コピーライティング兼SEO対策


FROM:寺本隆裕

先日、質問をもらいました。

今、裏でやっている「ダイレクト出版の商品のコピーを書いてください」という企画に参加してくれている、あるコピーライターからの質問です(この企画では、ジェフポールのコピーライティングの「キラーコピー」という商品のセールスレターを書いてもらっています)。

質問はこれ。

***************
お世話になります。

寺本様
ヘッダー、本文についての質問です。

コピーを考える上で、SEOを考慮して、「キラーコピー」、「セールスレター」など
特定のキーワードを入れていった方がよいでしょうか?

よろしくお願いします。
***************

答えは簡単。一言で答える事ができます。

しかしこの素朴な質問の中に、コピーライターとして致命的なマインドセットの間違いがあるのですが、わかりますか?

冒頭の質問「SEOを考慮してセールスレター中にキーワードを入れた方がいいですか?」ですが、答えはもちろん、「その必要はありません。」です。

念のため説明しておくと、SEO対策とは、GoogleやYahooなどの検索エンジンで特定のキーワードが検索されたときに、検索結果の上位に表示させるテクニックの事。ページ内にそのキーワードを一定の割合でちりばめることは、SEO対策の有効な方法の一つだといわれています。

誰に対するメッセージなのか?

そもそも、SEO対策とは誰に対するメッセージなのか?
それは、Googleのロボットに対するメッセージです。Googleに対して、「このページはこういうキーワードに関する情報が入ったページですよ。だからこのキーワードで検索されたときにはこのページを上位に表示させてくださいね。」というメッセージです。

一方、コピーとは誰に対するメッセージか?
もちろん、見込み客に対するメッセージですよね。それが紙の上に書かれていようがインターネットのウェブサイト上に書かれていようが、コピーとは、見込み客(=人間)に対するメッセージです。

デリケートで複雑な人間の感情に訴えかけ、注文してもらう事。それがコピーの目的です。そんな難しくて複雑で、大事な仕事をしながら、「片手間に」Googleのロボットへの対策をしてはいけません。

セールスマンシップ・イン・プリント
(印刷された営業マン)

たびたび登場するこの言葉。
たびたび登場すると言うことは、それだけ重要だということです。

コピー(広告)とは、営業マンのセールストークを紙(文字)に表したものだ。セールスマンシップインプリントだ。というのが、広告の発明でした。覚えていますよね?もしこのことを完璧に理解しているなら。マインドセットが正しくできているなら、、、冒頭の質問が間違っていることに気づくでしょう。

想像してみてください。
あなたが「キラーコピー」という商品を売る会社の社長だったとして、営業マンに、

「この商品売ってこい。ただし、「セールスレター」と「キラーコピー」という単語をそれぞれ20回以上使え。さりげなく。」

と指示するでしょうか?

短いスペースへのコピーを書くテクニック

印刷物に掲載するコピーを書く場合。
FAX DMなどのコピーを書く場合。

スペースが限られている場合は、コピーの文字数もそれに合わせた制限がかかります。

そう言った場合のうまいコピーの書き方は、

1.まず、文字制限をあまり意識せずに、コピーで書くべき事を全部書く。
2.それから、スペースに合わせてコピーを削る。

です。最初から制約や条件を意識しながら書いてしまうと、セールスのパワーを殺してしまいます。これでは、アクセルを踏みながらブレーキを踏んでいるようなもの。前にも進まないし、車も壊れてしまいます。

セールスレターの目的は、売る事です。

商品のイメージを良くする事でも、スペースにぴったりおさまる「文章」を書く事でも、もちろんSEOで上位表示させる事でもありません。

もしコピーを書くときに迷ったら、「印刷された営業マン」を思い出してみてください。きっと、いいヒントが得られるでしょう。

PS
この本の中には、コピーライティング戦略のヒントが満載です。
もう見つけましたか?
http://www.directbook.jp/bom/

秘密のリソースだったのですが、、、出ちゃいました。


Facebookにコメント

  1. 安藤友二 さん: 2010年08月14日 00:43

    コピーライターの仕事の原則

    見込み客へのメッセージによって商品を買ってもらうこと!

    SEO対策など気にする必要なしは、当たり前か!

  2. 寺本さん
    いつもいつも有益な情報をありがとうございます。

    コピーは、売れればそれでOKだと思います。

    以前、自分の書いたコピーに「あなたのその遅すぎた決断で最愛の娘が命を絶つ。そうならないための方法を無料で教えたいのですが、、、」という、再来院のDMを送付した時のレスポンスは、まさにフリークでした。

    キレイ<<<<<<<<売れる

  3. 長岡 さん: 2010年08月11日 11:21

    回答ありがとうございます。

    了解しました。

    期待通りの回答で納得です。

    自分の中で切り替えていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>