集中力を上げるには

From:小川忠洋
大阪のオフィスから、、、

 コピーを書く。モノを書くと言うのはとても集中力の要る作業である。この世には、2つの種類の人がいる。広告のコピーを書いた事がある人と、ない人だ。一度も書いた事のないひとは、この仕事がどれだけエネルギーの要る仕事かは分からない。

 最近、久しぶりにセールスレターを書いた時に、どうも何か、しっくり来ない感じがした。
何だか、いつもと違うような感覚だった・・・

 自分の書いているコピーが何だか、つまらなく感じた。何だろう?この感覚は・・・?何だか、いつもみたいにコピーを書いている時のエネルギーが感じられない・・・

 そんな時があった。

 振り返ってみると、それはきっと集中力が下がっていたんだと思う。集中力が下がって、エネルギーの低い状態でいるにも関わらず、〆切りがあるから、コピーを書かなきゃ行けない・・・そんな状態だったのだ。

 コピーを書くと言う事は、とてもエネルギーの要る作業である。体を動かして、肉体労働するのにはエネルギーが要るのは説明しなくても分かる。しかし、何かを書くと言う事は、イスに座って、キーボードをカチカチやっちているだけだが、とてもエネルギーを消費する仕事なのだ。

2%>>98%

 研究によれば、脳は体全体の重さからすれば、たったの2%くらいしかないが、25%の酸素を消費すると言う。それだけ、脳を使う仕事は、エネルギーを消費する。

 なので、いいコピーを書く秘訣は、テクニックだけではない。技術や知識だけでは、片手落ちだ。もう一方、体のコンディションが最高の状態になければいけない。

 例えば、アスリートが100m走を走る時、、、

  • まさか、前の日の晩に夜中まで酒を飲んで遊んで、寝不足で試合に出場する、、、なんて事はないよね?
  • まさか、他の事でエネルギーを使い果たして、、疲れきっている状態で、走ろう、、、なんて思わないよね?
  • まさか、お腹いっぱいご飯を食べて、ちょっと眠くなっているような状態で、100m走って記録を出そう、、、なんて思わないよね?

 我々のようなコピーライターも全く同じ。

 これからコピーを書くと言う時に、眠い、疲れた、ボーットする、、なんて状態では、とてもいいコピーなんて書けっこないのだ。あなたもやった事があれば分かると思うけど、疲れている時に、コピーを書くと言うのは、(それが広告じゃなかったとしても、、)とてもしんどい作業なのだ。

 コピーだけで、7000億円以上の商品サービスを売った、生きる伝説、テッドニコラスと言う人がいる。彼は、広告を書く際には必ず、エネルギーが高まるようにアファーメーションをしている。アファーメーションとは、自分に対する宣言のようなもの。

『気分は最高だ!』

 と言うような10個の言葉で、自分のテンションを上げると言う。そして、テンションを上げて状態を良くしてから、コピーを書き出すと言う・・・

 このように一流のコピーライターは、自分が仕事に入る時に、最高の状態にあるように、日々、自己管理をしている。特に僕がオススメしているのは、

1日7時間以上は寝る

 と言う事。当たり前のように感じるかもしれないが、コピーを書くと言う事はエネルギーを消費するので、そのエネルギーを回復させないといけない。睡眠でだ。

 寝てたら、仕事が進まないじゃないか。と言う心配をするかもしれない。しかし、睡眠の良い所は、(こんな事を説明するのもおかしな話だが、、)寝ている間も仕事が進むと言う事だ。

 つまり、寝ている間にも、あなたの潜在意識は、答えを探し求めて、脳の中をサーチしている。そして、目が覚めたら新しいアイディアが浮かんだり、、いいヘッドラインが出来たりとか、、色んないい事がおきる。(寝る前に課題について考えておくとより効果的だ)

 特にアイディアと言うのは広告にとって命だ。そして、それはリラックスした時に生まれる。仕事で行き詰まった時、そのまま、ずーーーっと続けていても、いい結果が出る事は少ない。それよりも気分転換した方がいいのだ。

儀式?新手の宗教?

