結果につながる勉強法

六本木のカフェより、、、コピーライター:寺本隆裕

From:寺本隆裕

これは先日開催したセミナーの写真。

20131031_1

20131031_2

20131031_3

2日間でコピーの「パクリ方」と「パクリ元」を学び、
とにかく書けるようになるというもの。
(テンプレート習得コース)

毎度のことながら、
ありがたいことに会場いっぱいの満員御礼で、

終わったあとの「ビデオでのお客様の声」撮影も、
順番待ちの整理券が間に合わないくらいの人数の方が協力してくれました。

このテンプレートコースの元になっているカリキュラムは、

僕が「コピーライティングを極めたい!」
と決意して小川に弟子入りしてまず学んだもの。

それが今から6年くらい前のことでした。

それから6年後の今。

6年前には想像できなかったような、
人生の選択肢の幅=自由 を手に入れることができました。

そのきっかけとなったカリキュラムを、
今度は自分が講師として教えることになるというは、
なかなか感慨深いものがありますね。
(東京、大阪合わせてもう4回やりましたけどね、、、)

しかし、
このようなセミナーを開催すると、

「既に成果を出している人」や、
「もう十分に色んな事学んでるんじゃない??」

という人が参加することがよくあります。

今回もそうでしたが、

アプレンティスでかなり上級のことを学んでいるメンバーや、
もう業界でバリバリ成果を出しているマーケッターやコピーライター。

そんな人達がわざわざ、
この「基礎コース」を学びに来ているのです。

彼らからすると、
このコースの内容は、ほとんど知っていることばかり。

でも、
なぜ彼らはわざわざ、
安くないお金を支払って、学びに来るのか・・??

実はそこに、
結果につながる勉強法のヒントがあります。

もし、セミナーに参加したり教材を買うことの目的が、
「知識を得ること」なら、

自分が今、知っていることと、
このセミナーで教わることの内容に重複があるのなら、

それを学ぶことに意味はありません。

でも、
我々起業家の勉強の目的とは、

「できなかったことができるようになること」。
「結果が出せるようになること」。
「収入を増やすこと」。

ですよね。

だったら、
そのセミナーや教材で教わる内容が、

大部分が自分の知ってることだろうが、
前に受けたのと全く同じセミナーだろうが、

そんなことは全く関係がないのです。

知っているだけで「できていない」なら、
それは知らないのと同じこと。

そのセミナーの参加がきっかけで
「知ってるけどできていないこと」を発見して、
できるようになれば、、、

それは大きな価値になります。

実際参加者の中には、
今回が2回目の参加の人もいました。
(僕が知る限りその人は今回の参加者の中でトップの収入を稼いでいます。)

特にコピーライティングのようなスキルであれば、

ちょっとした気付き。
たった1つのアイディア。
たった1つのスワイプファイル。

そんなのを得るだけで、
参加費なんてすぐに回収できます。

それだけでなく、それは半永久的なリターンをもたらしてくれるのです。

コピーライター:寺本隆裕

PS
警告!

日頃、「パクれ」と言っていますが、
どうやら勘違いしている人がいるようなので警告しておきます。

もしあなたが、
「同業者」の現役のコピーやアイディアをパクってコピーを書いているなら、

それはやってはいけません。

当たり前やで。

例えば、僕ら【ザ・レスポンス】や、
僕らが作ったメルマガ、セールスレター、、、

などをパクって、

同じ業界例えば、
マーケティングやコピーや経営ノウハウなどの商品を売るのは当然ダメ。

実際、あちこちでパクられて使われてるのは知ってるけど、
「同業者」には今後厳しく当たっていくのでそのつもりで。

パクっていいものかどうか。

それは、パクられた相手が怒るかどうか。
相手に損失があるかどうか。がポイント。

想像してみて。

あなたが一生懸命考えて、書いて、テストして磨いたコピー。
同業者がパクって使ってたらどう思う??

怒るっしょ?

なので、
もしあなたが同業者で、
僕らのコピーをパクって使ってたら、、、

当たり前の対応をしていくのでよろしく。

PPS
あと、
ダン・ケネディの無料ビデオを公開しています
もうチェックしました?

詳しくはコチラをクリック


Facebookにコメント

  1. makoto さん: 2013年11月01日 16:22

    写真の2枚に 後姿がばっちり写ってる者です。
    今までも ジャンルを問わずいろんな講習に参加しましたが、
    寺本さんは とっても誠実で、熱心な講師だと思います。
    噛んで含めるわかりやすい説明、そして笑いあり、
    さらに学習側にとって「記憶に残るフレーズ」を頂けたりと。
    とても充実した2日間でした。
    ありがとうございます!
    自分は亀の歩みですが、コピーライティングというスキルを得始めて
    自社でも これまでにない結果が、かなり出てきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>