悲報:スワイプファイルが使えない

コピーライター:寺本隆裕

From:寺本隆裕

2人のコピーライターがいました。

ふたりともコピーを学んで1年くらい。
勉強熱心で仕事熱心。

明るい性格で、とても良く似ていました。

彼らはともに、
同じスワイプファイルを参考に、
セールスレターを書きはじめました。

マーケットも、
売ってる商品の種類も、
価格帯も同じくらい。

しかも同じくらいのタイミングでセールスレターも書き上がりました。

しかし違いもありました。

片方はそれなりにヒットしました。

「やっぱ、スワイプパクったからですね~。
エゴを捨ててよかったです~」

と笑顔。

しかし一方は違いました。

全く売れなかったのです。

それだけじゃなく、
そのどん底の精神状態の中、
セールスレターの「書き直し」をしなければいけません。

何が違いをもたらしたのでしょうか、、、

なぜ、スワイプファイルをパクって書いても、
売れる人と売れない人がいるのか?

不思議に思ったことはありますか??

どちらかが一生懸命取り組まなかったわけではありません。

一方が適当に書いて、もう片方が睡眠時間を削って時間をかけて書いた、
というわけでもありません。

その違いは、、、

元にしたスワイプファイルが

「なぜいいのか?」

をわかってパクってるかどうか、ということだったのです。

例えば、、、

どんな心理トリガーで訴求しているのか?
誰に訴求しているのか?
なぜこのスワイプファイルが売れたのか、、、?

もしそれを「解読」することができていなければ、、、

元の素材の良さを活かすことはできません。

ただの猿マネじゃなく、「応用して使う」ために大事なのは、

ノウハウ(know how)を知ることではなく、
ノウホワイ(know why)を考えること。

・誰に売っているのか?
・時代背景は?
・マーケットの状況は?
・どんな欲求に訴求している??

スワイプを使う前に、
その解読が必要です。

コピーライター:寺本隆裕

Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>