スパイダーマンがコピーを教える

From:小川忠洋
大阪のオフィスから、、、

スパイダーマンから売れるコピーの書き方を学ぶ事ができるのか?

答えはイエスだ。何をバカな事を言ってるんだ?と思うかもしれない。あのクモのスパイダーマン、手首からヒューッと糸を出して、人々を救うヒーローのスパイダーマンだ。彼は、何かを売ってるわけでもないし、それから学ぶ事なんてあるんだろうか?

いつだったか、僕はスパイダーマンの映画を見ていた。

その中にサンドマンと言う砂の化け物みたいな悪役が出て来る。彼は、犯罪者で、スパイダーマンのお爺ちゃんを殺した犯人だ。殺人か強盗の罪で彼は警察から逃げていた。そして、彼には娘が一人いて、その娘の為に犯罪を犯すしかなかった、、、と言うのが彼の言い分だった。

警察から逃げながら、彼は自分の家に立ち寄った。そして、娘に会いに行った。もちろん、それを母親に見つかってしまう。。。

『あんた何してるの!?』

『出て行ってよ!!』

強盗と殺人で警察に追われている彼を、母親は当然のように忌み嫌い、追い出したいようだった。そして、その時、彼はこう言った。。。

『オレは悪人じゃない・・・運が悪かっただけだ・・・』

これが売れるコピーライティングの秘訣の一つだ。大切なので、もう一度繰り返そう。。。

『オレは悪人じゃない・・・運が悪かっただけだ・・・』

考えてみよう。強盗して、無実の一般市民を拳銃で脅して、金品を奪い、あげくの果てには、人を殺してまでいる彼でも、、、自分が悪いとは思っていない。

人間心理の暗い側面・・・

これが、人間の心理だ。強盗したって人殺ししたって、自分が悪いとは思わない。環境が悪い、政府が悪い、他人が悪い、、、、自分は仕方ない犠牲者だ。。。と言うのが人間の心理なのだ。
だから、もし、ダイエットに失敗したからと言って自分が悪いとは思わない。『あのダイエットサプリは効果がなかった』『ビリーズブートキャンプは、きつすぎて続かない』『美味しいものを我慢するなんて、現代社会では無理だ』・・・と言う思いが、誰にでもある。

その人が痩せない本当の理由は、自分自身の健康管理が甘いからと言うだけだ。

仕事で成功しないのは、『この方法がダメ』とか『あのやり方は上手く行かない』と言うのではなく、人の何倍も働いて、何倍も学習して、毎日失敗を繰り返すと言う厳しい現実ができないからだ。

・・・でも、、、

しかし、誰がそんな商品を買うだろう?『あんたの考えが甘いからだよ!』と言うような広告に誰が反応するだろう?それじゃあ、夢がないじゃないか(笑)

教訓:広告では、絶対に読者の責任を問うてはならない。

読者は常に悪くない。悪いのは、政治家であったり、効果のない他の商品であったり、間違った情報を送って来る、コンサルタントだったりする。あなたは、そこから救い出して上げるのが、役目なのだ。

スパイダーマンからコピーを習う事はできるか?サンドマンのとっても人間らしい言葉は、覚えておく価値がある。。。それが、どんなに理不尽だったとしても、、、

コピーライターは現実を直視する。

-小川忠洋


Facebookにコメント

  1. わんぱんち さん: 2011年03月04日 15:02

    ほんと人は他人に責任転嫁する
    生き物だと実感します

    みんなマイナスな事象に対しては
    責任は負いたくないですもんね

    だからその心理とつく

    勉強になります

    ありがとうございます

  2. おたふく さん: 2010年06月30日 11:00

    毎回深く人間心理に根ざす、コピーのテクニック
    深く敬服しつつ、愛読しております。

  3. 大城 さん: 2010年04月25日 03:34

    「私は悪くない」・・・人のせいにするのが一般の人、
    そこから救い出してあげるのが、役目だ。

    説得力あるコピーを書けるようになる秘訣・・・。

    そのとおりです・・・。

  4. uezono さん: 2010年04月23日 13:44

    こんにちは。

    「どんなに理不尽でも」
    自分がターゲットとする相手の言葉を
    覚えておく・・・。

    コピーを書くのにいいことなんですね!!

    相手の言い分を受け入れると
    理不尽を受け入れるような気がして
    受け入れたくない・・・
    でも頭ン中から相手の言葉が抜けない・・・
    という状況も役に立つんですね!!

    目から何かが落ちました。

    ありがとうございます。

    PS 四頭身のスパイダーマン・・・
      かわいいですね^^
      Tさんのお子さんですか?

  5. 「教訓:広告では、絶対に読者の責任を問うてはならない」
    そのとおりですね。ただ・・・

    スパイダーマンが何か変や!!
    目のところがおかしいし、
    身体のバランスも何かおかしい。
    もしや子どもが着ぐるみを着てる?
    靴も履いてるし・・・

  6. Takayuki さん: 2010年04月23日 11:23

    〇〇のせいで上手く行かない・・・
    実は私もそうでした。

    そんな私が今は・・・

    こういった共通の敵を見つけた後の
    シンデレラストーリーに人は興味を持つ。

    確かに小川さんの言うように、

    『あんたの考えが甘いからだよ!』と言うような広告に
    誰が反応するだろう?それじゃあ、夢がないじゃないか(笑)

    という言葉は全くの同感で、批判されることが好きな
    人はいないし“その問題点に本人が気づいていること”
    ほど他人に指摘されると気分が悪い・・・

    朝起きるのが苦手な人は・・・『早く起きなさい!』
    と言われると自分で朝が弱いのを知っているだけに
    余計に腹が立つ!

    活字で書くと理不尽だが、人間心理はこういうものだ。

    なので、この大多数が持っている心の中の想いに対し
    共感を利用しなければウケるコピーは書けない。

    例えば、禁煙グッズが世の中に数多くあるが実際には

    『タバコを止められないのは意志が弱いから!』
    (マインドセットが出来ていないから・・・)

    なのだろうと思う。

    ただそれを言ってしまったら身も蓋もない。

    “体に悪いことは分かっていました・・・
    でも仕事のストレスを紛らわす為についつい
    本数が増えてしまい・・・

    でもそんな私もこの方法を知ったおかげで
    キッパリたばこを止めることに成功したのです・・・”

    と言った方が共感が得られるはず。

    やはり夢のあるコピー(笑)が必要なのだと改めて思う。

  7. 良場選 健育 さん: 2010年04月23日 10:03

    「ランボー」1作目も「奴らが悪い。俺は自分の身を守っただけだ」というようなセリフがあったと思います。共感を得るために「効果が出ないのは他人のせいにする」のはわかりますけど、それは責任転嫁で本人のためにならないのでは?自分の子供にそういうことをするとダメになりませんか?

  8. 土肥口 毅 さん: 2010年04月23日 09:28

    サンドマン人間らしいですね!漫画って凄い勉強なる言葉ありますよね^^/勉強なりました。売れるコピー是非考えたいです。自分は漫画家も目指しているので、コピーライティングは結構得意かもしれません^^/

  9. 「人は反省はするけど批判は受けたくない」。自分もそうですね!

  10. 愛★戦士 さん: 2010年04月23日 08:46

    うぐぐ・・・

    基本的なことを忘れていた自分がいました。

    感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>