最も重要なセールスレター

From:小川忠洋
大阪のスタバより、、

 あなたにとって、最も重要なセールスレターがたった一つだけ存在する・・・

 そのセールスレターを書くのは、恐らく、あなたのキャリアの中で、最も難しいだろう・・・今まで学んだ知識やテクニックが、実際に書く時になったらまるで役に立たないかもしれない。

 最高のヘッドラインを書こうと思って、何日も何日も、時には何週間とかかるかも知れない。

 もしかしたら、そのセールスレターはあなたの中で最も時間のかかったモノになるかもしれない。

最低のセールスレター

 しかし、だからと言ってそのセールスレターが最高の出来か?と言われれば、あなたは絶対にそうとは認めないだろう。。。実際に、そのセールスレターは最高どころか、最低の出来だ。

 そのセールスレターは今までで最高の売上を上げるものか?と言われればそんな事はない。ほぼ100%間違いなく、今までで最低クラスの売上しか上げる事はできないだろう・・・

 あなたにとって最も重要なセールスレターは、あなたが出した最高の売上をもたらしたセールスレターではない。

それは、あなたの最初のセールスレターだ。

 セールスレターなんて書いた事のなかったあなたが、生まれて初めて書いた、モノを売るためのセールスレターだ。あなたが、初めて、WEBにアップした、汚い、セールスレターだ。

 そのセールスレターは、恐らく、あなたの歴史上、最もヘタクソなセールスレターになるだろう。最も、売れないセールスレターになるだろう。成約率も低いだろう。もしかしたら、全く売れないかもしれない。しかし、、、

しかし、おめでとう!

 それがあなたの最低ラインだ。あなたがWEBにアップした最初のセールスレターは、あなたにとって一番下手なモノ。それ以下になる事はない。

 しかし、ほとのどの人は、最初から上手くやろうとして、、、、最初からホームランを飛ばそうとして、、、、結局、修正、修正の繰り返して、アップされる事はない。

 そして、世の中に出ないまま、ワードの電子ファイルのゴミが溜まるだけ。

しかし、あなたは違った。

 どんなにヘタクソだろうが、あなたはそれをアップした。次にセールスレターを書くときには、必ずそれよりも上手なものができている。

 物理学では慣性の法則と言うものがある。ようは止まっているものはずっと止まり続けようとして、動いているものはずっと動き続けようとする。

 一度、動き出したあなたは次回からは徐々にスピードを上げて、セールスレターを仕上げる事ができる。止まり続けている人は、いつまでも止まっている。そして、勇気を出さずに、自分のコンフォートゾーンにじっとしている。

最初からホームランを打てるバッターなんて存在しない。

 誰もが空振り三振を続けて、、、一人で素振りをして練習を続けて、、、コーチや先輩にやり方を教わって、、、それでも何度も何度も失敗して、、やっとホームランが打てる。

 そして、ホームランが打てるようになっても、、、それは毎回ではない。時々だ。10回に1回とか20回に1回とかそう言う確率だ。でも、バットを振り続けなければ、それは打てない。セールスレターを書いて、アップしていなければ、それは来ない。

 あなたにとって一生で最も重要なセールスレター。それは、反応の取れない、最初のセールスレターだ。

-小川忠洋

PS:
まだ、実際にセールスレターを書いてアップした事がない?だったら、この120分スピードライティングでさっさと作り上げてしまおう!それがゴールではない。それがスタートだ。
http://www.theresponsecopy.jp/15step/


Facebookにコメント

  1. ダイレクト出版さんの教材を初めて買ったのは2008年末でした。もう3年以上前です。先日、ようやく、セールスレターを初めて書いて、お客さんに送りました。送ったそばからミスしたことに気づくような出来でしたが、記念すべきはじめの一歩です。そういう自分を先回りするようにお祝いの言葉を用意してくれていた小川さんに感謝します。ありがとうございます。

  2. はじめよう。

    明日、はじめよう。

    もう少し気が向いたらはじめよう。

    そうやって、ずっと先延ばしにしてきた
    ブログを、ようやくはじめることができました。
    一つ目の記事もつたなくても書こうと。
    アップしてみようと。

    この記事のおかげです。
    2年くらい前から、計画し始めて、
    ようやくアップできました。
    これから、アクセスの集まるブログに
    育てていきたいとおもいます。

    ありがとうございました。

  3. momonga さん: 2010年06月23日 17:33

    小川さんの温かく熱いメッセージが心に効きました。

    ちょうどさっき、やっとHPの原稿が出来上がり、
    溜めていたレスポンスに目を通しているところこの内容…!

    少し時間がかかり仕上げた原稿ですが、
    間違っていなかったナァと勇気をいただきました。

    自分史上初めての経験、また最低レベルのHPですが、
    早く世に出し前に進みたいです。

    勇気をいただきありがとうございます。

  4. 窪田 さん: 2010年06月21日 04:06

    小川忠洋さん

    レスポンスシルバーだけでなく、レスポンスコピーの存在も今日知り、日々の楽しみが増え、学びの機会をこうして無料でいただいていることに感謝しております窪田です。

    一歩目を踏み出すことの大切さを、この記事で感じさせていただきました。とにかく、書いてみることが大切だと。

    コメントをこうして書かせていただくところから、一歩一歩、歩ませていただきます。

    窪田

  5. こんにちは
    今までは2ヶ月に1回のセールスレターを書いていましたが、今ではダイレクト出版のおかげて、1週間に最低2回のセールスレターを書いて、クライアントに出しています。

    売上は??

