アンケート結果発表

From:寺本隆裕

今後の「ザ・レスポンス・コピー」の方向性を決める、重要なアンケートへのご協力、本当にありがとうございました。

とても貴重な情報を知ることができました。今日はその結果を少しシェアし、今後の方向性についてお伝えしたいと思います。

読者の87%が・・・

左のグラフを見てください。

質問2「あなたのコピーライティングの経験、キャリアを教えてください」というところの回答の集計結果です。

既にコピーをバリバリ書いて、そこから収益がある 1.9%

満足ではないが、それなりのコピーは書ける 11.1%

この2つの合計が13%。残りの87%。圧倒的大部分の方が、

書いたことがあるが、あまり結果は出ていない
14.8%

勉強したことはある
14.8%

コピーの重要性を知っている程度
38.8%

ほとんど何も知らない
19.1%

でした。

この結果を見て、レスポンスコピーの進む方向がはっきりしました。

今後、レスポンスコピーがお伝えするのは、基礎的でベーシックなコンテンツです。

  • なぜ、コピーが必要なのか?
  • 本当にクライアントを獲得できるのか?
  • っていうか、コピーってそもそも何?
  • 才能なし、忍耐力なし、こんな自分でも本当にコピーをマスターできるのか?
  • コピーライティングの基礎の基礎の基礎
  • ライバルが増えたら稼げなくなるのでは?

など、ベーシックなものをカバーしていきます。

でも、ただの“初心者向けコンテンツ”ではありません

コピーライティングは学べば学ぶほど、常に基礎的なことに戻ってくるという、とても面白い特徴があります。小学校の算数などで、足し算を一度マスターすれば、もう一度足し算を学ぶ必要はなくなりますが、そういうのとは違います。例えばある教材でリサーチの方法を学んでマスターしたつもりでも、半年後にもう一度同じ教材でリサーチの方法を復習すれば、また新しい気付きや発見があります。そこが面白いところでもあります。

ある程度コピーで成果がある。また、かなりの成果がある。と答えて頂いた13%の上級者の方は、このことをよく知っていると思います。

コピーライティングのエキスパートたちはそれぞれ、長年の経験の中で、自分のオリジナルのコピーに関する考え方やノウハウを確立しています。人によって、色んな見方があります。ひとつのことを色んな人がそれぞれ色んな表現方法で教えてくれます。それによって理解を深めることができます。

レスポンスコピーのコンテンツも、時間を空けて見直すことで、新しい気付きがあると思います。

ぜひ積極的に参加してください

あなたにとって役立つものでなければ、僕たちもやってる意味がありません。なので、意見や感想、要望などがあれば、コメントなどにどんどん書き込んでください。インターネットで、そしてブログというツールを使っているので、ぜひコミュニケーションを取りながらやりたいと思っています。遠慮せず、少しでも疑問があれば書き込んでください。

目的をもう一度

以前言ったことがあると思うのですが、もう一度レスポンスコピーの目的をお話ししておきます。

僕たちがレスポンスコピーで目指す目的は2つです。一つはあなたにコピーのスキルを磨いてもらうこと。その過程で、僕たちが紹介する商品を買ってもらうことです。

だから、買った方がいいと思う商品は紹介するし、買ってもらいたいと思っています。でももしお金を払うのが嫌なら、売り込みは無視してもらってもかまいません。自分の知識にお金を投資するか否かは、僕たちが決めることではないからです。それは価値観の問題ですので、無理にお金を払う必要はありません。

もうひとつは、僕たちのビジネスのためにコピーを書いてくれる、能力と意欲の高いコピーライターを見つけることです。

僕たちはたくさんのペンディングプロジェクトを抱えています。コピーライターがいればもっともっと多くのプロジェクトを進めることができるのですが、それができずにいるのです。なので、真剣にコピーライターを探しています。

これから積極的に、コピーの仕事をあなたにオファーしようと思います。これにもぜひ、エントリーしてください。

寺本隆裕

PS
「時間があまりとれない」というコメントもとても多かったです。もし時間を有効活用してスキルアップしたいなら、オーディオ学習がオススメ。

このサイトで買えるオーディオブック ⇒ http://www.directbook.jp/

・ダイレクトレスポンスマーケティングの教科書
・広告の真実

は、ぜひ繰り返し聞いておきましょう。マインドが、変わります。


Facebookにコメント

  1. わんぱんち さん: 2011年03月01日 17:49

    私もまだまだコピーに関しての
    知識・技術ともに未熟ですので
    ご指導・ご鞭撻のほど
    よろしくお願いいたします

  2. miichann さん: 2010年04月19日 21:23

    母が短歌の講師をやっているので私も最近再開しました。観念的で情緒がほしいといわれましたが、コピーに通じるものがあるので挑戦しようと思います。

  3. 長峯静雄 さん: 2010年03月30日 09:36

    現在別のプロジェクトが進行中です内容を良く吟味させて頂き結論を出したいと考えております。

  4. 啓太 さん: 2010年03月29日 17:00

    きっちりと基礎から学ばせていただきます。よろしくお願いします。

  5. uezono さん: 2010年03月29日 11:36

    こんにちは。

    アンケートをしっかり受け止めて、
    自分たちにはっきり方向性を示して
    いただけたことから、とてもうれしいです。

    まずはこれ欲しい!と思った教材が自由に購入できるように
    稼がないと!^^;

    ついていけるようにがんばります。
    よろしくお願いします。

  6. Takayuki さん: 2010年03月29日 10:22

    同じ内容であっても、お金を払った情報と
    無料で得た情報では吸収のレベルが違う・・・

    誰しも無料で良い情報を得たいと思っていながら、
    有料で得た情報がより身につく。

    これは、元を取らなくては!という心理等
    様々な要素があるのだが、モチベーションを
    上げるという意味ではお金を払う価値は十分にある。

    ダイレクト出版さんの今後のプロジェクトや
    商品構成などは、コピーのみならず、
    そのマーケティング手法も勉強になるので
    大注目をして行こうと思う・・・

  7. たかさん さん: 2010年03月29日 09:23

    復習をすることが大切なことは、
    わかっていても怠けてしまう。

    やたらと新しいことを追い求める前に、足元を
    固めないと次の段階に進めないんですね。

    これからもいいコンテンツをお願いします!
    コピーライティングで稼げるようになりたいです!

  8. 坂野  さん: 2010年03月29日 07:43

    思考は現実化する!というのは本当のことだったんですね

    どういうことかというと、僕はダイレクトレスポンスのニュース
    レターを読み始めて以来、コピーライティングのスキルを身に付
    けたい。という思いが、日増しに強くなっていきました。
    しかし、どのように学んだら良いのかが分からなく日々模索して
    おりました。
    そして、これから具体的にどのようにコピーライティングのスキ
    ルを身に付けられるかが、学べるわけですよね?

    まさに、僕にとっては思考が現実化したわけです。

    これからどんなプロジェクトになるのかとても楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>