ユニセフは161億を↓これで集めた?

コピーライター:山田光彦

From:山田光彦

これはunicef(ユニセフ)の冊子とチラシ。

会社へ打ち合わせへ行く途中、
駅前の道端でもらったものです。

「ちょっとよろしいでしょうか?」

と26歳ぐらいの女性に声をかけられて、
この冊子とチラシを、サッと手渡されました。

ユニセフは、貧しい国の子どもたちのために
募金を募っているところですよね。

募金というのは、商品を買うのとは違って、
お金を払った側には特にメリットはありません。
(もちろん、貧しい子どもたちが助けることができます)

ですが、日本ユニセフは
2012年度に161億1,252万4,346円の募金を集めています。
(日本ユニセフだけですよ)

なぜ、161億円も募金を
集めることができるのでしょうか?

僕が路上でユニセフの人に勧誘を受けたとき、
会社での打ち合わせがあったので、
少ししか話を聞けなかったのですが、

ユニセフが募金を集められる
理由の一端がわかった気がしました。
(あくまで一端です)

それが正しいかどうかわかりませんが、
なぜ、ユニセフがこんなにも募金を集めることができるのか?
あなたも一緒に考えてみませんか?

まずはある写真でクイズ…

僕に声をかけてきた26歳ぐらいの女性は、
最初に手に持っていた分厚いバインダーを広げ
ある写真を見せてきました。

赤茶色に濁ったドロ水を
大勢の子どもや大人が
バケツやコップのようなもので
すくっている写真です。

この写真を見せながら、
女性はこう言いました。

女性「これは何をしているところだと思いますか?」
僕「なんでしょうね?」
女性「これは、飲み水を汲んでいるところです」

その後、女性はこう続けました。

女性「この飲水を飲むことで
   いろいろな病気になってしまい、
   時にはそれが原因で死んでしまうこともある、、、
   特に子供が、、、」

そして、どれぐらい割合で
病気になったり、死亡してしまったりしているのか?
というデータも見せてくれました。

その後、
ユニセフに協力してくれている方として、、、

・サッカーの元イングランド代表
デビット・ベッカム選手

・ハリウッド俳優の
オーランド・ブルームさん

などなど、、、
たくさんのセレブ・有名人の写真を見せてくれました。

(ちなみに黒柳徹子さんの写真はなかったです。
僕はユニセフといえば、黒柳さんのイメージです。
完全に話の本筋とはとは関係ないが、
あなたもそんなイメージあるでしょ?)

ここで僕が時間切れになり、
打ち合わせに向かうことになったのですが、、、

このユニセフの勧誘の話を聞いてみて、
あなたは何か感じるものがありました?

募金が集まる理由…

このユニセフの勧誘を受けてみて、
僕の心の中からむくむくと
沸き上がってきた感情。

それは、罪悪感。
それと、アイデンティティというか、
セルフイメージへ訴えかけられている感覚になりました。

罪悪感というのは、
自分はこんなに恵まれているのに、
この子たちはなんて大変なんだろう。。。

という気持ちです。

アイデンティティ・セルフイメージへ
訴えかけられている感覚というのは、
「困っている人がいるなら、普通助けるでしょ」
という自分自身へのイメージです。

その自分自身のイメージが、、、

「募金した方がいいんじゃないか?」

「募金することが、あなたらしいんじゃないか?」

心のなかで、
そう言っている気がしました。

なので、僕なりの結論。
ユニセフに募金が集まる理由、、、

それは、商品というわかりやすいメリットや
見返りはないが、、、

「罪悪感を解消する」
「自分らしいと思える行動を取ることで
自分に持っているセルフイメージを強化できる」

という大きな心理的なメリット
(行動をとること自体が気持ちがいい)が
あるからなんじゃないか、
と思ったのですが…

あなたはどう思いますか?
あなたの意見、ぜひコメントください。

ー山田光彦

PS.
罪悪感を解消するといった、人の心を動かすための行動心理学をコピーライティングで使うなら、これオススメです。

12週間コピーライティングプログラム


Facebookにコメント

  1. 砂川 さん: 2013年10月05日 00:12

    山田さん。
    こんにちは!

    コピーライターの砂川です。

    やっぱり、一番は僕も「罪悪感」だと
    思います。

    子供たちの悲惨な状況を写真で見せられて、
    「ふーん」みたいに素っ気ない感じになる
    人って、あまりいないかもしれませんね。

    特に、大人ではなく、子供っていうのが
    さらに罪悪感を増させる様に思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>