異常に多い整体師(あなたも他人ごとじゃありません…)

東京のスタバより、、、コピーライター:寺本隆裕

From:寺本隆裕


なぜか僕らのお客さんには、治療家が多い。

その中でも、整体師とか整骨院とか。そういう仕事をやっている人が、
大体どんなセミナーをやっても2割くらいは来ます。

特に最近は、
コピーライティングのセミナーで、
整体師の出現率が異常に高いのです。

なので、ちょっと彼らに聞いた話をシェアしたいと思いますが、
治療家以外のあなたも、他人ごとではありません。

整体師について。。


手に職つけたい
人に「ありがとう」と感謝されてお金をもらいたい

そう思って学校に行って修行して、
何百万円ものお金と何年もの時間を投資して、
技術を習得しています。

しかし、
当然のことながら、
そこで技術をみにつけたとしても患者さんが来ることはなく。

借金して店舗を構え、
看板を出してから数日で、
恐怖と絶望で追い込まれてしまう人が少なくありません。

どうすれば患者さんが来てくれるのか?

必死で調べるうちに、
幸運な何人かはコピーライティングの重要性に気が付きます。

そして、それに気づいたうちの勇気ある何人かは、
残り少ない貯金をはたき、コピーの勉強を始めます。

そしてさらに、それに気づいたうちの賢い何人かは、
さらに残り少ない貯金をはたき、、、そのコピーを実際に「出す」ことをします。

何度かそれを繰り返すことのできる根性のある人は、
徐々にコピーはうまくなり、次第に集客も回るようになります。

そしていつしか「繁盛店」と呼ばれるようになり、
「次」の欲求が生まれてきます。

「自分が肉体労働しないとお金が儲からないのはキツイ」
「自分が死ぬ前日までベッドで施術するなんてたまらない・・・」
「収入に上限が見えてきた。ブレイクスルーしたい」
「もっと面白い、エキサイティングな仕事がしたい」

などなど・・・

そうして彼らは、「治療家」から、
マーケッターやセールスライターへの転身を希望するようになります。

このスキルがあれば、
いい商品やいい技術を持っているのに、
売ることができてない人を助けることができる!

そう思うわけです。

もしそれができるなら、
自分はもう治療家をやめて、治療院を閉めて、
専業セールスライターでやっていく。

そう言っている人も少なくないのです。
(実際、僕の身近なクライアントに、そういう人は何人も何人もいます。
この話をシェアしてくれた治療家さんもそう言っていました)

先週、
セールスライティングとはキャリアである。

という話をしました。
↓ ↓ ↓
先週の記事はコチラ

世の中には色んなキャリアがあり、色んな価値をもった人がいるけど、、、

でも結局、それを買ってくれる人がいなければ(売ってくれる人の助けがなければ)、
それは世の中に提供されることはないため、
実質、価値がないことになります。

そういった意味で。

セールスライティングって、
とても価値あるキャリアの一つだと思うんですけど、、、

あなたの意見はどうですか??
今日の話を聞いてどう思いますか??

コメントくれると嬉しいです。

コピーライター:寺本隆裕

PS
セールスライターとしての道に進みたいなら、、、
先週もご紹介しましたが、2つの方法があります。

1つは教材やセミナーで学ぶ方法です。
もしまだこの「12週間」をやってないなら、早くやった方がいいでしょう。

詳しくはコチラをクリック

キャリアチェンジに成功した先輩たちの実績がたくさんあるし、
何よりあと2~3ヶ月で値上げになるから。

ウェブデザイナーとかの基礎スキルを学ぶのでも、
50万60万の費用がかかります。

それと比べて安すぎるという、単純な理由です。

 

もう1つは、僕らと一緒にやるという方法。
僕らは常に優秀な人材を求めています。

キャリアを磨くなら、最高の環境だと思いますよ♪

ダイレクト出版 採用サイトはコチラ

受かるヒント:
よくある間違い。「勉強させてください」はNG。
ほんとによくあるんですけど、よく考えてみてください。
雇う側からしてみたら「勉強したいなら、教材やセミナーなどがあるから、
そっちでお願い」と思いますよね??

貢献できることをアピールするのと、実際に貢献すること。
これがポイントです☆


PPS
もちろん、治療家のキャリアやほかのキャリアを否定しているわけじゃないので念のため。
セールスライティングのスキルは、価値のあるものを売るときだけ、価値があるのですから、、、


Facebookにコメント

  1. いちかわ なりまさ さん: 2013年11月18日 17:18

    私は、寺本さんの記事内に書かれている人物像にまさに当てはまりますね。
    目下、鍼灸マッサージ師でセールスライター目指しています。

    今の日本の現状では、セールスライターになった者勝ちの状態だと思い、
    ライティングの世界にどっぷり漬かりました。

    柔道整復師と鍼灸師、療法士は小泉改革時代、養成学校の制限が解除されて、
    学校数が飛躍的に増えたので、その流れで各地に店がうじゃうじゃ増えています。

    鍼灸学校の専任教員だったので、断言できますが、マーケティングとか一切習わないので、技術だけ教えられてほっぽり出されたら、まともな商売できませんよ。

    せめて手書きチラシの作り方でも研究しておけばスタートダッシュ掛けられるのになぁと、他のさびれた治療院を見るたびに、考えてしまいます。

    マーケティングやセールスライティングはそれなりにやっても、それなりに結果がでるので、これからのセラピストには必須でしょう。

  2. 川村妙子 さん: 2013年11月18日 11:50

    治療家も接骨医もインストラクターもまさしく集客のために必死に勉強しますが、成果がすぐ出ないので、毎日不安でいっぱいですよね。
    今日のメルマガを読んで、胸が苦しくなりました・・・
    私のスタジオ近くにも、整体・、マッサージ、接骨院、処方箋薬局、整形外科が
    たくさんあり、ライバル店に勝ち抜くために様々な手法で、やっています。
    看板も工夫したりして・・・
    飲食店の入れ替わりも激しくて、つぶれていく店も多いです。
    改めて、ビジネスの難しさを感じています。

  3. らち開かず さん: 2013年11月18日 09:39

    整体院の他にも歯医者と美容院と不動産屋さん、異常に多いですね。
    近くや道沿いに新しくできても
    「また歯医者か、また整骨院か・・もういいよ」
    正直ウンザリしてしまいます。
    何か安くて美味しい飲食店でもできればいいんですけど。
    部外者でもそう思うくらいなのだから
    当事者はきっと競争で大変なんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>