 もう一つは、コピーを書く時に必ずやる儀式のようなものを作る事。新手の宗教ではない。

 テッドニコラスは、アファーメーションだった。ある人は、コーヒーを飲む事だったり、テーブルの周りをぐるぐる回る事だったり、、、一見バカバカしいように思えるような事でも、毎回やる。

 毎回やる事によって、その儀式が、『さあ、これからコピーを書くぞ!』と言うサインを脳に送ってくれる。そうする事で、準備なしで、集中力の高い状態に自分を持って行く事ができる。

 コピーを書く。と言う仕事は、とてもエネルギーの消費する仕事だ。この世で一番、しんどい仕事かもしれない。しかし、だからこそ出来上がった時には最高の気分になれる。そして、たくさんのお客をあなたの代わりに引き寄せてくれるのだ。

 だからこそ、我々は常に、最高の状態で、コピーを書けるように日頃からいろいろな事に気をつけておかなければいけない。ちょうど、アスリートがシーズンオフ中でも食べ物や睡眠に気を使っているように・・・

-小川忠洋

PS:
もし、あなたがダンケネディの33のセールストレーニングを買おうかどうか迷っているなら、、今がその時だ。何故なら6万円割引で手に入れる事ができるから、、、詳細はここをクリック
http://www.theresponse.jp/copywriting/


Facebookにコメント

  1. 伊藤彰 さん: 2010年06月14日 20:31

    私は普段から体を鍛えるトレーニングをしています。
    何故か?
    それは今回の”集中力”に深く関係しています。
    体のどの部分を鍛えるのも想像以上の集中力と意識を必要とします、集中力を高めて意識を一点に集中させる(結果、何カ月後の体の変化に大きな違いが生まれる)。これはどんな仕事にも共通している事だと思いますし、現に私は日々の努力で得られた集中力で仕事を成功させています。

  2. 康     仁 さん: 2010年06月14日 10:16

    お早うございます。

    自分の最高の結果を出せるように、ルーティン化することなんですね。
    例えば、メジャーリーガーのイチロー選手が印象的ですね。
    バッターボックスに入るまで、そしてバッターボックスに立ってからの行動。
    毎回、一連の流れになっていますね。

    このように、イチロー選手の行動を見ると、自分を最高の状態に持っていくアクションをルーティン化することが、素晴らしい結果に反映されるのかということが解ります。

    私自身のルーティンは、必ず窓を開け深呼吸しストレッチをすることです。
    朝一の深呼吸(マット・ヒューリーが教えてくれました)やストレッチは、心身ともにスッキリさせてくれます。

    コレをやりはじめてから脳の働き方が冴えてくれるようになり、
    午前中の集中力が格段に上がったように思います。

    実体験からルーティン化することが如何に重要かということがよく分かりました。
    有難うございました。

  3. 斉藤貴之 さん: 2010年06月11日 15:20

    集中力を上げる為に、僕の場合は朝の時間を
    大切にしています。

    毎朝5時に起きますが、その時間だと電話も
    入らないし、妨害が無いので効率の大変良く、
    気分も高まります。

    あとは、事務所にこもらないこと。

    ペンとノート、もしくはノートパソコンさえ
    あれば文章は書けるので、僕の場合はアイデアに
    詰まったら、海を見ながら書くようにしています。

    眠かったり、疲れていたりするとテンションが
    下がるので、規則正しい生活は大事ですね。

  4. takino hiroshi さん: 2010年06月11日 15:15

    一流、もしくはプロフェショナルとは、

    そういうことを言うのでしょうね!

    確かに「考える」ということはしんどい事です。

    多くのエネルギーを必要とします。

    実際、お腹も減ります。

    であるがゆえに、ベストな自分を維持し、また瞬時に発揮するために、

    自分なりの「儀式」を行うことは重要だと思われます。

    声やある種の動作を通じて、心がその状態になるのは

    大いにうなづけるところです。

  5. SMILE さん: 2010年06月11日 15:02

    何をするときでも、自分の管理、とくに健康管理は大切だと思います。体調が悪ければ、集中力もでません。睡眠不足のプロ選手は良い時期があったとしてもその期間は短いでしょう。プロは自分の管理に厳しいものだと思います。自分も結果はどうあれ、自己管理を大切にしたいと思います。

  6. 山岡裕司 さん: 2010年06月11日 11:46

    習慣が人を作る。例えそれが良くても悪くても。

    私が仕事に向かう前の儀式は、このレスポンスコピーの記事を読むことです。
    最近ではそれにコメントをすることを習慣にしました。

    下記のタッチさんのようにノート1冊に要約するのもありですね。

  7. タッチ さん: 2010年06月11日 11:35

    以前は読むだけで、「良い話だったな」で済ませていました。
    その後、時々こんな風にコメントを書くようにしました。
    今は、ノートを1冊用意して、要約しています。

    こう書いていると、何か自分はひょっとして知らない内に成長してるのかもしれない。
    ワクワクしてきました。

  8. ツツミ さん: 2010年06月11日 09:44

    好きな事をやってる時は、時間を忘れますね。

    集中力の最大の力は、”楽しくやる”がキーワードかもしれません。

  9. おじいにゃん さん: 2010年06月11日 09:22

    集中力・想像力・瞬発力・理解力・判断力

    これが、今日のボクのキーワードとして、今から業務スタートです。

  10. 内田 さん: 2010年06月11日 08:41

    コピーに限らず集中力を欠いた状態での仕事は悲惨ですね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>