成約率を下げる9の方法(その3)

From:寺本隆裕
八重洲のスタバより、、、

さて今日も、
成約率が高すぎて困っているコピーライターのために、
一瞬で成約率を下げる方法をお話ししましょう。

========================
成約率を下げる9の方法(その3)

欠点を隠す
========================

どんな商品にも。
どんなサービスにも。
どんなオファーにも、、、

少なからず欠点はあるはず。

例えば、
競合と比べて少し高いとか、
人によっては買わない方がいいとか、
あるいは、まだ会社を設立して間もないとか。

だから、
もしあなたがこれらの「欠点」のことを隠しているなら、、、

おめでとう!
あなたのコピーは低い成約率を達成できる!!

なぜなら見込み客は、
「完璧な商品」など存在しないことがわかっているからです。

そして、どこかに欠点がないかを、
注意して探しているからです。

欠点を隠したコピーを読んだ見込み客は、
こんな反応をします。

『あれ?
この商品、他と比べてすごく安いけど、
なんでだろう??

機能が少ないのかな?
メイドインジャパンじゃないのかな?
それとも何か別の理由があるのかな?

んー、、、
わからん。書いてない。。。

・・・・怪しいからやめとくか。』

一方、欠点を説明してフォローアップしているコピーを読んだ見込み客は、
こんな反応をします。

『あれ?
この商品、他と比べてすごく安いけど、
なんでだろう??

ナニナニ?
あ、なるほどね。
去年の型で、もう作ってないやつなんだね。

まぁできれば最新の型が欲しかったけど、
そんなに機能も変わらないみたいだし、
最新か型落ちか、だけでこんなに値段が違うなら、
去年のでもいいな。

保証もしっかりしてくれるみたいだし、
交換用の部品は最新の型のやつとも一緒みたいだから、
これなら安心だな。』

おお!怖い怖い!

このように、「欠点を告知すること」は、
読み手に信頼感を与えたり誠実な印象を持たせてしまうので、
成約率を上げてしまうのです。

成約率を下げるには、
ひたすら商品のいいところばっかりをアピールする事です。

決して、悪い事を話してはいけません。

隠して、隠して、隠すべし。

PS
わざと欠点を探してそれをコピーに盛り込むなんて、言語道断!
成約率が上がってしまいます!

PPS
ちなみにこのプログラムの欠点は、
「手っ取り早く楽して儲かる方法」を
探している人には向いていないという事。
http://www.theresponsecopy.jp/copywriting_program/course/index2.php


Facebookにコメント

  1. 上村与世扶 さん: 2011年11月01日 22:54

    成約率を下げる方法の逆を実行していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>