Self-Image?

From:寺本隆裕

自分自身による自分自身に対する『意見』。

セルフイメージの定義はこういうことになります。

もう少し砕けて言うと、
「自分で自分のことを○○だと思っている」
その「○○」がセルフイメージということになるわけですね。

例えば、性格。

自分のことを社交的な人間だと思っていれば、
それがあなたのセルフイメージです。

自分のことを人見知りする人間だと思っていれば、
それがあなたのセルフイメージです。

あるいは、収入。

自分のことを年収1,000万円の人間だと思っていれば、
それがあなたのセルフイメージです。

自分のことを年収200万円の人間だと思っていれば、
それがあなたのセルフイメージです。

あるいは、スキル。

自分のことを「初心者コピーライターだ」と思っていれば、
それがあなたのセルフイメージです。

自分のことを「プロのコピーライターだ」と思っていれば、
それがあなたのセルフイメージです。

そしてこのセルフイメージ。

「単なる」自分自身の、自分に対する「意見」のはずなのですが、
実は不思議なもので、人間には自然と、この「セルフイメージ」に
自分自身を近づけようとする無意識の力が働くのです。

自分は初心者コピーライターだ。
と思っていれば、初心者のような行動を無意識にするようになります。

・(初心者だから)真剣にならなくていいやと怠けたり
・(初心者だから)「できなくて当然」と甘えたり
・(初心者だから)「自分にはまだ無理」だと行動を抑制したり

そういう行動が積み重なる結果、
単なる「意見」のはずだった「初心者コピーライター」が、
「事実」となってしまうわけです。

一方、自分は「プロのコピーライターだ」。
と思っていれば、(たとえまだ勉強をはじめたばかりであっても)、
プロのような行動を無意識にするようになります。

・(プロだから)どんなときでも結果を出そうと思ったり
・(プロだから)出来ないのは恥だと思ったり
・(プロだから)大きな案件に積極的にチャレンジしていったり

そういう行動が積み重なる結果、
単なる「意見」のはずだった「プロのコピーライター」が、
「事実」になっていくわけです。

単なる、セルフイメージ。
単なる、自分自身の自分自身に対する意見。

しかし、、、
そのパワーは「意識」の力よりも、はるかに強い力で、
僕たちの行動をコントロールします。

たとえそれが、
あなたの望む方向であっても、
望む方向と反対側であっても。

であれば、、、

もしあなたが、
プロのコピーライターになりたいなら、
最初の重要な一歩が何か、もうわかりますよね?

さてあなたは、

初心者?
それとも、プロ??

 

 

 

ゼロから12週間で売れるセールスレターを書く…

これから12週間で売れるセールスレターを書かなければいけないとしたら、あなたはどうしますか?

これがダイレクト出版の新人コピーライターも最優先で取り組むプログラムです。

http://www.theresponsecopy.jp/copywriting_program/

 

Facebookにコメント

  1. トモ・クルーズ さん: 2013年01月18日 15:38

    ちょうど、ドンピシャのタイミング!

    ここのところ、毎朝、
    「俺はプロのコピーライターだ」と50回以上、
    ぶつぶつ唱えています。

    すると、確かに行動が変わってきています。

    そういや、ナポレオン・ヒルと共に成功哲学を広めた、
    クレメントストーンもこんな感じの呪文を唱えてたとのかと。

    単純やけど、効果が高い方法かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>