メイン料理と付け合せの法則

From;寺本隆裕

カレー、ラーメン、寿司。
焼肉、ケーキ、アイス。
焼き魚、納豆、味噌汁。

僕の好物の一部を挙げてみました。

しかし当然のことながら、
これらは一つ一つ別々に食べるものですよね。

カレー、ラーメン、寿司。
焼肉、ケーキ、アイス。
焼き魚、納豆、味噌汁。

これらをひとつのドンブリに入れてかき混ぜたものは、
食べたいとも思わないでしょうし、見た目も悪そうです。

そもそも何の料理なのかも、よくわからないでしょう。

つまり、
それぞれ一つ一つは好きでも、
それらをごちゃごちゃになったものは好きじゃないし、
魅力を感じない。

食べ物で考えると当たり前の話ですよね。

でも、、、

コピーではやってしまいがちなことの1つです。

つまり、売りたい商品の「おいしいところ」が、
ドンブリにごちゃまぜになっていて、
なんの料理なのかがわからなくなってしまうということ。

実際、ほとんどの商品には、
複数のベネフィットが存在しますよね。

AもできるしBもできるしCもできる。
そう言われてみるとDもできるし、なんならEだってできる。

たくさんのベネフィットがあるでしょう。

しかしそれを全部いっぺんに、
ごちゃごちゃにアピールされても、、、

その商品は一体何をしてくれる商品なのか?というのが伝わりにくくなります。

それだけでなく、
アピールされている一つ一つのベネフィットの信頼性が落ちてしまいます。

カレー、ラーメン、寿司。
焼肉、ケーキ、アイス。
焼き魚、納豆、味噌汁。

これらがごちゃまぜになっていたとしたら、

いくら中身が、

「松坂の高級肉」の焼肉でも、「鎧塚のケーキ」でも、
「一蘭のラーメン」でも、「ハーゲンダッツのアイス」でも、、、

美味しそうには思えないでしょう。

コピーも同じ事で、
ごちゃまぜの中でプレゼンされるベネフィットは、
魅力が大きく下がってしまうのです。

原則:セールスレターは引き算で考えるべし。

いい商品であればあるほど、
たくさんのベネフィットをアピールしたくなるのが売り手の心理。

しかし、、、
そこはできるだけ絞って引き算で考えるのです。

メインに訴求する感情、ベネフィット、悩みは1つにして、
それをメイン料理に。

付け合せとして、
サブのベネフィットをちょろちょろっと、並べてください。

メインの訴求1つに、サブの訴求を複数ぶら下げるのです。

そうすれば、
メイン料理も付け合せも、

美味しく食べられるはずです。

 

 

 

ゼロから12週間で売れるセールスレターを書く…

これから12週間で売れるセールスレターを書かなければいけないとしたら、あなたはどうしますか?

これがダイレクト出版の新人コピーライターも最優先で取り組むプログラムです。

http://www.theresponsecopy.jp/copywriting_program/

 

Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>