は3つあります。

*1つ目:
「売ってるあなたが信じられない」。

つまり売り手のことが信じられない。ということ。

なんかいい事ばっかり言う奴だけど、
こいつホントに信用してもいいのか?

ということです。

「この人の紹介だったら安心だな」
「この店だったら安心だな」
「このブランドだったら安心だな」

ということがよくあるように、
「誰が売ってるのか」というのは、
とても重要なポイント。

見込み客はあなたのことを、
「信用しても大丈夫」な人だと思うでしょうか?

*2つ目:
「売ってる物が信じられない」。

本当にコレを買って、書いてあるようなメリットが得られるのか?
それが信じられない、ということ。

「コレを飲めば痩せますよ」

と「言う」だけだったら誰でもできます。

でもそれだけじゃ不十分。

実験データ。研究結果。調査資料。
お客様の声、デモ、権威のある人からの推薦。

などで、あなたはそれを「証明」しなければいけません。

見込み客はあなたが約束したベネフィットのことを、
「これなら信じられる」と思うでしょうか?

*3つ目:
「自分に使いこなせるかどうか信じられない」。

「なかなか良さそうな商品だけど、自分には難しそうだ」
「自分ほどの「重症」な人にはさすがに無理だろう」
「前にも似たような商品を買ってダメだったしな」

そう思われてしまえば、最後の壁は乗り越えてもらえません。

「この商品は、あなたのためのものです」

ということを、信じてもらわなければいけないのです。

それは、簡単に使える「1ページの」図解
説明書が入っているということかもしれません。

他の類似の商品とは「違う」ということを
きちんと説明するということかもしれません。

見込み客と同じような方が過去に買って、
結果を出しているということを伝えることかもしれません。

見込み客はあなたのコピーを読んで、
「なるほど、これは私のための商品だ」と思うでしょうか?

今日話した内容は、

・全てのコピーは「信頼性を持って」プレゼンされる必要がある。

ということ。そしてそのためには、

・見込み客に超えてもらわなければいけない「信頼性の3つの壁」がある

ということ。それは、

・売り手のことが信じられない
・商品のことが信じられない
・自分に使いこなせるかどうか

の3つであるということ、です。

あなたの今のコピー、見なおしてみてください。
見込み客は、自然と3つの壁を超えられるようになっているでしょうか?

 

 

信頼性の3つの壁を乗り越えてもらための方法、、、

このプログラムの11週目で紹介しているコピーの信頼性を上げる13の方法を使ってください。そして、疑り深い見込み客の信頼を手に入れてください。

12週間コピーライティング実践プログラム

 

Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>