チャンピオン発表

ダンケネディのセールスマインドトレーニングは誰の手に?
手書きで写して15万円で売ってる商品をもらおう!コンテスト結果発表。

From:寺本隆裕

>「手ぇ、痛~ッ!!!!」

というコメントをくれたNoriyuki_Tさん、ウケました。

頂いたコメントを5回くらい読みましたが、
毎回ニヤッとしてしまいます・・・

>この喜びは、
>書いた人にしか感じえない気持ちです。

シナジーさん、そうですよね。

多くの方も、ただ読んでるだけじゃ
気付かなかったことに気付けたみたいで、
企画側としてはとても嬉しいです。

>私なりに書き改めてみました。

セールスレターの翻訳を、
違和感のない日本語に修正してくれた昌原さん。

感謝します!

英語を扱うことの多い、うちの商品作成の仕事、
手伝ってほしいくらいです。

ありがとうございます。
早速活用して修正させてもらいます。

>普段、私は無精者なのでこのようなコメントはしません。

マッサージ屋の茂田さん、
喜んで頂いてありがとうございます。
心動かされるコメントでした。。

この企画には、
合計100件近い実践報告をもらいました。

感動。。。

とてもキツい宿題をがんばってくれて、
本当にありがとうございます。
(しかも感謝の言葉まで頂いて、こっちこそ感謝!)

では、チャンピオンの発表です。。。

ダンケネディのコピーライティング&
セールスマインドトレーニング デジタル版

http://www.theresponse.jp/KCT/KCT.php

をゲットしたのは・・・

高山健太郎さん!!

理由はたくさんあります。

・ストーリー中心で引き込まれる
・読んでいて楽しい(これ、今月号のスパイダンケネディのテーマ)
・心の中の正直な描写
リサーチに基づくアピール ← これちょっと、いやらしい?

そして何より、

・高山さんのコメントをみんなが読むことで、
 読んだ人のコピーのレベルが上がりそう。

と思ったことです。

おめでとうございます。

ダンケネディのトレーニングを受けて、
ぜひもっとコピーライティングにハマってください。

ちなみに、小川に弄られながら決めたのではありません。
(僕って、そんなイメージっすか?&なぜばれてる?)

ー 寺本隆裕

PS
提案です。

みんなからもらったコメントですが、
最初の一行目の「書き出し」に注目してもういちど眺めてみてください。

http://www.theresponsecopy.jp/?p=8#comments

いわゆる「オープニング」で、
めちゃめちゃ重要な部分です。

続きが読みたくなるオープニング。
引き込まれるオープニング。

それは、どんなものでしょう?

気に入ったものが見つかれば、
あなたのスワイプファイルに入れておいてください。

(もしあなたが親切な人なら、ここにコメントしてシェアしてください・・・)


Facebookにコメント

  1. わんぱんち さん: 2010年12月04日 11:47

    今更ですが、
    高山さんおめでとうございます

    高山さんのコメントを読んで
    ここまで分析できてるのが
    すごいと感じました

    わたしも高山さんのように
    分析でき、理論的に考察できるように
    なりたいと思います

    まだまだレベルは低いですが、
    一歩一歩着実に進んでいこうと
    思います

    ありがとうございます

  2. 尾崎 宗昭 さん: 2010年02月09日 06:13

    まいりました、高山さん。
    いきなり2010年から始まるストーリー
    そして気づかない内に引込まれ
    しっかりと親しみを感じた頃に本題へと入る
    さりげなさにユーモアのトッピング。
    次回は自分も行動します。

  3. 高山健太郎 さん: 2010年02月09日 02:03

    な、な、なんですと~~~!?
    チャンピオンになっとるがな!

    とりあえず喜びの舞を踊っておきます!

    ・・・ともかく、この企画に参加させていただけた
    ことが何よりの収穫です。みなさんのコメント
    とても勉強になりました。

    寺本さん、みなさん、どうもありがとうございました!
    さらに精進してまいります!

