機会を待たずに行動せよ!

From:寺本隆裕

何度も読み返す本、いわゆる僕にとっての「名著」の中に、
この1冊があります。


ダン・ ケネディの「お金を生み出す26の行動原則」:
http://123direct.info/tracking/af/251250/Du5yBfaa/

この中のお気に入りの1つに、

「機会を待たずに行動せよ」

という部分があります。

===========================

行動を起こさない理由は色々ある。

自分を過小評価している、
自信がない、
とても実現できるとは思えない。

世間知らずだったり、
ものぐさだったり、

踏ん切りがつかなかったりするせいかもしれない。

時期を待っているか、
もっと準備が必要だと思っている場合もある。

現状に甘んじて行動を起こさない理由は尽きないが、
言うまでもなく言い訳は無益で何の役にも立ちはしない。

自分の人生に富を引き寄せたいのなら、
そんな弁解がましい考えは一切捨てることだ。

===========================

僕もこの考え方のお陰で、
何度となく救われ、行動力やスピードが大きくアップしています。

例えば、
セミナーを開催するというアイディアを思いついた場合。

多くの人は、

アイディアを思いつき、
企画して、
内容を練って、
資料を作って、
練習をして、
人に見てもらって、
OKをもらったら、

そこから日程を調整して募集を開始しようとするわけです。

それだけならまだしも(これは本当によくあることですが)、
ここまでやっておいて結局「開催しない」なんてことも、よくあるのです。

理由は様々で、、、

・忙しいからまた今度にしよう
・今はまだ時期じゃない
・もうちょっと内容を磨いてからにしよう
・もうちょっと実績をつけてからにしよう
・別の企画のほうがいいんじゃないか?うん、きっとそうだ。
→そしてまた最初の「企画」から繰り返し
・やっぱり、集客するにも知名度が必要だな。
うん、じゃぁもっと勉強するか!

などなど、、、

でも、「機会を待たずに行動する」という行動原則のお陰で、

アイディアを思いついたら、

すぐにセミナーを企画

内容を決めながらセールスレターを書く

日程を決めて場所をおさえる

売る!(募集開始!)

ガンガン売りながら、
慌てて内容を詰めて資料を作り、練習する!

こんな感じで、短期間で一気に色んな事をしてしまいます。
もちろん、とても忙しいですし、混乱もします。

でもそうすることによって、
行動のスピードを一気に早めることができるわけです。

===========================
アイディア自体に富はない。
富はそのアイディアを実現することで得られるのだ。

by ダン・ケネディ
===========================

機会を待たずして行動するのは、
アイディアを実行に移す「行動力」を得るために、
最も使える行動原則。

(残り25の行動原則はこれ→www.theresponse.jp/BOA

そもそも、
「準備万端」なんて状態には絶対ならないのです。

不安なこと、不確定なこと、
「準備」をすれば、それらが全部消えてなくなるというのは幻想です。

であれば、、、

あなたは今、何を待ってる?

「機会を待たずに行動せよ!」

 

 

 

あなたは従業員には言えないが、密かに…

「自分の会社の将来は大丈夫だろうか…」「来年はどうなっているんだろうか…」と不安に思うことはありませんか?

これらの不安を消滅させる方法があります。もちろん完全にとはいいません。
でも、これを試した多くの人が「将来の売上への不安がなくなった…」と言っています…

http://www.theresponse.jp/gold/

 

Facebookにコメント

  1. 安藤 友二 さん: 2013年04月01日 13:52

    今日も朝一番にリー・ミルティアとダン・ケネディのCD「富を引き寄せる・・」と彼女の講演DVDを観た。

    今の自分を変えることと行動を起こすため、そして現代におけるマスメディアに影響されてしまった人達からの自身を守る必要があるから。

    朝一番には、良い影響をもたらす本やビデオがお薦めです。

    ダン・ケネディの本は、既に3冊読み終えました。

    大変、参考になる良書です。

  2. 未成年 さん: 2013年04月01日 06:43

    昔の私はこんな感じに無鉄砲で、
    結果的に多くの時間を無駄にしたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>