アカン・・・

From:寺本隆裕

「ぐぉ~!!」
「んぎゅーーー!!」
「はうわ~~~~~!!」
「・・・あ、、、ガクッ(フゥ。。。)」

アカン・・・

昨日久しぶりに加圧トレーニングに行ったんですが、
全然、力が入らない。

今回は年末年始の休みが長かったので、
2週間ぶりということになります。

で、僕は年末にトレーナーに、

「いや、年末年始も衰えないように自宅でトレーニングするんで、
メニュー作ってください!」

と、鼻息荒くメニュー作ってもらったんですが、
何じゃかんじゃで、1つもやらずに今日の日を迎えてしまいました。
(腕立て伏せ1回たりともやらずで)

もちろん、トレーナーからは
「寺本さん、正月の間、サボってましたね??」

とバレバレ。

元々トレーナーにも「正月くらいはゆっくりしてもいいと思いますよ。
あんまり最初から飛ばしすぎるとキツイと思うんで。

それに、正月ちょっと怠けたくらいの衰えだったら、すぐ戻りますし。」

といわれてたんですが、
僕はカッコつけて「いや、メニュー作ってください」と依頼。

しかも、
最初トレーナーが作ってくれた緩めのメニューに対して僕は首を横に振り、

「もっと、キツイのにしてください」と修正を依頼。

しかし結局、何にもやらなかったのです。。。

結果、年末までクリアできていたメニューのうち、
6割ほどしかできないくらい肉体が退化していました。

使わなかった筋肉が衰えているというのもひとつですが、
脳と筋肉のつながりが弱くなっているため、
体の動かし方がわからなくなっている(忘れている)

ということのようです。

これをこれから、1月いっぱいかけて、
ゆっくり戻していくことになりました。

トレーニング中はキツくて、
追い込んでくるトレーナーにカンチョーしたくなるくらい気が荒くなるんですが、
終わった後の爽快感はたまりません。

なので、あせらず楽しくやって行きたいと思っています。

しばらくブランクが続くと、できたはずのものができなくなる。
これって、コピーライティングにも言えることじゃないかと思います。

つまり、
久しぶりに書こうと思ったとき、
いくら自分は「できる」イメージを持っていたとしても、
いざ、実際に書いてみるとなかなか筆が進まないとか。

あるいは集中力が出にくくなってるとか。

以前ならありえなかった基本的なことを抜かしてしまっているとか。。。

だから、もしあなたが、いざ、というときに
優れたセールスレターを書きたいと思うなら、、、

そのために絶対にやっておくべきことは、

「いざ」というときのために、
「いつも」書いておくこと。

勉強することだけでなく、
手を動かして文字を書いておくことです。

普段書いていないのに、
本番で書けるなんてことはありません。

毎日、続けることです。

ただし、、、
あまり鼻息荒く、毎日の目標を高くセットしては続きません。

年末年始サボった僕のように、、、(泣)

ー寺本@筋肉痛

 

ゼロから12週間で売れるセールスレターを書く…

これから12週間で売れるセールスレターを書かなければいけないとしたら、あなたはどうしますか?

これがダイレクト出版の新人コピーライターも最優先で取り組むプログラムです。

http://www.theresponsecopy.jp/copywriting_program/

 

Facebookにコメント

  1. トモ・クルーズ さん: 2013年01月14日 20:45

    今日、ダイレクト出版さんの『大富豪の仕事術』を読んでいました。

    たまたまマイケル・マスターソンも今日の寺本さんと同じことを言っている箇所が、
    心に響きました。

    そして、たまたま、寺本さんの記事を見ました。

    きっと、今の自分に一番必要なんやね。

  2. maibito さん: 2013年01月14日 16:24

    日々の継続の大切さを痛感します。
    毎日顔を洗う、歯を磨くのと同じように
    短時間でも毎日行うことが大事なんですよね・・・・・
    コピーを書こうと思っても
    なかなかアウトプットできない自分は駄目だな~
    と実感しました。
    ストレッチなら毎日欠かさず行っているのに。
    苦手なものは後回しにしがちになってしまいます。
    改めて習慣の大切さを感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>