発表!この商品のコピーを書いてください。

これを書いているのは7月23日(金)。13:04。
明日からの2日間のコピーライティング・ワークショップを開催するために、東京に向かう新幹線の中にいます。平日の昼間の時間はいつもすいてますね。今日は天気がいいので富士山がよく見えそうです。

FROM:寺本隆裕

僕も小川も、持っているリソースの中から最高のものだけを選んで準備をしていますので、参加してくれる人も喜んでくれるんじゃないかと今からワクワクしています。(まぁこのメルマガが公開されるのは月曜日だから、実際はワークショップ終了後になりますね。様子はまたレポートします。)

さて、先週水曜日に「コピーを書いてください」プロジェクトに関するアンケートを取りました(コレ)。何気なく投げかけた質問だったのですが、たくさんの人から真剣なコメントを頂きました。ありがとう!

そのコメントへのフィードバックの前に、まずは、今回コピーを書いてもらいたいなーと思っている商品を発表しましょう。

それは、コレ。

「ジェフポールのキラーコピーライティング」

http://www.123marketing.jp/jeffpaul/JKC.php

これ、持ってますか?
今回はこの商品にしようと思っているんですが、、、。

この商品を選んだ理由は3つあります。

ひとつはもちろん、商品が素晴らしいということ。ダイレクトレスポンスの権威であり、相当の実績のあるジェフポールが作ったということもあって、実践的な内容になっています。

2つ目は、コピーライティングに関する商品だという事。エントリーしてくれる人は当然あなたのようなコピーライターです。そしてこの商品はコピーライターのための商品。つまり、あなた自身が見込み客になるというわけです。自分自身が見込み客なので、見込み客の気持ちがよくわかり、リサーチの効率がかなり良くなります。そしてもちろん、この商品のリサーチをしていく過程で、この商品そのものからコピーライティングのテクニックを学び、スキルアップもできるわけです。一石二鳥。1回目の企画の題材としては、ばっちりだと思いませんか?

3つ目は、お客様の声が既にたくさんある、ということ。木曜日のスパイ・ダンケネディ・コピーのWEBセミナーに参加してくれた人は、どうやったのかわかると思うのですが、この商品は以前(1年くらい前かな?)お客様の声を集めるキャンペーンをやって、声を集めているのです。でもその素晴らしい声達を、、、なんと、放置してしまっているのです!!(もったいない!)

というわけで、今回はコレにしようと思ってるのですが、どうでしょうか?
あるいは、テッドニコラスの「あなたにお金を引き寄せる魔法の言葉」とか「あなたの言葉をお金に変える方法」という手もあります。こっちなら持ってるのかな?

これら3つの商品。もうセールスレターあるじゃん、と思われるかもしれませんが、これは英語のオリジナルのセールスレターを翻訳してちょこっと編集しただけのものなので、まぁ読んでもらえればわかると思いますが、はっきり言ってイケてません。

ある意味ビート・ザ・コントロールですが、恐らく余裕で勝てると思います。

企画はどうやって進める?

その前に、いくつか頂いたコメントを紹介します。

商品がなくてもコピーが書ける?

何人の方から、商品がなくてもコピーが書ける、というコメントを頂いていました。どういう意味でそのようなコメントをくれたのか、詳しくはわからなかったのですが、この意見には賛成できません。

実際、テスト販売や先行リリースなどで、商品がない状態で売ると言う方法はあります。でも今回はそういったものではありません。セールスレターは営業マンと同じ。自分の商品を知らない営業マンが、商品を売る事はできません。コピーライターは、商品を徹底的に徹底的に徹底的にリサーチする必要があります。

自分のレベルを教えてもらいたい

例えば、レベル1~5までをランクつけし、レベル1は日本語に問題がある、レベル2はリサーチが甘い、レベル5はプロとして通用する。そんな具合で自分の現在地が知れたらおもしろいと思います。

なるほど!そういうのは思いつきませんでした。
でも確かに、初級編クリア、中級編クリア、上級編クリア、、、みたいなものはモチベーションにもなりますね。どうやってランク付けしたり評価したりするのか難しいですが、いい方法がないか考えておきます。何かアイディアがあればまたコメントで教えてください。

過去の売上の具体例が知りたい

了解しました。
同時にコピーライターの仕事の内容がどんなもの。ダイレクト・レスポンス・マーケティングにおいて、コピーライターがどのようにビジネスに関わっていくのか。僕らの場合はどうなのか。というのも教えます。

(ヒント:1枚コピーを書いてあとは「もっと使ってくださいよー」という感じだと、コピーライターとして収入を増やしていくのは難しいです。積極的にプロモーションに関わってもらう必要があります。だからできれば、毎日ある程度コピーライティングのために集中した時間を取れる人が望ましいです。)

自分のコピーの売上数字をちゃんと伝えてほしい

もちろんです。

成果報酬が燃えます

了解しました!

ただ働きでもやります

モチベーションなんか、、「ともにあなたと見込み客の悩みを解決したい」その思いが共有できることで、保ち続ける事が出来ます。ぶっやけ、その仕事が「タダ働き」だろうと、俺はもっと広めたいと思います。

まじ!すばらしい。。

信頼関係が必要。直接話したり会ったりしたい。色々そこで聞きたい。

僕も同じ意見だし、その方が安心です。
WEBセミナーを使って話したり、できるだけ実際に会いたいと思っています。

商品持ってない人はどうする?

これについては色んな意見がありました。
持ってる人を対象にすればいいのでは?/割引で買えるようにすればいいのでは?/一次審査をやって、クリアした人に配ればいいのでは? などなど。

個人的には、今回のジェフポールの商品は、持ってる人多いんじゃないかな、、、と思っているんですがどうでしょう。。。一次審査やって、クリアした人に配るというのはありですね。個人的に、割引で買える、というのは何となく「仕事紹介するからこのパソコン買ってください」という商法に似てる気がして、ちょっと気が引ける、、、

スキルアップのチャンスがある/ダイレクト出版との人脈ができるのが
一番のモチベーションになります!

ありがとうございます。
そういうP/PCバランスを理解している、意識の高い方のエントリーが嬉しいです!

レビューをしてほしい/落選した場合の理由を教えてほしい

レスポンスコピーのメルマガでの、公開レビューになります。落選した場合の理由もできるだけ説明したいです。ただ、スパイ・ダンケネディ・コピーのメンバーへのサービスとしてレビューをしていますので、その辺との差別化が難しいですね。(レビューはメンバー優先にするとかをすれば公平?)

色々意見をもらったのですが、とりあえず、

まずは一次エントリーを受け付けます。

どれくらいの人がエントリーしてくれるのか人数を見たいのと、とにかく進んでみようと思うので、まずはエントリーを受け付けます。

エントリーはこちらから

https://www.surveymonkey.com/s/PRMXWMP

※ 締め切り 7/31 ※

エントリー後の流れですが、まずはWEBセミナーでの説明会をやります。
説明会は録画しておくので、エントリーした人は後から見返す事もできます。

説明を聞いてから、次に進むか決めてもらえればOKです。

PS
この驚くべき新オファー、見た?
もしまだメンバーじゃないなら、絶対に入った方がいいです。
http://www.theresponsecopy.jp/allinone/

メンバーじゃない人は、自己流でコピーやっていくつもり??
自己流で、一流の教育を受けているメンバーに勝つつもり?


Facebookにコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>