【写真】夏の思い出。

コピーライター:寺本隆裕

From:寺本隆裕

「やられた~~」

これは息子のりゅうせい(6歳)に剣でやっつけられたときの写真。

8月は出張がやたら多かったので、
こうやってスキマ時間に罪滅ぼしです。

で、この剣ですが、
こないだ地元の夏祭りの夜店で買ったもの。

手元のボタンを押すと、
クルクル回りながら光ります。

本当は剣の「刃」の部分も光っていたんですが、
祭りから帰ってきた2日後には壊れ、
光らなくなってしまいました、、、

ただのプラスチック製。
ボタンを押すと光る(一部既に光らなくなっている)。

にもかかわらず、、、この剣、

1.500円!!

めっちゃ高い。。。

こんなショボいオモチャに1,500円。

たけーと思ったけど、
彼はもう買う気満々。。。

「パパ、あれ欲しい」

きっと普段だと「そんなんいらんわ」と言って、買わないでしょう。

でも8月はほとんど休みをとっておらず、
遊んであげられていなかったため、、、しぶしぶ購入。

夏祭りでオモチャをゲットし、
ごきげんなりゅうせいくんでした。

人が商品を買う理由。
そのきっかけは色々あります。

今回僕の場合だと、

「いつも遊んであげられていない息子に対する罪滅ぼし」

とか、

「息子に喜んでもらいたい」

というロール・パフォーマンス

とか。

人が「なぜ買うのか?」を理解すれば、
モノを売ることは難しくありません。

実際に、

単なるプラスチックの塊。
しかもすぐ壊れるとわかっている(し、実際に壊れた)。
他の店で買うよりもはるかに高い(きっとスーパーのおもちゃ屋ならもっと安い)。

というような商品が、ポンポン売れていくのです。

この夜店もとても流行っていました。

たこ焼きとか、フランクフルトとか、
そんな店よりも儲かってたんじゃ?と思うほど、、、

理屈ではモノは売れません。
感情なのです。

コピーライター:寺本隆裕

PS
夏の思い出、ショボい( TДT)

PPS

人がモノを買う理由が知りたい??

https://s3.amazonaws.com/theresponsecopy/report_onetime/new_letter2.pdf


Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>