コピーは感情。実はそれ、違うんです…

From:寺本隆裕

これを書いているのは2/8金曜日。

「コピーライティング虎の穴」3期生の1回目のミーティングがあるので、会場近くのスタバにいます。

虎の穴のメイン講師は小川なので、

僕自身はこれまで、
参加したりしなかったりしていました。

が、今回は3期の初回ということもあり、
参加しようと思って時間まで近くのスタバで仕事をしています。

が、突然ケータイに小川からメールが。

「今日来る?声が出ないんでヘルプお願いしたいんだが」

おぅっ!!
来た!突然の無茶振り!

そういえば2期の時も、
風邪をこじらせて声がかれていたことがありました。

なので急遽、僕が小川の代わりに半分くらいしゃべり、

また、小川がしゃべっている「ささやき声を」横で聞き取り、
僕が拡声器のように「小川は○○○と言うとります」と参加者に説明する。

あるいは、ささやき声を耳をそばだててみんなで聞き取るという、
前代未聞の回がありました。

(その2日後くらいに小川の声は戻ったのですが、
僕の喉が超痛くなり、声が出なくなりました。

明らかにうつったとと思うのですが、
小川は「いや、オレのはうつらんタイプの風邪やから大丈夫やねん」

という意味不明なことを言っていましたが…)

・・・とまぁ、そんな感じで、
【ザ・レスポンス】でやっているセミナーモノとしては、
もっともアットホームなのがこの虎の穴です。

人数も25人と、少ないというのもありますからね。

で、この虎の穴、
恐らく今日の午後にも、そしてこれからの6ヶ月間の間にも、
繰り返し繰り返し、口を酸っぱくして言うことがあります。

それが、、、

とにかく、スワイプファイルを使え!

ということ。

スワイプファイルとは、
過去にうまくいったセールスレターのサンプルのこと。

それを使う=真似する、ということを、繰り返し言うことになるはずです。

「売れてるものをクリエイティブにパクる」ことが、
反応の高いセールスレターを書く方法である、ということです。

きっとあなたは、
人間は感情でものを買うから、コピーは感情を揺さぶるような表現で
書かないといけない、ということを聞いたことがあるでしょう。

神田昌典さんも、エモーショナル・マーケティングといって、
感情的な表現や写真を入れる方法を広められました。

もちろん、それは100%真実です。

売れてるセールスレターは、
感情的な表現で書かれています。

が、それ以前に、、、

売れてるセールスレターというのは、とても論理的にできているのです。

Aを説明する。
だからBという概念を受け入れる。

そしてCのベネフィットをアピールする。
それを支えるためにDという証拠を提示する。

・・・などなど、
プレゼンテーションの順番、ロジック、要素が、
素晴らしく構成されているのです。

感情に訴えるような表現をしたり、
ベネフィットをアピールする、というのは重要です。

しかし、、、

感情的に表現しさえすれば売れる、
なんてのは幻想なのです。

必要なのは、

「構成はロジカルに。表現は感情に訴えるように。」

お客さんは、あなたが思っているよりも、
もっと賢くて、ちゃんと考えてから購入を決めるもの。

だから、ロジカルで丁寧な、
順序だったプレゼンテーションがとっても大事。

売れてるセールスレターの論理構造を拝借する。
その構造に沿って、あなたの商品のベネフィットを感情的にアピールする。

それが、売れるセールスレターを高い確率で生み出す方法です。

スワイプファイルを手に入れて、
その使い方を知れば、、、

もうすでにある「売れてるコピー」を、
合法的に、クリエイティブに真似することで、
楽に、素早く、売れるコピーを作ることができます。

ビジネススクール・テンプレート習得コース」の卒業生の
秋山さんにスカイプでインタビューをしたのですが、、、

彼はこの「スワイプファイル」を「クリエイティブに真似る」ことで、

これまでのセールスレターの1.3倍くらいの成約率が出るコピーを、
2時間で書くことができた、

というのです。

「アイディアマン」は得てして、
ゼロから何かを生み出すことをやりたい、
誰かの真似なんて嫌だ、と思ってしまいますよね。

しかし、我々の仕事は「成果」「結果」を出すこと。

芸術作品のように、誰からかほめられたり表彰されたり、、、

そんなことではありません。

最大の敵は、、、エゴ。

まずは真似ることから始めましょう。
そこから少しずつ、オリジナリティの分量を増やしていけばいいのです。



 

ゼロから12週間で売れるセールスレターを書く…

これから12週間で売れるセールスレターを書かなければいけないとしたら、あなたはどうしますか?

これがダイレクト出版の新人コピーライターも最優先で取り組むプログラムです。

http://www.theresponsecopy.jp/copywriting_program/

 

Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>