ネギとコピーの関係

コピーライター:寺本隆裕

From:寺本隆裕

さっきから気になって仕方がない。

というのも、おばちゃんの前歯に、
青ネギが挟まっているのだ。

そのおばちゃん、
ウチに保険のセールスにやってきてるというのに。。。

昼ごはんを食べてそのまま急いで来たんでしょう。

前歯と糸切り歯の間くらいに、
青ネギが挟まっているのです。

営業マンなら人にあう前に鏡見ろよ!!

と、飛び込み営業なら追い返すネタにするかもしれません。

が、一応、
こっちから呼んで提案を持って来てもらったので、
話を聞くことに。

僕と嫁の2人でしばらく保険の提案を聞いていたのですが、
まー、ネギが気になって仕方がない。

話の内容は全く頭に入ってこない。

結局、、、

その日は僕も嫁もネギが気になって、
正式な契約に至りませんでした。

提案内容、オファー内容はいいものなのかもしれないけど、
その日、そのネギの人とは契約する気にはならなかったのです。

このように、

時として人は、
商品の内容やベネフィット、オファー。価格。

などなどとは全く関係ないところで、
NOということがあります。

そのケースは色々あります。

例えばよくあるのが、

「お前からは買いたくない」

という、売り手に対する反論。

もし同じセールストークでも、
ネギが挟まってないおばちゃんだったら買うのに、

ネギが挟まってるおばちゃんだったら買わないとか、

いつも親しくしてくれているこの営業マンからだったら買うけど、
この、アメリカ帰りのインテリ営業マンからは買いたくない、とか。

セールスレターもまさに同じで、
いくら、いいセールスレターが書けたとしても、

それを誰が送ってきたのか?

送り主と見込み客の間には、
どんな関係があるのか???

などなど、、、

セールスレターそのものじゃないところで、
勝負が決まっていることがよくあります。

それは
商品の内容やベネフィット、オファー。
価格。などなどとは全く関係ありません。

セールスレターの反響がどうしても悪い。
と思うなら、、、

疑ってみてもいいかもしれません。

セールスレター以外に問題があるんじゃないか?
歯にネギが挟まってないか?

・・・と。

コピーライター:寺本隆裕

PS.
セールスレターの反響がどうしても悪い?
そう思っているのなら、、、
ここで基礎を見直してみたらいいかも

詳しくはこちら


Facebookにコメント

  1. ニャニャ・トゥーレ さん: 2013年10月18日 10:06

    おばちゃん、帰宅時にはネギは飲み物等で流され消えてるかと。
    そして彼女はふと思うのです、
    「寺本さん、呼ばれたから行ったのに、買う気ないみたいだったわ。
    商品説明も上の空で聞いてなかったような…? 何かあったのかしら?」
    人間、己のことが一番分かってないものです。

  2. 東北のエムボマ さん: 2013年10月18日 09:15

    青ねぎの件、確かにおっしゃるとおりです。
    どうせならもっと大胆にニラを挟んできて欲しかったですね?

    ですが、、、
    私は寺さんのビッグファンなので
    たとえ寺やんのパンツが汚れていても
    口から毒ガスが放出されていても
    寺ポンのオファーは全て受け入れます。

    それがどんなに理不尽なオファーであったとしても。。。

  3. 今までの貴稿の中で一番好きです(爆)で、大阪名物のタコヤキ「青のり」でなく、なぜ「青ネギ」なのかが少し気にかかります。きっとそんなちょっとした違いで反応が変わるのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>