ごめん、写真はないけど、、、

From:寺本隆裕
渋谷のカフェより、、、

隣のテーブルに、
タレントの吉川ひなのがいる。

男性3人とどうやら打ち合わせをしているみたいです。

東京へちょくちょく行くようになってから、
新幹線やらホテルのカフェなどで芸能人をたまに見かけますが、
その中でも、吉川ひなの。

髪キレイ!
細い!

そして、顔、小さい!

僕の位置からざっくり比べてみたら、
彼女の顔は僕のフリスクと同じサイズでした。

さすが、有名タレントだけあって、
オーラがあるというか、周囲20mくらいがぱっと明るくなってる感じです。

僕はというと隣のテーブルで、
そのパッと明るくなってる雰囲気の中、
パートナー2人(男&男)と打ち合わせ中。

1人は、とある本の著者。
もう一人はコンテンツをマーケティングする会社の社長。

その著者のコンテンツを3人で協力して、
どうすればwin-win-winになるようにマーケットできるか?

というのを探っています。

話はかなりスムーズに行きました。

それぞれの目的と得たい結果。
譲れない部分ややりたくない部分。
契約の内容や感情的なもの。

などなどを全てテーブルの上に並べて
打ち合わせができているおかげです。

(これも7つの習慣の教えのおかげです)

話がきれいにまとまり、
また新しいビジネスが生まれたことを喜んだ後、
マーケティング会社の社長とちょっと抜けた話になりました。

 

寺本 「で、●●さんところはいつも打ち合わせ、こんな感じですか?」
  「はい、そうですね。条件もいつもこんな感じです」
寺本 「なるほどね。でも色々と広げられてますよね?」
  「そうですね。従業員も増えてきました」
寺本 「ですよね。かなり大きくなってますもんね。
ちなみに、●●さんは、いつもどんな仕事をしてるんですか?」
  「私ですか?私はほとんどライティングですよ。」
寺本 「ライティングって言うと、セールスレター?」
  「そうです。やっぱり、ライティングで成否が決まるんで。」
寺本 「なるほどー。でもまぁやっぱそうですよね。」
  「ですね。成約率が0.1%違うだけで、全然違うじゃないですか?」
寺本 「そうですね。広告出してレバレッジかけたりしたら、
そのちょっとの成約率の差だけでホント別世界ですもんね」
  「そうですよ。そこはやっぱ、任せられないです。
一番不安な所じゃないですかね。人に任せるのには。
あとの部分はできますが、ライティングだけは自分でちゃんと見ないと。
バックエンドのコピーを社員に書いてもらったとしても、最終私がチェックしますからね。」
寺本 「なるほどー」

 

リマインダー:
ダイレクト・レスポンス・マーケティングにおいて、
コピーは酸素。

特に、インターネットを使うなら、
コピーが書けなければその他全ては意味がありません。

 

 

 

ダイレクト・レスポンス・マーケティングの酸素を身に付けたい?

ダイレクト・レスポンス・マーケティングの酸素を身に付けるためにダイレクト出版の新人コピーライターが真っ先に取り組むのはこのプログラムです。

http://www.theresponsecopy.jp/copywriting_program/

 

Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>