このままじゃ、やばいよ

From:寺本隆裕

「もしあなたが火災報知機を売りたいなら、
広告は炎から始めるべきだ」

現代広告の父デヴィッド・オグルビーはこう言いました。

もしあなたの商品が何らかの問題解決をするものであるなら、
このアプローチはとても使えるテクニック。

問題解決ほど売るのが簡単なものはない、
ダン・ケネディが言っている通り、

もし見込み客が自分の問題を痛いほど感じていて、
そしてその緊急性が高ければ高いほど・・・

その解決策は売りやすい。

これはコピーライティングに限らず、
起業・新規ビジネスの参入や、新商品の企画開発、
などにも使える考え方。

新規参入に関する鉄板の考え方の1つは、

問題の深いマーケットに入っていって、
そこでその問題の解決策を売るということ。

ただ往々にして問題の深刻なマーケット(例えば、ダイエットとか)は、
ライバルも多く競争も激しいはずなので、

そこでどのような「ポジショニングを」とっていくのか?

どのように競合との違いを出すのか、
というのが重要になってくるわけです。

・・・ちょっと話がそれたのでコピーの話に戻って・・・

ただ、問題の解決を売るのが簡単だからといって、
見込み客が問題を「強く」「緊急度の高い」ものだと認識するのを、
ただただ「待っているだけ」では商品を売ることが出来ません。

(患者が虫歯になるのを待っているだけの歯医者のようなものです。)

ではどうすればいいかというと、、、

最初に言ったオグルビーの言葉。

「炎から広告を始める」

ということ。

見込み客に、

その問題が起きてしまったシーン、
その問題が深刻な状態になったシーン、
その問題を放置することで、
取り返しの付かないことにいなってしまったシーンを描くのです。

そうして、見込み客がほとんど気にしていなかったような小さな問題が、
実はとても深刻であるということを、
ショッキングに伝えるのです。

そうすれば、見込み客の中で「問題への正しい理解」が起こり、
あなたは問題解決を(つまりあなたの商品を)売ることができるというわけです。

生命保険を売りたければ、
霊柩車を見込み客の自宅前に呼ばなければいけません。

 

 

PS
コピーライティングを身につけていれば、
本来必要としている人に、必要としている商品をきちんと売ることが出来ます。

その技術の習得を、先延ばしにする理由はある??


http://www.theresponsecopy.jp/copywriting_program/


Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>