    僕が26歳の時、最初に書いたセールスレターは反応率0.42%のモンスター級のレスポンスとコンバージョンを達成しました。

    でも、そんなこともつかの間。

    あとが、続かないのです。

    そこから、借金地獄の始まりでしたが、何とか生活はできました。
    でも、今も昔も僕自身のゴールは生活をするためではなく、金持ちになることでした。
    それも、1000万円のハナクソみたいなものではなく、最低5000万円は自分の力で稼ぎたいと思っていました。

    それが、いまでは御社のおかげで達成しました。

    セールスレター
    書くのは書くが
    出さない人が多いのではと感じています。

    レスポンスを読んでいる人は少なくとも今よりも自分の人生を向上させたいと思っているから、読んで何かを変えたいと思ってるから読み続けていると思います。

    セールスレターテンプレートを買って、書いては出して、書いては出してと繰り返しやれば100%うまくいくという確信がありますから、ぜひダイレクト出版のコピー教材は買ってもらいたいと思います。

  6. crane さん: 2010年06月19日 07:10

    素晴らしい内容でした。

    とても勇気を与えていただきました。

    心から、感謝。

  7. タッチ さん: 2010年06月19日 00:18

    身につまされます。

    行動しなけりゃ、どんな立派なことをほざいていても、結果はでっこないですようね。

    その通りです。

  8. かげやま さん: 2010年06月18日 19:19

    そうか!という感じです。

    最初に作ったものは当然マズいですが、
    それで自分は駄目だと思ってしまう。これは完全な驕りですね。
    自分は才能があり優れているのだ、という驕りがあるから
    最初からいけるのが当然と思っている。
    だからがっかりしたり、自信喪失する。
    優れた自分が渾身の力で挑んだのに…
    そうだ、自分はこれに向いてないんだ!…とこじつける。

    駄目だと思いつつも、やらなければならない状況の下で
    どうにか何度かやっているうち、マズい度合いが改善され、
    その積み重ねで、いつでもそこそこのものが短時間で出来る様になる。
    考えると、どんな事もその様なものですね。
    謙虚に事実だけを受け止める事が大切ですね。

  9. タロー さん: 2010年06月18日 15:14

    masさんに続いて僕も最初のセールスレター成果を発表します。

    売上・・・120万円くらい(今も売れ続けています)
    コンバージョン・・・0.3%

    2年ほど前に作りました。
    低価格商品(5千円未満)なのと、
    ちょこちょこ売れていることから完全放置。

    いま見ると、ヒドイ仕上がりだが、パワーは感じる。
    最近のは、まとまりすぎ・おとなしい気がします。

    広告費は全くかけていません。
    アフィリエイター経由の売上が半分。
    あとはASP経由と自分の作った記事のリンクから。

    以上、「最初のセールスレター報告」でした。

  10. SMILE さん: 2010年06月18日 14:32

    まずは最初の第1歩が大切で「継続は力なり」それを続けることがもっと大切なのだと思います。1回やって「だめだ」と思ってあきらめてしまえば、そこですべてのことは終わってしまいます。「成功する唯一の方法は、成功するまであきらめずに頑張り続けること」だと思います。

  11. 山岡裕司 さん: 2010年06月18日 14:09

    最初の一歩が如何に大切かということですね。

    セールスレターだけじゃなく、今の自分にはブログ掲載、記事へのコメントなども一緒で、やればやるほど少ない時間で前よりうまくできているのを実感している自分がいます。

    あとは仮にその最初の一歩がすごく反響がでても、それで過信せずに「もっと上を目指せる」と思い実行し続けることですね。

  12. 宮崎辰也 さん: 2010年06月18日 11:21

    やってみて実際には「たいしたことないやん!!」って
    思うことがよくあります。

    ではなんで最初の一歩が踏み出せないのかというと、

    自分には無理なんじゃないか?
    失敗するんじゃないか?
    お金がなくなるんじゃないか?

    なんていう思い込み-妄想ともいう?-
    が原因なんです。

    我が子を観ているとよくわかります。
    自転車の練習をしていると、最初は怖がってペダルを
    こごうともしません。

    後ろから押してやりながらそっと手を離すと、
    意外にすんなりと乗ることができて、「な~んだ」という
    思いになるようです。

    もっと子どもを見習わなくちゃ。

  13. 斉藤貴之 さん: 2010年06月18日 10:48

    ビジネスでもスポーツでも何でもそうですが、
    実践して初めて気づくことがあります。

    実践もせず、知識ばかりを詰め込んで
    言い訳や批判ばかりしていてもプラスに
    なることはありません。

    経験上思うのですが、何かを実践しようと思い、
    前に進むと否定的な意見に多く出会います。

    が、しかし、自分の人生は自分が決めるもの
    ですから、まずは自分を信じて行動する!

    スタートするということだけでも大きな
    パワーを使いますので、既にその時点で
    その他大勢から抜け出せる準備は整った
    と言えるのではないでしょうか?

  14. 最初に出したコピーが1番のコンバージョンでした。

    反応率 0.42%

    総売上 82万円

    かかったお金 4万円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>