  4. watanabe さん: 2010年02月07日 08:57

    Noriyuki_Tさん、とっても、新鮮な空気が
    入って来たって感じで、頼もしく、
    楽しく読み込みました。

    そして、シナジーさん、昌原さん、茂田さん、他の方々の
    本当に素晴らしいコメントに引き込まれました。

    高山健太郎さん、おめでとうございます♪
    心の中の素直な描写がこれこそ、でていて、
    素晴らしかったです。

    寺本さん、楽しい企画ありがとうございます♪

  5. 天羽 さん: 2010年02月07日 06:24

    私の前に満面の笑みを浮かべたXなる者が握手を求めてくるのです。

    「おめでとう! さあ、君の歩む道が決まった。一緒に歩もうじゃないか!」

    Xなる者…誰だと思いますか?
    その通りです。****ジャーナルです。

    読んだだけでは、Xの存在は霧のようなものでした。
    読むと書くの差の違いはこういうものなんですね。

    冒頭と末尾の部分の二人の対比は見事でした。
    大きな成功と小さな成功…

    このことが頭にインプットされ、それがイメージ化されて
    Xとなって目の前に現われる…
    (これは湯船に浸かりながらの感想です^^)

    コピーにストリート性を持たせると…
    よく聞きます。

    そうした人も、このお手本を真似ていたのか…?

    そんなことも感じた1回目の手書き体験でした。

    こんな所に書いてごめんなさい。

  6. タクト さん: 2010年02月07日 02:39

    Noriyuki_Tさんのコメントが一番ウケる(笑)。今回のコメントもすごくウケた(笑)。私もてっきり、チャンピオンになったんだと思っていました。ところが、今回のコメントをみて、そうじゃないことを知った。ええ!違うの?なぜ??改めて読み返すと、確かに違っていた。もう笑うしかなった、このストーリーに(笑)爆笑してしまった!そして、実はちゃんと文章が形になっている・・・。一番文才があるのは Noriyuki_Tだと思います^^

  7. Noriyuki_T さん: 2010年02月06日 22:02

    >「手ぇ、痛~ッ!!!!」

    というコメントをくれたNoriyuki_Tさん、ウケました。

    頂いたコメントを5回くらい読みましたが、
    毎回ニヤッとしてしまいます・・・
       
        
    メールを開けた瞬間、Noriyuki_T の名前が出てて、

    「おおおおーーっ!チャンピオンは、俺かあーー!!!!!」

    ・・・っと、えらく、ドキドキしながら、続きはここをクリック!>>をクリック!

    ブラウザーに画面が現れて、ふっとスクロールする手が止まる。

    「待てよ、これは、前振りだ。
     これまでもそうだったじゃないか。
     チャンピオンを発表するメールで
     最初に紹介される人がチャンピオンであったためしがない・・・。」
      
      
    チャンピオンおめでとう!!!高山健太郎さん!!!
      
      
    改めて、高山さんのコメントをはじめ、みんなの課題コメントを読み返しました。
    勉強になるなあー。

    寺本さん、素敵な課題と企画をありがとう!
    楽しかったです♪
    コピー、もっと、訓練したくなりました。
       

  8. 天羽 さん: 2010年02月06日 08:34

    読まれるか
    否、読まれないか

    最初で決まるなんてムゴイですね。
    それが現実であるとすれば…

    やはりみなさんのコメント
    手書き…で始まってますね。
    それから
    感じたことに触れている

    ムゴイ事実がありますね
    手書き…で始まるコメばかり見せられると
    やはり…

    オープニングは
    まず、感動の事実が欲しい
    素直な感想です。

    例えば
    100万円稼げそうな気持ちになりました
    それは、こういうことに気付いたからです

    私は馬鹿でした
    馬鹿なことを懸命にわき目をふらずに
    いのししのようにまっしぐらに走っていました
    それが分かったのです
    それは、この課題に取り組んだからです

    の、ような
    書き出しだと
    ん…
    この人は何か自分の知らないものを知った
    なんやろ?

    ってなるかも知れないですね^^☆

    懸賞なくなりましたが
    私も何かを
    掴みたく
    チャレンジしたくなりました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>